資金調達の切り札!ファクタリング初心者ガイド

中小企業経営者は必見!資金繰りを改善できるファクタリング活用術

ファクタリング会社BEST3はこちら

銀行・ノンバンク・ファクタリングの違いを検証

このカテゴリーでは事業資金の調達で相談できる相手として、銀行・ノンバンク・ファクタリングの違いを説明しています。

事業資金の調達方法…その違いとは

中小企業が資金調達しようと思ったら、最初に相談するのはメインバンクでしょう。ですが、手続きや与信に時間がかかるし、審査のハードルが高いのが実情。そこで、銀行・ノンバンク(消費者金融など)・ファクタリングに極端な比較対象としてヤミ金を加えた4種類の資金調達方法を比較してみたのが以下の一覧表です。

  スピード 金額 ハードル
銀行 × ×
ノンバンク
ファクタリング
ヤミ金

銀行に断られたらファクタリングがオススメ

ファクタリング以外はすべて借金なので、元金と利子をきちんと返済する必要があります。最近は、銀行でも融資ではなく法人向けのビジネスローンを扱っていたり、ノンバンクでも事業資金用途の無担保ローンを提供しています。

こうしたローンは借入が容易な反面、比較的金利が高めで、安易に借りてしまうと、かえって経営を圧迫することになります。一方、ファクタリングは借入ではなく売掛先が倒産しても支払義務がないなど低リスクなのも魅力。資金繰りに悩む中小企業経営者なら、なるべくリスクのない方法を複数分散させて資金調達することをおすすめします。

ファクタリング会社の選び方へ