資金調達の切り札!ファクタリング初心者ガイド

中小企業経営者は必見!資金繰りを改善できるファクタリング活用術

ファクタリング会社BEST3はこちら

メリットとデメリット

売掛債権をファクタリング方式で資金化することのメリットとデメリットを調べました。

ファクタリング方式のメリット

企業の資金繰りにおいて、売掛債権を資金化するファクタリングを利用する主なメリットは以下の通りです。

売掛金を早期に資金化できる

ファクタリング方式のメリットデメリット

一般的に、売掛先企業から支払が実行されるまでには、支払サイトによるタイムラグが発生します。それは30日の場合もあれば180日の場合もあるでしょう。その間、キャッシュフローが行き詰まってしまうことを避けるためにはファクタリングが有効です。

ファクタリングは借り入れではない

金融機関からつなぎ融資を受けることは借入金になります。

キャッシュフローは一時的になんとかなっても、借金が増えれば利子の支払いも発生します。そのため、中長期的に企業の資金繰りを圧迫しかねません。一方、ファクタリングは売掛債権の譲渡なので、それを資金化しても借入として計上しないことも可能です(詳しくは顧問会計士および税理士に要相談)。

売掛先が倒産しても支払いリスク発生しない

先行き不安が拭えない時代背景もあって、売掛金が必ずしも資金化できるかは不透明なのが現実です。ファクタリングを利用すると、売掛先企業が万が一倒産してしまった場合でも譲渡金を返済する必要がないことも、ファクタリングの大きなメリットでしょう。

先方に知られることなくファクタリングできる

一般的なファクタリングは3社間ファクタリングといって、取引に関わる全者が譲渡を承諾する仕組みが主流となっています。3社間ファクタリングでは取引先に債権譲渡を承諾してもらう必要があります。

ですが、大手企業の多くは債権譲渡に難色を示す傾向が強いというのがネックとなっています。

そうした場合に有効なのが、2社間ファクタリングです。買取側としては顧客会社の破綻により回収困難になる可能性や、支払い滞納等により、顧客口座に入金された時点で他社や国に差し押さえられる可能性もあってリスキーな取引になってしまうため、ファクタリングの手数料は高くなってしまいます。

3社間ファクタリングと比較して2倍以上の手数料がかかる場合も少なくありません。

しかしながら2社間ファクタリングは取引先に債権譲渡の連絡を入れる必要がなく、承諾も不要ですので、誰にも知られることなくファクタリングを行う事が出来るという大きなメリットがあります。

そのため、「資金繰りは厳しいが、信用に関わってくるため取引先には知られたくない」という場合に非常に有効です。ファクタリングは比較的短時間で現金を入手できるため、緊急時の資金調達場面に重宝されています。状況や債権によっても変動することがありますが、ファクタリング会社によっては即日で資金調達まで対応してくれるところなどもあります。

融資関連の審査方法とは違う

ファクタリングを利用したことがない人の中には、ファクタリングを融資の一つだと勘違いしている人も少なくはありません。

ファクタリングは借入とは違って売掛金を売買する事になるので、金融機関に融資を断られた際や、ビジネスローンも利用できない場合などでも利用する事が出来ます。海外でもポピュラーな資金調達方法で、様々な状況に対応できるというところがファクタリングのメリットです。

信用情報にファクタリングの情報は掲載されない

ファクタリングのメリットの一つとして、信用情報に影響しないというところが挙げられます。信用情報は金融機関が保有しているデータベースのようなもので、いくつかの信用情報機関が情報を保有しています。

この信用情報は「借り入れがどのくらいあるのか」や「正常な返済を続けているか」といった情報で、過度な借り入れや支払いが滞っているという情報が信用情報に掲載されていれば、銀行融資やビジネスローンの審査に通らない可能性が高くなってしまいます。

しかし、ファクタリングサービスは融資ではありません。

信用情報に加盟している金融機関の場合、融資を行ったら信用情報に登録する義務がありますが、ファクタリングは融資ではないため、信用情報に登録する義務がないのです。

そのため、信用情報に影響することがなく売掛債権を資金化することが出来ます。

今後の銀行融資やビジネスローン審査にマイナスの影響がないか心配する必要もないため、信用情報が気になって融資を受ける事を渋っている企業にもおすすめの資金調達方法になっています。

連帯保証人や担保は必要なし

銀行やビジネスローンなどから融資を受けようと検討すると、どうしても社長個人が連帯保証人になったりするケースが多くなります。

ですが、ファクタリングは上記の「融資や借り入れではない」という理由から、連帯保証人は必要ありません。担保も同様の理由から不要になります。

そのため、売掛金を売却するファクタリングでは、自社の審査というよりは、取引先の信用度合いが重要となってきます。

たとえば、取引先企業が何年も継続して売掛金を支払ってくれる取引先であれば、ファクタリング業者としても安心して買取をすることができます。

資金調達にお悩みの際は、ファクタリングを検討してみてはいかがでしょうか。

ファクタリング方式のデメリット

メリットとは反対に、ファクタリングを利用することによるデメリットには以下のような点があります。

手数料・掛目が必要

ファクタリングを利用する場合、手数料や買取の掛目が必要。つまり、売掛金の支払いサイトまで待って資金化するよりも、手数料や掛目の分だけ目減りするというわけです。

債権譲渡のため顧客へ承諾が必要なケースがある

売掛先企業と自社及びファクタリング会社との三社間取引となる場合、売掛先企業の承諾を得る必要があるので、交渉や手続きの手間や時間がかかる場合があります。

債権譲渡登記が必要なことがある

売掛先との取引内容によっては、売掛債権を譲渡するにあたって、債権譲渡特例法に基づく債権譲渡登記を行う必要があります。ファクタリング会社によっては、登記が必須な場合もあるので、事前に確認しておく必要があります。

    

ファクタリング会社BEST3
No.1 ビートレーディング
ファクタリング会社・ビートレーディングのサイト画像
こんな人にオススメ
  • ファクタリングの利用が初めて
  • 売掛金を素早く現金化したい
  • 顧客に知られたくない
  • 乗り換え大歓迎
  • 資金調達全般について相談したい
詳細はこちら
No.2資金調達レスキュー
資金調達レスキューのサイト画像
こんな人にオススメ
  • とにかく早く資金化したい
  • 少額の売掛金がほとんど
  • 周囲に知られたくない
詳細はこちら
No.3ライジング・インベストメントマネジメント
ライジング・インベストメントマネジメントのサイト画像
こんな人にオススメ
  • 専門のコンサルタントに相談したい
  • 24時間のサポートが受けたい
  • 少額の資金を調達したい
詳細はこちら