資金調達の切り札!ファクタリング初心者ガイド

中小企業経営者は必見!資金繰りを改善できるファクタリング活用術

ファクタリング会社BEST3はこちら

ファクタリングと証書貸付の違い

融資して貰いたいけど証書貸付とファクタリングどっちを頼れば良いの?と思っている方もいるのではないでしょうか。両方の違いやメリット・デメリットなどを紹介していきます。

証書貸付とは?仕組みを調査

証書貸付とは銀行から資金を借りる方法の1つです。借りる際には「金銭消費貸借契約書」という書類に借りる側の情報を記載し提出する必要があります。その書類を元に、銀行側は資金を貸すかどうかを決定。マイカーローンや住宅ローンなどが証書貸付にあたり、毎月同じ金額を返済していくシステムになっています。

「金銭消費貸借契約書」に記載する情報

  • 契約日
  • 借入金額
  • 借入利率
  • 遅延損害金
  • 返済方法
  • 返済期間(返済回数)
  • 会社の署名判と実印
  • 連帯保証人の署名・捺印
    etc…

証書貸付には連帯保証人が必要となります。長期にわたっての契約になると、金利が高くなる場合があり担保が必要になることも。保証人になった方は金銭消費貸付契約書への著名や捺印の記載が必要です。また、金銭消費賃借契約書は1度提出すると修正できないので注意しましょう。

証書貸付とファクタリングの違いは?

ファクタリングと証書貸付の違いがいまいちわからないといった方も多いのではないでしょうか。

ファクタリングは企業・売掛先・ファクタリング会社の3社間で行うのが一般的です。利用する際は売掛先の企業顧客にファクタリングを利用していることを伝え、承諾を得る必要があります。それに対し証書貸付は企業と金融機関の2社間のやり取りとなるため、顧客から承諾を得る必要がありません。

証書貸付は最低でも1年以上契約が必要になります。そのため長期間に渡って資金を借りたい方に向いている資金調達法です。返済額や返済期間などを始めに決めることによって、分割で支払えるほか返済までの資金に関する計画もできます。

ただ、証書貸付は資金を借りる際の審査が厳しいのが特徴。もし事業に失敗してしまうと銀行側の経営が難しくなる場合があるからです。信用力がないと判断されると融資してもらえない可能性があります。

結局どっちが良いの?ファクタリングと証書貸付

証書貸付とファクタリングは借りる側の企業によって向き・不向きがあります。それぞれの資金調達法に向いている企業をまとめているのでチェックしてください。

ファクタリングを利用すべき企業

証書貸付では銀行の審査に通らなかった、もしくは通るかあやういといった企業はファクタリングを利用するといいでしょう。ファクタリングはそもそも借金とは異なり、売掛金を売買する仕組み。そのため、利用する企業よりも売掛先企業を見ることが多いのです。証書貸付は企業自体が返済できるかどうか厳しくチェックするので審査が厳しくなってしまいます。できたばかりで何かと不安定、今のところ経営が安定していないという企業はファクタリング会社に相談してみるといいでしょう。

証書貸付を行うべき企業

長期間に渡って融資を受けたいといった方に向いているのが証書貸付。最低でも1年以上の契約が必要になります。主に設備資金、運転資金で高額が必要な企業に向いているでしょう。長期にわたる契約のため返済計画を立てやすいのもポイントです。長期間借りる必要がある場合は証書貸付を利用するといいでしょう。

ファクタリング会社BEST3
No.1 ビートレーディング
ファクタリング会社・ビートレーディングのサイト画像
こんな人にオススメ
  • ファクタリングの利用が初めて
  • 売掛金を素早く現金化したい
  • 顧客に知られたくない
  • 乗り換え大歓迎
  • 資金調達全般について相談したい
詳細はこちら
No.2資金調達レスキュー
資金調達レスキューのサイト画像
こんな人にオススメ
  • とにかく早く資金化したい
  • 少額の売掛金がほとんど
  • 周囲に知られたくない
詳細はこちら
No.3ライジング・インベストメントマネジメント
ライジング・インベストメントマネジメントのサイト画像
こんな人にオススメ
  • 専門のコンサルタントに相談したい
  • 24時間のサポートが受けたい
  • 少額の資金を調達したい
詳細はこちら