資金調達の切り札!ファクタリング初心者ガイド

中小企業経営者は必見!資金繰りを改善できるファクタリング活用術

ファクタリング会社BEST3はこちら

小売業

自社の売掛金債権をファクタリング業者に売却して早期資金化をはかり、会社の危機を乗り越えた事例を集めました。今回は小売業についての2社間・3社間それぞれのファクタリングについての事例をピックアップしています。

小売業界における売掛金債権の買取事例

玩具・おもちゃの小売業者や、融資の打診が否決された小売業者の事例における売掛金債権の買取事例、小売業者が陥りやすい事例を紹介します。

玩具・おもちゃの小売業社の事例

玩具・おもちゃの小売業界には、春の進入学シーズンや12月のクリスマス、10月のハロウィンといった書き入れ時が存在します。そのため、売り上げが見込める時期が偏ってしまうのです。売り上げを見込める個数も不透明なうえ、1度売れた商品が3ヶ月後は売れ残ってしまうケースもザラではありません。日本国内では、これまでに数多くの玩具・おもちゃの小売業者が倒産に追い込まれたこともあり、ファクタリングや手形買取サービスの利用が有効な対策方法になっています。

書き入れシーズンに対応するために仕入れを行なったことで買掛債務や運転資金、不足金など多額の資金が必要でした。こちらの会社は以前に2回、2社間ファクタリング契約を行なっていて、今回は3社間ファクタリングを利用しています。売掛先は、複合施設の運営会社と百貨店。3社間になったことで売却損が少なくなり、1,550万円と希望金額以上のファクタリングが実行できました。

融資の打診が否決された小売業者の事例

年末の需要が想定よりも増えたことで、12月の資金繰りがショート。金融機関に追加の融資を持ちかけたのですが、年末だったこともあり融資の申し込み期限に間に合いませんでした。利用中だったノンバンクにも追加を掛け合いましたが、現状の融資を返済してからでないと難しいという回答をもらったそうです。

そこでファクタリング会社に相談したところ支払いを待たせいることもあり、2社間でのファクタリングを行なうことに。売掛先との取引が10年ほどと長く、与信結果も良かったことから、希望の1.28倍の金額を提示してもらえて危機を乗り越えられたそうです。

小売業者が陥りやすい事例

売掛先が突然倒産してしまい、資金繰りが困難になる事例があります。知人からの紹介で受けた取引で、卸しに対して仕入れの費用が膨大になって資金が不足し、仕入れができなくなってしまったケースや、金融機関からの融資でリスケジュール中や税金の滞納金額が大き過ぎて、借り入れが困難になる場合も。また、悪質なコンサル会社に騙されて更に負債を抱えてしまった小売業者も数多くあるそうです。

こういった場合にファクタリングサービスを利用すると、ファクタリング会社が売掛金を譲り受けて、資金を流動化。売掛先企業が倒産した場合でも弁済の必要がなく、リスクマネジメントと資金調達を同時に行なうことができます。

その他業種の売掛金債権の買取事例

製造業 建設・建築業 運送業
製造業(メーカー)における売掛金債権の買取事例
製造業の事例
建設・建築業における売掛金債権の買取事例
建設・建築業の事例
運送業における売掛金債権の買取事例
運送業の事例
ファクタリング会社BEST3
No.1 ビートレーディング
ファクタリング会社・ビートレーディングのサイト画像
こんな人にオススメ
  • ファクタリングの利用が初めて
  • 売掛金を素早く現金化したい
  • 顧客に知られたくない
  • 乗り換え大歓迎
  • 資金調達全般について相談したい
詳細はこちら
No.2資金調達レスキュー
資金調達レスキューのサイト画像
こんな人にオススメ
  • とにかく早く資金化したい
  • 少額の売掛金がほとんど
  • 周囲に知られたくない
詳細はこちら
No.3ライジング・インベストメントマネジメント
ライジング・インベストメントマネジメントのサイト画像
こんな人にオススメ
  • 専門のコンサルタントに相談したい
  • 24時間のサポートが受けたい
  • 少額の資金を調達したい
詳細はこちら