資金調達の切り札!ファクタリング初心者ガイド

中小企業経営者は必見!資金繰りを改善できるファクタリング活用術

ファクタリング会社BEST3はこちら

ファクタリング契約における注意点やリスク

ファクタリング会社の倒産によって発生するリスク

ここでは、自社が契約を結んだファクタリング会社が倒産してしまった場合どうなってしまうのか、という部分を説明します。

売掛金を入金してるかどうかが重要

契約を結んでいるファクタリング会社が倒産してしまった場合、その時点で入金が完了していれば自社にリスクが発生することはありません。しかし、未入金の状態で倒産してしまった場合、当初入金予定だったはずのお金を回収できなくなってしまいます。倒産時点で売掛先企業が期日通りにファクタリング会社に売掛金を支払っていたにも関わらず、他の債権者にそのお金を回収されることもあり得ます。
さらに、留保金が支払われなくなるかもしれないというリスクも発生します。

これらのことから、ファクタリングを利用する際は契約を結ぶファクタリング会社の選定を慎重に行う必要があると言えます。

このようなファクタリング会社には注意が必要

ファクタリング会社の中には、一部悪質な手口や嫌がらせに近いことをしてくるところが存在します。悪質なファクタリング会社は、具体的にどのような手口を使うのでしょうか。

悪質なファクタリング会社の手口

①法外な額の手数料の設定

ファクタリングの手数料の相場は、初めての契約であれば15~20%くらいです。しかし悪質業者は手数料を平気で30%以上に設定したり、通常手数料が高いとされる2社間ファクタリングを5%前後で勧めてきたりと、到底考えられないようなことを仕掛けてきます。

②売掛先企業への売掛金譲渡通知

2社間ファクタリングを行った場合、売掛先企業はファクタリングに直接的に関わることはありません。売掛金の譲渡は自社とファクタリング会社の2社間でのみ行われます。しかし悪質なファクタリング会社は、契約の流れの中で何か気に入らないことがあったときに、売掛先企業に売掛金が譲渡されたことが分かる資料を送付するようなことがあります。このようなことをされると、当然売掛先企業に自社とそのファクタリング会社との間でファクタリングが行われていたことが知られてしまいます。

確認すべき6つのポイント

資金調達をしたいという一心でファクタリングを利用しても、申し込んだところが悪質業者であればまさに本末転倒です。場合によっては大きな被害に遭ってしまいます。利用する会社を選ぶときに確認すべき6つのポイントを紹介します。

①契約書の控えをすぐに渡してくれるかどうか

契約書は発行時に必ず控えをもらうようにしましょう。悪質業者は途中で中身を改ざんする可能性があるからです。

②請求書の確認をすぐに取らせてくれるかどうか

費用の請求額を契約時まで伝えてこないところは悪質業者である可能性が高いです。契約前に書面上でしっかり提示してくるところと契約を結ぶようにしましょう。

③手数料の額が相場の範疇にあるかどうか

初めてのファクタリング手数料の相場が15~20%であることをふまえた上で、提示された手数料が状況や内容に見合ったものであるかどうかしっかり確認しましょう。

④請求額の内訳内容が適当であるかどうか

ファクタリング会社に支払う費用の内訳の確認も忘れずに行ってください。債権譲渡登記は7~9万円前後、そしてそれを抹消するには1~2万円ほどの手続き費用が発生することも覚えておきましょう。

⑤入金日が適当であるかどうか

悪質業者は、売掛先ごとの入金日に振り込まないこともあります。入金される日はいつなのか、契約前に確認しておいてください。

⑥信頼できる実績や評判を備えているかどうか

国内には1,000社以上のファクタリング会社がありますが、その全てが信頼のおける会社とは限りません。ここに書いてある通り、中には悪質業者と呼べるところも若干数存在します。そのようなところに引っかからないよう、ネット上にある情報サイトを利用して目星を付けているファクタリング会社の実績や評判を調べてみましょう。ファクタリング会社を紹介している情報サイトには、利用者からの評判をはじめ様々な有益情報が掲載されています。