資金調達の切り札!ファクタリング初心者ガイド

中小企業経営者は必見!資金繰りを改善できるファクタリング活用術

ファクタリング会社BEST3はこちら

メリットとデメリット

売掛債権をファクタリング方式で資金化することのメリットとデメリットを調べました。

ファクタリング方式のメリット

企業の資金繰りにおいて、売掛債権を資金化するファクタリングを利用する主なメリットは以下の通りです。

売掛金を早期に資金化できる

ファクタリング方式のメリットデメリット

一般的に、売掛先企業から支払が実行されるまでには、支払サイトによるタイムラグが発生します。それは30日の場合もあれば180日の場合もあるでしょう。その間、キャッシュフローが行き詰まってしまうことを避けるためにはファクタリングが有効です。

ファクタリングは借り入れではない

金融機関からつなぎ融資を受けることは借入金になります。

キャッシュフローは一時的になんとかなっても、借金が増えれば利子の支払いも発生します。そのため、中長期的に企業の資金繰りを圧迫しかねません。一方、ファクタリングは売掛債権の譲渡なので、それを資金化しても借入として計上しないことも可能です(詳しくは顧問会計士および税理士に要相談)。

売掛先が倒産しても支払いリスク発生しない

先行き不安が拭えない時代背景もあって、売掛金が必ずしも資金化できるかは不透明なのが現実です。ファクタリングを利用すると、売掛先企業が万が一倒産してしまった場合でも譲渡金を返済する必要がないことも、ファクタリングの大きなメリットでしょう。

ファクタリング方式のデメリット

メリットとは反対に、ファクタリングを利用することによるデメリットには以下のような点があります。

手数料・掛目が必要

ファクタリングを利用する場合、手数料や買取の掛目が必要。つまり、売掛金の支払いサイトまで待って資金化するよりも、手数料や掛目の分だけ目減りするというわけです。

債権譲渡のため顧客へ承諾が必要なケースがある

売掛先企業と自社及びファクタリング会社との三社間取引となる場合、売掛先企業の承諾を得る必要があるので、交渉や手続きの手間や時間がかかる場合があります。

債権譲渡登記が必要なことがある

売掛先との取引内容によっては、売掛債権を譲渡するにあたって、債権譲渡特例法に基づく債権譲渡登記を行う必要があります。ファクタリング会社によっては、登記が必須な場合もあるので、事前に確認しておく必要があります。

    

ファクタリング会社BEST3
No.1 ビートレーディング
ファクタリング会社・ビートレーディングのサイト画像
こんな人にオススメ
  • ファクタリングの利用が初めて
  • 売掛金を素早く現金化したい
  • 顧客に知られたくない
  • 乗り換え大歓迎
  • 資金調達全般について相談したい
詳細はこちら
No.2資金調達レスキュー
資金調達レスキューのサイト画像
こんな人にオススメ
  • とにかく早く資金化したい
  • 少額の売掛金がほとんど
  • 周囲に知られたくない
詳細はこちら
No.3ライジング・インベストメントマネジメント
ライジング・インベストメントマネジメントのサイト画像
こんな人にオススメ
  • 専門のコンサルタントに相談したい
  • 24時間のサポートが受けたい
  • 少額の資金を調達したい
詳細はこちら