資金調達の切り札!ファクタリング初心者ガイド

中小企業経営者は必見!資金繰りを改善できるファクタリング活用術

ファクタリング会社BEST3はこちら

会計上の仕訳

このページでは、企業によって異なるファクタリング債権の会計処理方法、その仕訳(勘定科目など)の注意点について説明します。

ファクタリングの会計処理の仕訳(勘定科目など)とは

実際にファクタリング取引を利用する際、企業によって会計処理の仕訳方法が異なるので、ここでは一般的な方法論として勘定科目などを紹介しておきます。

例として、売掛債権が1千万円、ファクタリング割引料を1.475%、期間を3ヵ月と設定した場合、以下のような2つのパターンがあります。

パターンA

売掛債権発生時 売掛金1千万円 売上1千万円
期日前支払の場合 現金996万円
支払割引料4万円
売掛金1千万円
支払期日の場合 現金1千万円 売掛金1千万円

パターンB

売掛債権発生時 未収金1千万円 売上1千万円
期日前支払の場合 現金996万円
債権売却額4万円
未収金1千万円
支払期日の場合 現金1千万円 未収金1千万円

ここで注目しておきたいのが、売掛金のまま処理することもあれば、未収金として処理することもあるということ。また、売掛金の場合はその対象が得意先かファクタリング会社かがわかるように、科目を細分化しているケースもあるようです。

上記はあくまで一般的な例。実際には各社の決まり事やケースによって違ってくることもあるでしょう。いずれにせよ不明点が出てきたらすぐに頼れるファクタリング会社を選ぶとよいと思います。

相談力・レスポンスの速さに定評のあるファクタリング会社をチェック>>

相手勘定科目にファクタリングがない場合の会計処理方法

企業によって異なるファクタリング債権の会計処理方法、その仕訳(勘定科目など)の注意点について説明自社で採用している販売管理ソフトによっては、相手勘定科目にファクタリングがないことも考えられます。

こうした場合、手形として処理しておくケースが多いようです。売掛金として残してしまうと請求書の残高として残ってしまうので、それを避けるための処理というわけです。

また、ファクタリングに伴う割引料ですが、支払利息というよりは売上債権譲渡損・売上債権売却損として処理する方が、中小企業会計指針の会計基準としても望ましいといわれています。これらは営業外費用科目で、売上債権譲渡損・売上債権売却損といった科目を使っていない企業の場合、その他雑支出として計上してもいいでしょう。

まず知っておきたいファクタリング会社3選へ

ファクタリング会社BEST3
No.1 ビートレーディング
ファクタリング会社・ビートレーディングのサイト画像
こんな人にオススメ
  • ファクタリングの利用が初めて
  • 売掛金を素早く現金化したい
  • 顧客に知られたくない
  • 乗り換え大歓迎
  • 資金調達全般について相談したい
詳細はこちら
No.2資金調達レスキュー
資金調達レスキューのサイト画像
こんな人にオススメ
  • とにかく早く資金化したい
  • 少額の売掛金がほとんど
  • 周囲に知られたくない
詳細はこちら
No.3ライジング・インベストメントマネジメント
ライジング・インベストメントマネジメントのサイト画像
こんな人にオススメ
  • 専門のコンサルタントに相談したい
  • 24時間のサポートが受けたい
  • 少額の資金を調達したい
詳細はこちら