資金調達の切り札!ファクタリング初心者ガイド

中小企業経営者は必見!資金繰りを改善できるファクタリング活用術

ファクタリング会社BEST3はこちら

ファクタリングの仕組み

ファクタリング取引を検討するべき人の条件をはじめ、その仕組みや売掛債権が資金化されるまでの流れなどを容易に理解できるよう説明しています。

売掛債権を資金化するファクタリング取引の仕組み

売掛債権を資金化するファクタリング取引の仕組みとは売掛債権とは、商品の納品やサービスの提供が完了していて、請求済みであるものの支払が実行されていない債権。ファクタリングとは、その売掛債権を第三者である専門会社が買い取るという取引です。

仕入にあたって、企業間では資金取引ではなく掛によって売買が成立します。そのため、相手企業の支払サイトの長さによって、資金化できるまでにはタイムラグが発生することになります。

状況によっては、それが会社のキャッシュフローにマイナス作用することがあり、それを解決するひとつの方法がファクタリングというわけです。

トップページへのリンクボタン

ファクタリングを検討すべき人(企業)の条件

キャッシュフローの問題は、中小企業にとって悩ましいポイントでしょう。決算上は黒字であっても資金繰りに苦労することも少なくありません。以下の条件下にある人(企業)は、今すぐファクタリングを検討すべきといえます。

  • 銀行などの金融機関に融資を断られた
  • 売掛け相手の支払いサイトが長い
  • メインバンクや取引先に分からないように資金を引きたい

金融機関に融資を断られてしまったら、ファクタリングを検討してみるのも一つの手です。金融機関では細かく会社の経営や財務の状況を審査されますが、ファクタリングだと担保がなくても利用できます。たとえ会社の信用情報に問題があったとしても、債務が重なっていたとしても、売掛金を売却することによって現金を手にすることが可能です。

金融機関やビジネスローンの審査は「借入れする会社」が審査対象になりますが、ファクタリングの場合、「売掛先の企業」の信用度を重要視するため、自身の会社の経営や財務状況に影響されることなく現金を得ることができます。またビジネスローンは「借入れ」に値するため、帝国データバンクやビジネスローン審査などの信用登録機関に審査記録が残ってしまうのです。状況によっては次に融資してほしい時に応えてくれないこともあるでしょう。

しかし、ファクタリングは借入れに値しないので、今後の銀行融資やビジネスローンの融資にマイナスの影響が出ることがほぼありません。ファクタリングでは登記簿や会社の決算書など必要な書類を送れば、スピーディに審査。最短即日で入金してもらうことが可能です。

ファクタリングの仕組み&流れ

売掛債権を資金化するまでの流れは、一般的に以下の通りです。

  1. 商品の納品やサービス提供が完了=売掛金発生
  2. 売掛先企業とのファクタリング契約及び承諾
  3. ファクタリング会社とのファクタリング契約及び承諾
  4. 売掛先企業との請求金額の確認
  5. ファクタリング会社への請求金額の通知
  6. ファクタリング会社と売掛先企業との請求金額の最終確認
  7. ファクタリング会社から早期売掛金支払いを受ける
  8. 売掛先企業からファクタリング会社に期日通り売掛金が支払われる

一般的な3社間ファクタリングのイメージ
[3社間ファクタリングのイメージ]

このスキームによって、企業は売掛先からの資金回収までのタイムラグを解消することができるというわけです。

代表的な2社間、3社間ファクタリングの債権の流れ

■2社間ファクタリングの流れ

  1. 商品やサービスを提供して売掛金が発生する
  2. 売掛金保有企業とファクタリング会社間で売掛金金額を確認し、ファクタリング契約を締結する
  3. ファクタリング会社から売掛金保有企業に売掛金が早期に支払われる
  4. 売掛先企業から売掛金保有企業に売掛金が支払期日通りに支払われる
  5. 売掛金保有企業からファクタリング会社に手数料が支払われる

2社間ファクタリングについて詳しく

■3社間ファクタリングの流れ

  1. 商品やサービスを提供して売掛金が発生する
  2. 売掛金保有企業・売掛先企業・ファクタリング会社間で売掛金金額を確認し、ファクタリング契約を締結する
  3. ファクタリング会社から売掛金保有企業に売掛金が早期に支払われる
  4. 売掛先企業からファクタリング会社に売掛金が支払期日通りに支払われる

様々なファクタリングの種類

ファクタリングには前述した2社間ファクタリングや3社間ファクタリングといった売掛金ファクタリング以外にも、様々なサービスがあります。保険のような用途のファクタリングがあったり、医療機関用のファクタリングがあったりします。

  • 一括ファクタリング
  • 元請会社が下請会社に代金を支払う際に、この一括ファクタリングを利用されることが多くなっています。 手形発行のコストや送金コストを軽減できるといった利点のほかに、下請会社としても現金振り込みになるので資金繰りが楽になるという双方にメリットがある仕組みになっています。

