資金調達の切り札!ファクタリング徹底ガイド

      

ファクタリングとは?

資金ショートを防ぐ最善の手段

「ファクタリング」とは、未回収の売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらい、早期に現金化するサービスのことです。

「売掛金」とは、サービス提供や納品が済んで請求書を提出し、入金待ちの状態となっているお金のこと。業種によっては入金まで数ヶ月ほど時間がかかり、それが原因で資金繰りに苦労するケースは少なくありません。そんな時に役立つのがファクタリング。短期間で現金化が可能なので、急な支払いにも対応が可能です。
このサイトでは、ファクタリングのメリットや注意点、信頼できるファクタリング会社を紹介していきます。

【間に合う】対応力のある
ファクタリング会社早見表

選定した会社の基準

  • 5年以上事業を継続している実績のある会社
  • 2社間取引ができる会社(資金調達までの期間が短いため)

比較ポイント

  • 「即日対応」
  • 「取引実績」
  • 「取引上限額」

「今すぐに資金を調達したい!時間がない」という場面で、ファクタリング会社に期待するのはスピーディーな対応。
「上限ギリギリまで買取をしてほしい」ということであれば取引額まで取引が可能な会社。
利用者が特に気にしている「即日対応」「取引実績」「取引上限額」の3つのポイントでファクタリング会社を比較しました。

※それぞれのボタンをクリックすると各会社の「取引上限額」「即日対応」「実績」の情報を見ることができます。

会社名 即日対応 取引実績 取引上限額 公式サイト
ビートレーディング 15,000社 3億円 公式サイトへ
ファクタリング東京 記載なし 1億円 公式サイトへ
メンターキャピタル 7000社 3億円 公式サイトへ
三共サービス ×
(2日)
記載なし 3,000万円 公式サイトへ
トップ・マネジメント 30,000社 3,000万円 公式サイトへ
ビートレーディング 公式
サイト
ファクタリング東京 公式
サイト
メンターキャピタル 公式
サイト
三共サービス 公式
サイト
トップ・マネジメント 公式
サイト
3億円
1億円
5,000万円
3,000万円
3,000万円
×
×
15,000社
記載なし
記載なし
記載なし
30,000社

ファクタリングサービスをもっと詳しく知りたい⁉

借入に頼ることなく資金調達ができるファクタリング。なぜ早期に売掛金を現金化できるのか、どのようにして資金を準備するのか、分かりやすく図に示してみました。

ファクタリング説明図

メリットとデメリット

  • 資金を即日調達可能
    最短1日で売掛金を現金化できるファクタリング会社もあり、突然の出費や資金不足にも対応可能。審査に時間のかかる金融機関の融資などとは、スピード感が圧倒的に違います。
  • 審査の基準が柔軟
    融資ではなく売掛債権の買取なので、審査の基準となるのは売掛先の企業。利用者に債務超過や税金滞納などの悩みがあったとしても、会社によっては融通が効きます。
  • 企業の信用に関与しない
    ファクタリングは借入ではなく譲渡行為。会計上は負債に分類されないため、赤字が増えるといった心配はなし。企業の信用には関与せず、今後の銀行からの融資審査の際も影響がありません。
  • 手数料がかかる
    ファクタリングを利用するには、手数料が発生します。内容はファクタリング会社によって異なりますが、銀行金利や手形割引の割合に比べると手数料は高めとなっています。
  • 3社間取引は売掛先への通知が必要となる
    3社間取引の場合、売掛債権を譲渡する旨を取引先企業に伝える必要があります。承認を得られない・伝えにくい場合は、2社間ファクタリングを使うことで回避可能です。
  • 債権譲渡登記が必要なケースもある
    ファクタリング会社によっては、債権譲渡特例法に基づいて債権譲渡登記を実施する必要があります。なかには、債権譲渡登記が不要なファクタリング会社もあります。

他の資金調達とファクタリングの違い

金融機関よりも審査が柔軟、資金調達までの期間が短い!

