資金調達の切り札!ファクタリング初心者ガイド

中小企業経営者は必見!資金繰りを改善できるファクタリング活用術

ファクタリング会社BEST3はこちら

相談する会社の選び方

取引方式の違い、2・3社間契約、手数料など売掛金を資金化するためのファクタリング会社の選び方を紹介しています。

失敗しないファクタリング会社・4つの選び方

ファクタリング会社を比較検討する際は、以下の4点をチェックするといいでしょう。

1.サービスの方式

業者がファクタリングサービスと打ち出しているものでも、取引方式に違いがあります。

  • 売掛債権を担保として融資を受ける方式
  • 売掛債権を譲渡して資金を得る方式
  • 売掛金の代金回収を保証する方式 など

「ファクタリング」というキーワード自体が、顧客を囲い込むための便利な言葉として機能しているといえるでしょう。私としては、借金をせずに売掛債権を早期に資金化できる点で【売掛債権を譲渡して資金を得る方式】をおすすめします。そもそも、

2.契約方法(2社間・3社間)

売掛債権を譲渡するファクタリングは、自社・売掛先企業・ファクタリング会社の3社間取引となるのが一般的です。売掛債権の資産価値に意味があるので、与信審査もファクタリングを利用する企業より売掛先企業が対象となります。

3社間ファクタリングのイメージ図
3社間ファクタリングのイメージ

ただし、売掛先企業は得意先でもあることから、先方に知られることなくファクタリングを利用する2社間取引を希望する企業も少なくありません。こうした個別事情にも柔軟に対応してくれるファクタリング会社なら、既存取引に影響なく売掛債権の資金化も可能となります。

2社間取引によるファクタリングのイメージ
2社間ファクタリングのイメージ

3.掛け目や手数料などの諸条件

ファクタリングは、売掛金が全額資金化されて手元に入るわけではありません。いわゆる手数料が引かれることになりますが、その内訳は次のような名称になっていることが多いようです。

  • 掛け目
  • ファクタリング手数料
  • 審査料
  • 事務手数料

業者による違いもあるので、相談する際は内訳までしっかり比較してください。また、支払期限が迫っている状況なら、何営業日後にファクタリングが実行されるかも重要です。

4.説明の丁寧さや提案内容の透明性

中小企業経営者で、ファクタリングを熟知している人はそう多くはありません。メリットデメリットの両方、融資との違いなどをわかりやすく説明してくれる業者でないと信用できません。

あまり説明もせずに必要書類の提示だけを求めるのではなく、中小企業にとっての資金繰りのポイントなどを丁寧に教えてくれる業者なら信頼がおけると思います。

【次】4つのポイントをクリアするファクタリング会社とは≫

ファクタリング会社BEST3
No.1 ビートレーディング
ファクタリング会社・ビートレーディングのサイト画像
こんな人にオススメ
  • ファクタリングの利用が初めて
  • 売掛金を素早く現金化したい
  • 顧客に知られたくない
  • 乗り換え大歓迎
  • 資金調達全般について相談したい
詳細はこちら
No.2資金調達レスキュー
資金調達レスキューのサイト画像
こんな人にオススメ
  • とにかく早く資金化したい
  • 少額の売掛金がほとんど
  • 周囲に知られたくない
詳細はこちら
No.3ライジング・インベストメントマネジメント
ライジング・インベストメントマネジメントのサイト画像
こんな人にオススメ
  • 専門のコンサルタントに相談したい
  • 24時間のサポートが受けたい
  • 少額の資金を調達したい
詳細はこちら