  • 保証ファクタリング
  • 中小企業が大企業と取引をする際には、信用のためにファクタリング会社に自社の取引を保証してもらうことがあります。大企業側からすると、もし中小企業が払えない場合でもファクタリング会社が支払ってくれるため、安心感が高まります。一括ファクタリングと異なる点は、あくまで「保証」するという点です。保険のような役割を担っていて、債券に対して現金を支払うのではなく、中小企業が倒産などで売掛金を支払えなくなった際に代金が支払われます。

  • 診療報酬ファクタリング
  • 一般的なファクタリングと違って医療機関や介護施設などだけが利用できるファクタリングで、医療機関が国民保険や社会保険に対して請求する債券になります。利用のハードルは低く、手数料も低いのが特徴です。その理由として、売掛先である国保連や社会保険基金は国が運営しているため、倒産リスクがほとんどないからです。

  • 給料の前借りサービスもファクタリング
  • 一風変わったファクタリングもあって、給料の前借りサービスというものがあります。このシステムは、企業とファクタリング会社が契約して、企業で働く従業員がファクタリング会社に申し込むことで給料の前借りができるというものです。主に雇用開始直後などに利用される場合が多いです。

ファクタリングが誕生した背景

ファクタリングの歴史

ファクタリングが誕生したのは、イギリスからで、アメリカで広く利用されたことで世界的に認知されるようになりました。日本でも1980年代から利用されはじめましたが、2005年まではその認知度は低いままでした。2005年から債権譲渡の対抗要件に関する民法の特例等に関する法律の一部を改正する法律という法律が制定されたおかげで債権譲渡の法律上の弱点が克服され、手続きもしやすくなったことで現在では多くの資金繰りに困っている中小企業の強い味方となっています。

ファクタリングが生まれた背景には、黒字倒産の増加という理由があります。

売上の入金というものは時間がかかってしまいますが、支出による出金はその逆で支払いフローは早いです。そのため、利益を上げていてもお金が入ってくるのが後からになって、他の支出が先にきてしまうので倒産に追い込まれてしまうということがあります。これが黒字倒産の仕組みです。

こうした黒字倒産を防ぐため、立替えて入金と出金のタイムラグをカバーして倒産を防ぐためにファクタリングは生まれたのです。日本では浸透するのが遅かったファクタリングですが、最近はベンチャー企業も増えてきていて、ファクタリングの需要も高まってきています。

今後もファクタリング市場は拡大傾向に

中小企業の増加に比例してマーケットも拡大

今現在のファクタリングの市場規模を見てみると、まだまだ多く利用されているとは言い切れません。しかし、MDB市場レポートによると、1997年から2007年まで一括ファクタリングの市場規模は右肩上がり。2003年ごろから企業もどんどん参入を開始。SMBCファイナンスサービスや三菱UFJファクター(株)の都市銀行関連企業や地方銀行関連など、東証一部上場企業をはじめとした多くの企業がファクタリング市場に参入しています。

日本の経済において重要な役割を担っているのは中小企業。日本の中小企業の数は、全企業の内の99.7%を占めています。中小企業にとって、資金調達・資金繰りは困難な問題です。短期的な資金不足に困ることが多い中小企業ですが、資金調達を行う場合、金融機関から借り入れを行うのが一般的です。金融機関から融資を受ける場合にどうしても時間がかかってしまいますが、企業の状況によっては、急な資金調達を要する場合もあるもの。このような危機的な状況において、すばやく資金を調達できなければ黒字であっても倒産してしまう恐れがあるのが企業なのです。さまざまな資金調達手段があるなか、中小企業の資金繰りが難しい時に最も有効な手段が「ファクタリング」であると考えられています。中小企業が銀行融資を受けることが厳しい時世において、ファクタリング市場が今後も拡大を続けると考えるのが自然でしょう。

「手形取引」文化が浸透の妨げに

2000年に入ってやっと政府が関心を示すようになったのがファクタリングですが、ファクタリングの浸透が遅れた原因のひとつに手形取引の文化が挙げられます。年々受取手形での資金回収は縮小傾向。売掛債権での決済へ移行しているのです。手形取引による売買が減少している流れに加え、銀行からの融資は受けにくくなっています。そこで、ファクタリングが見直されるようになってきました。

経営者にとってさまざまな資金調達方法の種類や実態を把握しておくことは重要なことです。今後リスクヘッジをしながら経営をすすめる中小企業オーナーにとってファクタリング市場の実態・動向を把握しておくことは不可欠なこととなっていくでしょう。

    

ファクタリング会社BEST3
No.1 ビートレーディング
ファクタリング会社・ビートレーディングのサイト画像
こんな人にオススメ
  • ファクタリングの利用が初めて
  • 売掛金を素早く現金化したい
  • 顧客に知られたくない
  • 乗り換え大歓迎
  • 資金調達全般について相談したい
詳細はこちら
No.2資金調達レスキュー
資金調達レスキューのサイト画像
こんな人にオススメ
  • とにかく早く資金化したい
  • 少額の売掛金がほとんど
  • 周囲に知られたくない
詳細はこちら
No.3ライジング・インベストメントマネジメント
ライジング・インベストメントマネジメントのサイト画像
こんな人にオススメ
  • 専門のコンサルタントに相談したい
  • 24時間のサポートが受けたい
  • 少額の資金を調達したい
詳細はこちら