資金調達法には銀行融資・公的融資・ビジネスローンなどがありますが、ファクタリングサービスとの大きな差は「審査の対象」の違い。利用者の企業を審査せず、ファクタリングでは売掛先。つまり取引相手の企業が審査の対象となります。そのため審査の基準が柔軟で、債務超過・赤字決済といった状況でも資金調達が可能なのです。また、金融機関では数ヶ月かかる入金までの期間も、ファクタリングは最短即日~2営業日ほどとスピーディーです。

もし資金調達が
間に合わないとどうなる?

訴訟を起こされる可能性がある
取引先との契約で決められた期日までに支払いができないと、それは債務不履行となります。最初は支払いの催促などで済みますが、きちんとした説明や対応が遅れて信用を失うと、最悪の場合は民事訴訟を起こされることもあります。
企業の信用が大幅にダウンする
支払いが遅れると「この会社は危ないのでは?」と取引先に判断され、信用が大幅にダウン。その後の契約等の継続が難しくなったり、他の取引先との関係性にも悪影響を与えることがあります。

期日までに資金調達を行うためにも、早く、柔軟に対応できるファクタリング会社を選ぶ必要があります。

会社選定のポイント・注意点

増え続ける悪徳ファクタリング会社に注意!
ファクタリング業界は入れ替わりが激しく、信頼できる会社を見つけるのはなかなか難しいもの。なかには業者を装った闇金企業が無登録・高金利で営業を行い、逮捕されたという事例もあります。資金調達に急ぐ気持ちは分かりますが、焦って悪徳業者に捕まってしまっては本末転倒。リスクを回避して期日に間に合わせるためには、以下のポイントに注目して会社を選びましょう。
確かな実績を持つ会社を選ぼう
まだファクタリングというサービスが一般的ではない日本において、誰もが知るファクタリング会社というのはほとんどないのが現状。そこで、信頼できる会社選びの目安としたいのが会社の実績です。最低でも5年以上ファクタリング会社として営業を続けており、これまでにどれだけの取引を手がけてきたかを明確にしているとなお◎です。
対応がスピーディーな会社を選ぼう
資金調達の期日に間に合わせるには、対応がスピーディーであることが重要です。ファクタリングには2社間と3社間と二つの取引方法があります。より早く資金化したいのであれば、余計な取引が発生しない2社間取引。必要書類が揃い、審査で問題がなければ最短でその日のうちに資金を調達することが可能です。もちろん断られるケースもあります。

対応力があるファクタリング会社
おすすめ5選

ここでは早見表と同様に5年以上の実績を持ち、スピード査定・2社間契約が可能なファクタリング会社を5社ピックアップ。選定した会社の中で「即日対応」「取引実績」「取引上限額」の3つのポイントで比較しています。各社の強みや特徴を分かりやすく紹介していますので、ファクタリング会社選びを検討しているのであれば、ぜひチェックしてみてください。

審査通過率98%!困った時に頼れる対応力

ビートレーディング

即日対応

個人事業主OK

法人対応

2 社間対応

即日対応
取引実績
15,000社
取引可能額
100万~3億円

POINT特徴

対応力が高く「断らない」ファクタリング専門会社

東京・大阪・福岡に営業所を構えるビートレーディング。赤字決算や税金滞納など、どんなケースでも利用できる柔軟さが魅力です。2社間取引が可能で審査スピードも速く、最短で即日の資金化にも対応。夕方の相談であっても、翌日の午前中には入金が完了します。法人だけでなく個人事業主でも利用OK、業種を問わず医療・介護報酬も取り扱っています。営業エリアは全国、Web受付は24時間対応なのでいつでも問い合わせOKです。

CUSTOMER?S VOICE

定期的に利用していますが、取引先や金融機関に知られることなく資金調達ができています。担当の方の対応がとても丁寧で好感が持てますし、ファクタリング以外の相談にも乗ってくれるので非常に助かっています。

所在地
港区芝大門1-2-18 野依ビル3F(東京本社)
最寄駅
御成門駅A2出口より徒歩3分
営業時間
平日9:30~19:00
ビートレーディング画像

ビートレーディング
公式サイトで詳しく見てみる

電話する

最小10万円!個人事業主でも利用可能

ファクタリング東京
(ライズジャパン)

