資金調達の切り札!ファクタリング初心者ガイド

中小企業経営者は必見!資金繰りを改善できるファクタリング活用術

ファクタリング会社BEST3はこちら

相談する会社の選び方

取引方式の違い、2・3社間契約、手数料など売掛金を資金化するためのファクタリング会社の選び方を紹介しています。

失敗しないファクタリング会社・4つの選び方

ファクタリング会社を比較検討する際は、以下の4点をチェックするといいでしょう。

1.サービスの方式

業者がファクタリングサービスと打ち出しているものでも、取引方式に違いがあります。

  • 売掛債権を担保として融資を受ける方式
  • 売掛債権を譲渡して資金を得る方式
  • 売掛金の代金回収を保証する方式 など

「ファクタリング」というキーワード自体が、顧客を囲い込むための便利な言葉として機能しているといえるでしょう。私としては、借金をせずに売掛債権を早期に資金化できる点で【売掛債権を譲渡して資金を得る方式】をおすすめします。そもそも、

2.契約方法(2社間・3社間)

売掛債権を譲渡するファクタリングは、自社・売掛先企業・ファクタリング会社の3社間取引となるのが一般的です。売掛債権の資産価値に意味があるので、与信審査もファクタリングを利用する企業より売掛先企業が対象となります。

3社間ファクタリングのイメージ図
3社間ファクタリングのイメージ

ただし、売掛先企業は得意先でもあることから、先方に知られることなくファクタリングを利用する2社間取引を希望する企業も少なくありません。こうした個別事情にも柔軟に対応してくれるファクタリング会社なら、既存取引に影響なく売掛債権の資金化も可能となります。

2社間取引によるファクタリングのイメージ
2社間ファクタリングのイメージ

3.掛け目や手数料などの諸条件

ファクタリングは、売掛金が全額資金化されて手元に入るわけではありません。いわゆる手数料が引かれることになりますが、その内訳は次のような名称になっていることが多いようです。

  • 掛け目
  • ファクタリング手数料
  • 審査料
  • 事務手数料

業者による違いもあるので、相談する際は内訳までしっかり比較してください。また、支払期限が迫っている状況なら、何営業日後にファクタリングが実行されるかも重要です。

4.説明の丁寧さや提案内容の透明性

中小企業経営者で、ファクタリングの方法について熟知している人はそう多くはありません。ひとたび悪質な業者を選んでしまうと、高い手数料を請求される可能性もあります。ファクタリング会社選びでは、まず従業員の対応に気をつけましょう。電話やメールでのやりとりだけでも、ある程度の良し悪しを見極められます。手数料や掛け目についてこちらが理解するまでしっかり説明してくれるかも重要なポイント。自社がファクタリングを利用した時のメリット・デメリットなどを分かりやすく丁寧に教えてくれる会社を選ぶことも大切です。また、自社に有益なコンサル会社を紹介してくれるファクタリング会社もあります。

あまり説明もせずに必要書類の提示だけを求めるのではなく、中小企業に適した資金繰りのポイントなどを丁寧に説明してくれる会社へ依頼しましょう。

【次】4つのポイントをクリアするファクタリング会社とは≫

2社間ファクタリングとは

ファクタリングは2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2種類に分けることができます。2社間ファクタリングは、自社と売掛先企業の2社で行われる債権買取取引のこと。3社間ファクタリングは自社とファクタリング会社、そして売掛先企業の3社で行われる債権譲渡取引を指します。

ここでは2社間ファクタリングについて、仕組みやメリット・デメリット、3社間ファクタリングとの違いを確認しています。

2社間ファクタリングの仕組みについて

1. 売掛金の発生

自社の商品やサービスを売掛先企業に提供して売掛金が発生します。売掛金は、即日現金払いではく、月末締め切りや翌々月支払いなど一定期間を設定したものだけが対象です。

2. ファクタリング契約の締結

2社間ファクタリングでの契約・取引は、自社とファクタリング会社の2社間で行われます。ファクタリング会社は売掛先に一切通知することなく、売掛先の信用調査を実施。売掛金が回収可能か判断します。

3. ファクタリング会社からの売掛金支払い

ファクタリング会社から自社に売掛金が早期に支払われます。この時、ファクタリング会社によっては先に手数料が引かれることも。

4. 売掛先からの支払い

売掛先から自社に商品やサービスの対価である売掛金が支払期日までに支払われます。この間にファクタリング会社が関わることはありません。

5. 自社からファクタリング会社に支払いが発生

集金代行業務委託契約に則って、自社からファクタリング会社に売掛金分の金額および手数料を支払ってファクタリング契約は終了です。

2社間ファクタリングのメリット

1. 審査が早い

2社間ファクタリングを利用した場合、利用したファクタリング会社によっては最短即日で現金化が可能です。債権の存在確認などは自社の提出した書類によってチェックされるため、短くできます。売掛先の承諾が必要ないのも理由です。

