資金調達の切り札!ファクタリング初心者ガイド

中小企業経営者は必見!資金繰りを改善できるファクタリング活用術

ファクタリング会社BEST3はこちら

仕組み

ファクタリング取引を検討するべき人の条件をはじめ、その仕組みや売掛債権が資金化されるまでの流れなどを容易に理解できるよう説明しています。

売掛債権を資金化するファクタリング取引の仕組み

売掛債権を資金化するファクタリング取引の仕組みとは売掛債権とは、商品の納品やサービスの提供が完了していて、請求済みであるものの支払が実行されていない債権。ファクタリングとは、その売掛債権を第三者である専門会社が買い取るという取引です。

仕入にあたって、企業間では資金取引ではなく掛によって売買が成立します。そのため、相手企業の支払サイトの長さによって、資金化できるまでにはタイムラグが発生することになります。

状況によっては、それが会社のキャッシュフローにマイナス作用することがあり、それを解決するひとつの方法がファクタリングというわけです。

トップページへのリンクボタン

ファクタリングを検討すべき人(企業)の条件

キャッシュフローの問題は、中小企業にとって悩ましいポイントでしょう。決算上は黒字であっても資金繰りに苦労することも少なくありません。以下の条件下にある人(企業)は、今すぐファクタリングを検討すべきといえます。

  • 銀行などの金融機関に融資を断られた
  • 売掛け相手の支払いサイトが長い
  • メインバンクや取引先に分からないように資金を引きたい

ファクタリングの仕組み&流れ

売掛債権を資金化するまでの流れは、一般的に以下の通りです。

  1. 商品の納品やサービス提供が完了=売掛金発生
  2. 売掛先企業とのファクタリング契約及び承諾
  3. ファクタリング会社とのファクタリング契約及び承諾
  4. 売掛先企業との請求金額の確認
  5. ファクタリング会社への請求金額の通知
  6. ファクタリング会社と売掛先企業との請求金額の最終確認
  7. ファクタリング会社から早期売掛金支払いを受ける
  8. 売掛先企業からファクタリング会社に期日通り売掛金が支払われる

一般的な3社間ファクタリングのイメージ
[3社間ファクタリングのイメージ]

このスキームによって、企業は売掛先からの資金回収までのタイムラグを解消することができるというわけです。

    

ファクタリング会社BEST3
No.1 ビートレーディング
ファクタリング会社・ビートレーディングのサイト画像
こんな人にオススメ
  • ファクタリングの利用が初めて
  • 売掛金を素早く現金化したい
  • 顧客に知られたくない
  • 乗り換え大歓迎
  • 資金調達全般について相談したい
詳細はこちら
No.2資金調達レスキュー
資金調達レスキューのサイト画像
こんな人にオススメ
  • とにかく早く資金化したい
  • 少額の売掛金がほとんど
  • 周囲に知られたくない
詳細はこちら
No.3ライジング・インベストメントマネジメント
ライジング・インベストメントマネジメントのサイト画像
こんな人にオススメ
  • 専門のコンサルタントに相談したい
  • 24時間のサポートが受けたい
  • 少額の資金を調達したい
詳細はこちら