即日対応

個人事業主OK

法人対応

2 社間対応

即日対応
取引実績
記載なし
取引可能額
10万~1億円

POINT特徴

高額のファクタリングでも対応

ファクタリング東京というサイトを運営しているライズジャパン。独自の審査スピードと取扱金額の幅広さが特徴で、最大1億円という高額の取引まで即日対応しています。2社間ファクタリングも利用できるため、取引先との関係性に不安がある方でも安心です。また、取扱業種も幅広く、来店不要で契約できるため、遠方の方でも利用しやすくなっています。

CUSTOMER?S VOICE

口コミは見つかりませんでした。

所在地
中央区銀座7-13-6 サガミビル2F
最寄駅
東銀座駅から徒歩6分
営業時間
平日9:30~18:00
ファクタリング東京_画像

ファクタリング東京
公式サイトで詳しく見てみる

電話する

全国どこでも!出張サービス

メンターキャピタル
(Mentor Capital)

即日対応

個人事業主OK

法人対応

2 社間対応

即日対応
取引実績
7000社
取引可能額
3億円

POINT特徴

売掛金を即日現金化できる

メンターキャピタルは、売掛金を最短で即日現金化してくれるスピーディー対応が魅力です。2社間ファクタリングをメインに行なっているため、取引先に知られることなくファクタリングの利用が可能。医療関係、製造業、建設業、運送業など幅広い業種の実績があり、全国どこでも担当者が出向いて対応してくれます。あくまで依頼主の取引先の経営状態を重要視した審査を行なっているため、赤字決済、債務超過とった状況や個人事業主でも、最適な買取を提案してくれるのだとか。融資や他でファクタリングを断られた方でも、対応可能です。

CUSTOMER?S VOICE

取引先への支払い期日前に資金が足りず、メンターキャピタルさんへ相談。資金繰りの現状を元にいくら資金が必要か試算してくれ、必要な資金を迅速に調達できました。期日通りに支払いを完了したおかげで、取引先から追加受注を受けることに。銀行からの信用もアップし、2,000万円の融資を受けることができました。

所在地
東京都新宿区新宿1-36-12 サンカテリーナ4F
最寄駅
新宿御苑前駅エレベーター出口から徒歩3分
営業時間
9:30~18:30
メンターキャピタル_画像

メンターキャピタル
公式サイトで詳しく見てみる

電話する

10年以上の安定した経営基盤

三共サービス

法人対応

2 社間対応

即日対応
×(2日)
取引実績
記載なし
取引可能額
50万~3,000万円(最大1億円)

POINT特徴

法人を対象としたノンリコース買取が専門

三共サービスは、償還請求権なしで買い取るノンリコース専門の会社。3社間はもちろん2社間ファクタリングにも対応していますが、資金調達までには2日が必要です。売掛債権であればほとんどが買取可能で、利用できるのは法人のみ。書類の郵送手続きであれば、全国各地でのサービス利用も可能です。専門スタッフによるアドバイスを受けられる、コンサルティング事業もあり。

CUSTOMER?S VOICE

銀行からの融資がまったくアテにならなかったため、三共サービスさんに相談。担当スタッフの方が親身に話を聞いてくださり、手数料も他と比べると安かったため契約を決めました。

所在地
文京区本郷1-4-4 水道橋ビル3F
最寄駅
大江戸線大門駅A4出口から徒歩1分
営業時間
平日9:00~19:00
三共サービス_画像

三共サービス
公式サイトで詳しく見てみる

電話する

幅広く様々な業種との取引実績

トップ・マネジメント

即日対応

法人対応

2 社間対応

即日対応
取引実績
30,000社
取引可能額
30万~3,000万円(上限総額1億円)

POINT特徴

豊富な売掛金買取の実績を持つ会社

トップ・マネジメントは、中小企業をはじめ個人事業主でも利用可能なファクタリング会社。売掛債権を償還請求なしで買い取るノンリコースファクタリングを提供しています。また、3社間取引がメインですが、状況に合わせて2社間取引でも相談することが可能。2社間取引の実績は、これまでの契約数の約30%となっています。また、銀行リスケや赤字決済といった状況でも利用可能です。

