資金調達の切り札!ファクタリング初心者ガイド

中小企業経営者は必見!資金繰りを改善できるファクタリング活用術

ファクタリング会社BEST3はこちら

ビジネスローン・ファクタリングの違いを検証

このページでは事業者が資金を調達するための手法であるビジネスローンの説明と、ファクタリングとの違い、メリット・デメリットについて紹介します。

ビジネスローンはどんな金融サービスか

ビジネスローンは事業者を対象としたキャッシングサービスです。通常の個人を対象としたキャッシング(カードローン)と異なり、中小企業や個人事業主を対象としています。

ビジネスローンは審査方法に特徴があります。提出された決算書の数値をコンピュータに入力し、会社の信用度を点数化するスコアリングという審査方法を取るのです。決算書の内容によって融資の金額や金利などが決められます。

ローンには担保や保証人を必要としない無担保ローンと、担保を用意する有担保ローンがありますが、ビジネスローンは無担保ローンが多いというのも特徴。審査項目が少なく、手続きが簡単なため、審査から融資までのスピードが早いのがビジネスローンの人気の理由です。

ビジネスローンとファクタリングの違いとは

ビジネスローンのほうが審査が厳しめ

ファクタリングの審査対象は売掛先の会社です。ファクタリングを利用する会社よりも売掛先の信用が重視されるのです。ビジネスローンの場合、ローンを受ける会社の信用が求められるのでファクタリングに比べると審査基準は厳しくなると言えるでしょう。

コストが安いビジネスローン

ファクタリングの手数料は20%前後。一方ビジネスローンの金利は年率15%前後です。ビジネスローンのほうが低コストで運用できる場合があります。

会計上はファクタリングが有利

ビジネスローンとファクタリングは会計上にも大きな違いがあります。ファクタリングは債権をファクタリング会社に買い取ってもらうため「売上」、ビジネスローンは借入金なので「負債」になってしまうのです。借入金が増えると今後の銀行融資やローンの審査にも影響を与えることになってしまいます。

結局ビジネスローンとファクタリングどっちがいいの?

ビジネスローンとファクタリング、どちらが優れているか一概には判断できません。それぞれのメリット・デメリットを把握して現在の会社の状況と照らし合わせてみましょう。会社の財務状況や資金を必要としている理由、会社が抱えている問題をしっかり洗い出すことでビジネスローンとファクタリングのどちらを選ぶべきか判断できます。

ビジネスローンの審査に通らない場合や今後も融資を予定している会社はビジネスローンよりファクタリング。一時的なつなぎ資金として利用したい場合はビジネスローンが向いています。

資金の調達コストや審査基準、今後の融資計画を総合的に考え、資金の調達方法を選びましょう。

ファクタリング会社BEST3
No.1 ビートレーディング
ファクタリング会社・ビートレーディングのサイト画像
こんな人にオススメ
  • ファクタリングの利用が初めて
  • 売掛金を素早く現金化したい
  • 顧客に知られたくない
  • 乗り換え大歓迎
  • 資金調達全般について相談したい
詳細はこちら
No.2資金調達レスキュー
資金調達レスキューのサイト画像
こんな人にオススメ
  • とにかく早く資金化したい
  • 少額の売掛金がほとんど
  • 周囲に知られたくない
詳細はこちら
No.3ライジング・インベストメントマネジメント
ライジング・インベストメントマネジメントのサイト画像
こんな人にオススメ
  • 専門のコンサルタントに相談したい
  • 24時間のサポートが受けたい
  • 少額の資金を調達したい
詳細はこちら