資金調達の切り札!ファクタリング徹底ガイド 資金調達の切り札!ファクタリング徹底ガイド
資金調達の切り札!ファクタリング徹底ガイド » 銀行・ノンバンク・ファクタリングの違いを検証 » ファクタリングとでんさいの違い

おすすめファクタリング会社

ビートレーディング

即日対応可

個人事業主OK

法人対応

2社間対応

こんな人におすすめ

  • ファクタリングの利用が初めて
  • 売掛金を素早く現金化したい
  • 資金調達全般について相談したい
公式サイト TEL

買取るぞう

即日対応可

個人事業主OK

法人対応

こんな人におすすめ

  • とにかく早く資金化したい
  • 少額の売掛金がほとんど
  • 周囲に知られたくない
公式サイト TEL

ライジング・インベストメントマネジメント

即日対応可

法人対応

2社間対応

こんな人におすすめ

  • 専門のコンサルタントに相談したい
  • 24時間のサポートが受けたい
  • 少額の資金を調達したい
公式サイト TEL

ファクタリングとでんさいの違い

でんさいとはなにか

でんさいとは「電子登録債権」のことで、債権をデータ上で記録、管理をするシステムのことです。パソコンやファックスなどで債権を管理することによって、債権の譲渡などもシステム上で行うことができるようになります。

でんさいのシステムを利用することで、債権をネットワーク上で譲渡して、支払い期日の前に資金を受け取ることができます。

ファクタリングとの共通点

ファクタリングとでんさいの一番の共通点は、「債権を譲渡することで支払期日前に資金が受け取れる」というところです。今すぐに資金が必要になった、支払期日まで待つことができない、というときには、でんさいとファクタリングは同様の使い方ができます。

また、支払期日には支払い企業から資金が引き落とされるという点でも同じです。ただし、二社間ファクタリングの場合は、一旦自社に支払われた金額をファクタリング業者に支払うことになります。また、それにより決済が行われるという点も共通です。

ファクタリングとでんさいの違い

ファクタリングは、ファクタリングの業者と債権の受け取り企業の間で行われる取引です。一方、でんさいは「株式会社全銀電子債権ネットワーク」によって行われます。株式会社全銀電子債権ネットワークは「でんさいネット」と呼ばれており、全国の金融機関が参加し、全ての取引はでんさいネット上で行われます。

このように債権がシステム化されるため、使用される債権も従来のものとは異なる種類のものを使用します。でんさいで使用される債権は「電子登録債権」となるので、従来の売掛債権では利用できません。

保証があるのはどっち?

ファクタリングとでんさいでは、でんさいにのみ保証があります。それぞれのシステムの違いについて見ていきながら、保証について紹介します。

ファクタリング

ファクタリングは、ファクタリング業者に債権を譲渡した後は、例え支払期日に支払いが行われなくても特に保証や返済義務などはありません。つまり、受け取り企業から見れば、譲渡してしまった債権は譲渡した時点で、全く関係のないものになります。

支払い期日に支払いが行われなくても、保証をしなければいけないということはありませんし、代わりに返済をする義務も発生しません。

債権が譲渡できればその後のリスクは全くありませんが、返済義務や保証制度がないため、手数料はでんさいよりも高くなる傾向があります。

でんさい

でんさいで債権を譲渡した後に、もし支払いが行われなかった場合は、債権を譲渡した受け取り企業が返済しなければなりません。

これはでんさいのシステム上、債権を譲渡する企業が「保証人」となるためです。保証人になると、債権を譲渡する際にはもしもの時の支払い義務を負うというリスクが生じます。

ただし、でんさいは保証人制度があるため、ファクタリングよりも手数料が低く設定されています。

ファクタリングを検討するタイミング

ファクタリングはすぐに資金調達できる便利な方法ですが、利用するにはタイミングを計ってから利用することをおすすめします。ファクタリングを検討するタイミングは、次の3つのケースです。

季節によって資金繰りが苦しくなる場合

季節要因によって売上や支払いが変動する業種があります。こういった場合、季節によって資金繰りが苦しくなるのは致し方ありません。

このような場合はファクタリングを検討するにはおすすめのタイミングです。ファクタリングで多少手数料を支払ったとしても、利用することで企業を安定させることができます。

また、季節要因で売上が減少すると、金融機関からの融資を断られてしまう場合もあるので、そのようなときにはファクタリングは非常に便利に使えるシステムです。

通常よりも大きな金額が必要な注文が入ったとき

通常請け負っているものよりも大口の注文が入ったときは、企業で所持している資金では注文内容を遂行できないという場合もあるでしょう。

ファクタリングを利用すればすぐに資金を調達できるので、材料費や人件費などの支払いに充てることができます。その後、受注した仕事がスムーズに進めば現金が入ってくることは確定しているので、ファクタリングの手数料支払いも問題はないでしょう。

取引先からの入金が遅れるとき

企業に現金が入ってくることを前提にして資金のやりくりをしますから、取引先の入金が遅れてしまうと、その分自社の支払いまで滞ってしまうことにもなりかねません。

自社の支払いがどうにもならない場合は、ファクタリングですぐに資金調達ができるので便利です。ただし、ファクタリング業者を選ぶことも大切です。支払い期日ギリギリではなく、余裕を持ってファクタリングを検討するようにしてください。

実績多数!安心して依頼できる
おすすめファクタリング会社3選
ビートレーディング
ビートレーディング公式サイト

↑画像を押しても公式サイトで詳細を見れます

即日対応
2社間対応
取引実績 15,000社

公式HPで
もっと詳しく見る

メンターキャピタル
サンヨーホームズ公式サイト

↑画像を押しても公式サイトで詳細を見れます

即日対応
2社間対応
取引実績 7,000社

公式HPで
もっと詳しく見る

日本中小企業
金融サポート機構
ビーエルビルド公式サイト

↑画像を押しても公式サイトで詳細を見れます

即日対応
2社間対応
取引実績 ※非営利の一般社団法人

公式HPで
もっと詳しく見る

▼ファクタリング会社を利用する上で
外せない「ポイント」とは▼
即日対応可能_おすすめファクタリング会社はこちら

安心して契約できる会社はどこ?

おすすめファクタリング会社

ビートレーディング

即日対応可

個人事業主OK

法人対応

2社間対応

こんな人におすすめ

  • ファクタリングの利用が初めて
  • 売掛金を素早く現金化したい
  • 資金調達全般について相談したい
詳しく(公式サイト)

買取るぞう

即日対応可

個人事業主OK

法人対応

こんな人におすすめ

  • とにかく早く資金化したい
  • 少額の売掛金がほとんど
  • 周囲に知られたくない
詳しく(公式サイト)

ライジング・インベストメントマネジメント

即日対応可

法人対応

2社間対応

こんな人におすすめ

  • 専門のコンサルタントに相談したい
  • 24時間のサポートが受けたい
  • 少額の資金を調達したい
詳しく(公式サイト)

サイトマップ

Copyright (C)資金調達の切り札!ファクタリング徹底ガイド All Rights Reserved.