CUSTOMER?S VOICE

トップ・マネジメントに問い合わせたところ、想像以上の早さで資金繰りができました。面倒な手続きもなく、スピーディーに現金化してくれたのでとても感謝しています。2社間取引なので、売掛先との関係も良好です。

所在地
東京都千代田区鍛冶町1-4-3竹内ビル2F
最寄駅
神田駅南口から徒歩1分
営業時間
平日9:00~19:00
トップ・マネジメント_画像

トップ・マネジメント
公式サイトで詳しく見てみる

電話する

今注目のファクタリング会社とは

銀行系やノンバンクのファクタリング会社が多い中で、一般社団法人が行うファクタリング会社があります。

一般社団法人のファクタリング会社とは

一般社団法人とは、「営利を目的としない団体」のことを差します。株式会社は利益の追求を目指し、得た利益を社員へ分配したり株主へ配当を出したりするもの。そのため、銀行系、ノンバンク系ともに会社によって手数料に大きな幅があるのです。もちろん手数料だけではなく、信用できるファクタリング会社を選ぶことが重要。一般社団法人のファクタリング会社は非営利団体なので、悪徳会社のような高金利を請求されることはないでしょう。

大至急で売掛金の現金化をしたい方は、きちんと比較した上で納得のいく契約を結べる会社選びをおすすめします。

【特集】納得のいく売掛金を
提示してくれる買取会社

日本中小企業金融サポート機構

日本中小企業金融サポート機構

画像引用元:日本中小企業金融サポート機構公式HP(http://chushokigyo-support.or.jp/)

日本中小企業金融サポート機構の特徴

「資金面で課題のある個人事業主、零細企業の経営者をサポートする」ことを目的とした、非営利の一般社団法人が運営するファクタリング会社です。

仕事が忙しくて時間がない、資金調達は必要だけれど費用はかけられない、そんな会社経営者のために「郵便ファクタリング」という独自の手法で取引を行なっています。手続きは、必要書類を郵送するだけ。手数料も最低限の金額で依頼を請け負っているため、時間もコストも削減が可能です。また100万円以下の少額買取にも対応しています。

本当に資金調達を必要とする方に、寄り添った仕組みを整えているファクタリング会社と言えるでしょう。

所在地
東京都港区芝公園一丁目3-5
ジー・イー・ジャパンビル2階
最寄駅
三田線卸成門から徒歩2分/大江戸線大門駅から徒歩8分
営業時間
平日9:30~19:00

日本中小企業金融サポート機構
公式サイトで詳しく見てみる

日本中小企業金融サポート機構に
仮査定を依頼する

-取引を断られるケースもある!-

資金調達が必要な方にとって心強いファクタリングですが、以下のような場合は断られることもあります。

売掛債権がない

未回収の売掛金がなければ取引が成立しないため、当然ファクタリングサービスを利用することはできません。金額が確定していなかったり、サービスの提供や納品が完了していない売掛金も取扱NGとなります。

入金レポートがない

ファクタリングの審査には、請求書と売掛先からの入金実績を証明できるものが必要。具体的には、通帳を提示することになります。この入金レポートで、一定期間の取引が継続していると認められればOK。もしデータが不十分な場合は売掛債権の特定ができないため、審査が通らずファクタリングを利用できません。

水増し請求している

ファクタリングは、売掛金の範囲内のみで現金化を行います。利用者の中には「少しでも高く買い取ってもらいたい」という気持ちから水増し請求を行うケースもありますが、真偽のほどは審査によってすぐに分かってしまいます。水増し請求が発覚した場合は信用できない企業とみなされ、ファクタリングサービスの利用は不可能となるでしょう。

情報に嘘がある

ファクタリングサービスは、サービス提供者と利用者との信頼関係がとても重要です。もし、ヒアリングした情報や書類に嘘が見つかった場合はファクタリングによる買取金額が減少したり、ファクタリングそのものを利用できなくなることがあります。注意しましょう。