2. 売掛先にファクタリング契約の実行は通知されない

2社間ファクタリングでは売掛先に債権買取取引の連絡は行いません。ファクタリングの利用も知られることがないので、自社の業績不振を理由に売掛先からの取引を打ち切られるというリスクはなくなると言えます。

3. ファクタリング利用を続けると手数料が割安に

同じファクタリング会社と何回も取引を重ねて信用が増えると、初回に支払った手数料よりも安く設定できるようになることがあります。利用するファクタリング会社に確認してみましょう。

4. 償還請求権がない

2社間ファクタリングでは償還請求権がないのが一般的です。償還請求権とは、売掛債権をファクタリング会社へ売却後、売掛先が倒産した場合に自社が支払い責任を持つこと。この権利を持たないので、自社に支払い義務は発生しません。

2社間ファクタリングのデメリット

1. 3社間ファクタリングよりも手数料が高くつく

2社間ファクタリングの手数料は10~30%と、ファクタリング会社により異なっていて、相場は20%ほどです。売掛金がファクタリング会社ではなく自社に振り込まれるので、自社の倒産や使い込みのリスクが生まれ、ファクタリング会社は貸し倒れのリスクが高くなってしまうのです。このため2社間ファクタリングではトラブル回避を目的に、3社間ファクタリングよりも手数料が高く設定されています。

2. 売掛金の回収は自社が行う

2社間ファクタリングの場合、売掛先にファクタリング契約の通知がされないため、売掛先との金銭のやり取りは全て自社との間で発生します。支払期日に受け取った売掛金は、自社がファクタリング会社に引渡しを行わなくてはなりません。

「債権譲渡登記」が必要なことも

ファクタリング会社のリスク軽減を目的として、「債権譲渡登記」が必要なことがあります。自社が回収した売掛金を、ファクタリング会社に確実に支払ってもらうためです。

3社間ファクタリングとの違い

1. 契約・取引に売掛先企業が入る

自社から売掛先にファクタリング契約の打診をします。打診内容が売掛先に承諾されないと契約は実行できません。契約成立までに時間がかかることも。契約成立後、ファクタリング会社により売掛先に売掛債権回収の連絡が行われます。

2. 売掛金がファクタリング会社へ直接支払われる

売掛先からファクタリング会社へ売掛金が支払期日に支払われます。

3. 手数料が2社間ファクタリングより安い

3社間ファクタリングの手数料相場は5~7%。2社間ファクタリングで心配されるようなリスクが発生しないので、手数料は安くなります。手数料が安いと、自社の手元に残る金額も増えることになるのです。

4. 今後の取引を打ち切られる可能性がある

3社間ファクタリングでは、売掛先企業との取引も発生するため、自社の資金繰りが上手くいっていないのではないかという疑いを持たれることがあります。その結果、売掛先から取引停止を言い渡されてしまうのです。

信頼できるファクタリング会社の選び方

ファクタリング会社は日本で増加し続けており、中には悪徳業者も存在します。利用者自身が目的に合ったサービス・企業を正しく選ぶ必要があるのです。ファクタリング会社を選ぶ際、重要になるポイントを説明します。

手数料

ファクタリング手数料は企業にとって大きな費用です。案件の内容によって手数料の差は大きく、見積もりをしてみないと具体的な数字は出てきません。同じ内容の案件でもファクタリング会社によって手数料が全く異なる場合もあります。ウェブサイトに記載している手数料はあくまで目安ですので、まずはファクタリング会社に問い合わせて見積もりを出してもらいましょう。手数料があまりに低すぎたり、高すぎたりする場合は悪徳業者の可能性もあります。

償還請求権

2社間ファクタリングでは償還請求権のない契約が一般的ですが、ファクタリング会社の中には償還請求権を設定している業者もあります。もし取引企業が倒産してしまったり、不払いが発生したりした場合には契約企業が代わりに保証しなくてはなりません。よほどの理由がない限り、償還請求権が設定されていないファクタリング会社を選びましょう。

契約書や費用の明細

契約時に契約書の受け渡しがなかったり、費用の明細が事前になかったりする場合があります。場合によっては、契約時に担保や連帯保証人を求めてくる場合も。契約後に費用の請求や手数料の引き上げをしてくる悪徳業者の可能性があるので注意しましょう。

ファクタリング会社は複数の比較が重要

担当者の印象や迅速に対応をしてもらえるかも大切な判断材料です。ファクタリング会社を選ぶ際は数ある企業の中から評判をよく調べたうえで自社の求めるサービスと合致しているか、信頼できる企業か見定める必要があります。複数のファクタリング会社に相談して比較するようにしましょう。