目的別の資金調達事例

ファクタリングを利用する際に常に頭にあることが、調達すべき金額でしょう。しかし、ファクタリング会社によって取扱金額は異なるもの。できるだけ早く資金調達したいと考えるなら、自分のニーズに合った会社を選ぶことが何より重要です。
つまり、少額の資金調達なら少額ファクタリングに特化した会社、高額なら高額ファクタリングを得意とする会社を選ぶべき。その方が、スムーズな審査と契約が期待できます。また、継続してファクタリングを利用する場合は、取扱金額の幅が広いところを選んでおくと◎。ファクタリング会社を乗り換える手間が省けますし、中には継続取引をすることで手数料が安くなるケースもあります。

シチュエーション別の資金調達

赤字決算・税金滞納・債務超過といった状況に陥ると、銀行からの融資は難しくなります。また、業績は申し分なく黒字決算であるにも関わらず、資金繰りがうまくいかずに倒産してしまうケースも見られます。
ここでは、そんな企業のピンチともいえるシチュエーションで受けられる融資の種類とその方法を紹介。さらに、実際に融資を受けることで危機を脱した事例についてもまとめています。経営を立て直したい・キャッシュフローを改善したいと考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

必ず押さえておきたいファクタリング基礎知識

ファクタリングの仕組み
ファクタリングの仕組みから売掛債権の流れまでを紹介しています。他にもファクタリング取引を行う人の条件についてもまとめています。
メリットとデメリット
ファクタリングを利用するにあたって知っておきたいメリットとデメリットを紹介。両方を知ることで、上手な活用方法が見えてきます。
会計上の仕訳
ファクタリング債権における会計処理方法と、仕訳について解説。会計上の注意点や、具体的な事例についても紹介しています。
保証ファクタリングについて
貸し倒れリスクの保険的な役割として使われる、保証ファクタリングについて紹介。買取ファクタリングとの違いにも注目して。
診療報酬ファクタリングについて
医療機関や介護事業者が利用できる診療報酬ファクタリングの利用方法と、メリット・デメリットについてまとめています。
国際ファクタリングについて
海外企業との取引におけるリスクを軽減できる、国際ファクタリングサービスについて紹介。知っておきたい注意点についても。
ファクタリング契約書
ファクタリングの契約時に必要となる書類や、審査の基準についてまとめています。スムーズに契約を進めるための基礎知識です。
2社間ファクタリングの特徴と事例を紹介
2社間ファクタリングの特徴と、利用する際のメリット・デメリットを解説。具体的な事例と、ファクタリング会社の選び方についても。
ファクタリング会社との契約の流れ
ファクタリングを利用するにあたっての下準備や会社の選び方、契約後に必要な書類など、速やかに契約するための流れをまとめています。
手数料
ファクタリングにかかる手数料や掛け目の目安、手数料の内訳について詳しくリサーチ。手数料を押さえるポイントも必見です。
ファクタリング契約における注意点やリスク
ファクタリング会社の倒産リスクや悪徳業者の手口など、ファクタリングを利用する前に知っておきたい注意点をまとめています。
ファクタリングの与信について
ファクタリングを利用する際に、売掛先の信用度をチェックする与信審査が行われます。確認される項目、契約内容による違いなどを解説。
ファクタリングの支払いについて
すぐ現金化したい場合、売掛金がどれくらいの期間で支払われるか重要なポイント。2社間、3社間の支払いサイクルや違いを紹介しています。
ファクタリングの詐欺
意図的な詐欺ではなく、知識不足でファクタリングを利用する際に「実は詐欺行為に該当していた」ケースがあります。事前に気をつけたい行為をまとめました。
売掛債権流動化とは
ファクタリングは、売掛債権流動化の手段のひとつです。流動化とは何か、ほかにどのような方法があるのか、違いは何かを解説しています。
ファクタリングの償還請求権について
ファクタリングには、償還請求権(リコース)付の契約かどうかで大きな違いがあります。権利の内容や付いているメリット、付いていないデメリットを解説。
ファクタリングの消費税について
売掛金を現金化する際、買い取られた資金や手数料に消費税がかかるのかリサーチ。会計上で気になる消費税の扱いや、税金がかかる条件をまとめています。
保証人の有無
融資には保証人や担保が必要ですが、ファクタリングにも必要なのか気になるところ。融資との違いを含めて、資金調達の方法を解説しています。
ファクタリングの種類
ファクタリングには5つの種類があります。仕組み、メリットデメリットをリサーチ。業種や目的によって違いがあるので、自社に合うファクタリングを選びましょう。
3社間ファクタリングの特徴と事例を紹介
3社間ファクタリングの特徴と仕組み、メリットデメリット、2社間との違いも解説。具体的な事例と3社間を利用するポイントも紹介しています。

業種別にみる売掛債権の買取・活用事例

ファクタリングは、基本的にどのような業種でも利用できます。では、それぞれの業種はどのような理由やシチュエーションでファクタリングを利用しているのでしょうか。置かれている状況はそれぞれ異なりますが、実際の事例を知ることでファクタリング活用のヒントが見えてくることもあります。自分と同じ業種はもちろん、他の業種の事例にも目を通しておくと良いでしょう。

製造業(メーカー) 建設・建築業 運送業 広告業・IT企業 介護業 小売業 情報通信業

銀行・ノンバンク・ファクタリングの
違いを検証

銀行・ノンバンク・ファクタリングの違いを検証 銀行・ノンバンク・ファクタリングの違いを検証

資金調達の手段として代表的な銀行・ノンバンクによる借入と、ファクタリングの違いについて詳しく解説しています。それぞれ融資方法・審査の仕方・手数料などが異なりますが、大切なのは各資金調達法の特徴をしっかりと理解し、上手に使い分けることにあります。それができればリスクを最小限に抑えつつ、資金繰りの悩みをうまく解消できるようになるはずです。

ファクタリングと
手形割引の違い
売掛金を現金化する手段として使われる手形割引とファクタリング、この二つの違いと上手な選び方について解説しています。
ファクタリングと
手形貸付の違いとは
手形貸付とファクタリングはどう違うのか、それぞれの特徴を解説。メリット・デメリットを知り、最適な方法を選ぶようにしましょう。
ビジネスローンとファク
タリングの違いを検証
ビジネスローンとファクタリングの違いを、審査基準・コスト・会計上のメリットなどで比較して分かりやすく紹介しています。
ファクタリングと不動産
担保貸付の違いってなに?
低金利で高額の融資を受けられる不動産担保融資とファクタリングの違い、不動産担保融資を慎重に利用すべき理由を調査しました。
ファクタリングと
証書貸付の違い
銀行からの資金調達法である証書貸付の仕組みと、証書貸付が向いている企業・ファクタリングが向いている企業の特徴を紹介しています。
ファクタリングと
でんさいの違い
でんさい(電子登録債券)とファクタリングの相違点と、でんさいよりもファクタリングを選ぶべき場面についてまとめています。

迅速対応が可能なファクタリング会社一覧

企業がファクタリング会社に望むこと、それは遅れている売掛金を素早く回収してもらうことです。また少しでも早く資金調達のめどを立てることも重要です。今は資金繰りに悩んでいなくても、いつピンチが訪れるか分かりません。万が一の資金調達の際に備えて、ファクタリング会社の中でも早いスピードで対応をしてくれる会社を押さえておくことが大事。
ここでは、取引の速さはもちろん、高い信頼性を誇るファクタリング会社を選定し、それぞれの特徴を詳しく紹介しています。ファクタリング会社選びのポイントを押さえつつ、ニーズに合った会社を選ぶようにしてください。

ファクタリングで
失敗しない会社選び
4か条

  1. 売掛債権を譲渡して資金化する方式を選ぶ
  2. 3社間だけでなく2社間契約にも対応してくれる会社を選ぶ
  3. 掛け目や手数料などの条件が適切かどうかを見極める
  4. 説明の丁寧さや提案内容の透明性をチェックする

ファクタリング会社選び
のポイントを詳しく見る

審査をパスしてファクタリング契約を

契約画像

ファクタリングの利用に審査は必須。この審査をパスしないと、内容確認や契約へとコマを進めることはできないのです。ここでは、必要な書類や審査で重視されるポイントなどをまとめていますので、事前にチェックしておいてください。ポイントをしっかり押さえておけば、審査を有利に進めることができるはずです。

ファクタリングの審査について
もっと詳しく見る

サイトマップ

Copyright (C)資金調達の切り札!ファクタリング徹底ガイド All Rights Reserved.