資金調達の切り札!ファクタリング徹底ガイド 資金調達の切り札!ファクタリング徹底ガイド
資金調達の切り札!ファクタリング徹底ガイド » 事業資金の調達方法を知る » 債務超過では融資を受けることが出来ないのか

おすすめファクタリング会社

ビートレーディング

即日対応可

個人事業主OK

法人対応

2社間対応

こんな人におすすめ

  • ファクタリングの利用が初めて
  • 売掛金を素早く現金化したい
  • 資金調達全般について相談したい
公式サイト TEL

買取るぞう

即日対応可

個人事業主OK

法人対応

こんな人におすすめ

  • とにかく早く資金化したい
  • 少額の売掛金がほとんど
  • 周囲に知られたくない
公式サイト TEL

ライジング・インベストメントマネジメント

即日対応可

法人対応

2社間対応

こんな人におすすめ

  • 専門のコンサルタントに相談したい
  • 24時間のサポートが受けたい
  • 少額の資金を調達したい
公式サイト TEL

債務超過では融資を受けることが出来ないのか

ここでは、債務超過に陥っている企業や事業主は融資を受けられるのか、その種類にはどんなものがあるのかについて詳しく解説しています。「債務超過だから融資はムリ」とあきらめず、ぜひ対応策をチェックしてみてください。

債務超過とは

債務超過とは、債務者の抱える負債が資産よりも大きくなってしまうこと。つまり、すべての資産を売却しても負債を返済しきれない状態を差します。債務超過になったからといってすぐに倒産するワケではありませんが、企業の信用がダウンするなどのリスクは高まります。

債務超過時の融資について

「債務超過=融資不可」と考える人も多いですが、債務超過だから融資を受けられないという決まりはありません。しかし、融資をする銀行側としては、債務超過の企業には融資を行いたくないというのが本音です。万が一融資をして、企業の経営が立て直せないまま会社を清算することになった場合、すべての資産を売却しても負債は残ってしまうからです。こうなると融資した額を回収するのは難しくなるため、銀行側のリスクは高くなります。

融資ができる可能性がある場合、銀行側からは「どのようにして債務超過を解消するか」といった計画を問われます。しかし、ここで計画や対応策を説明できなければ、「ヤル気がない」とみなされて融資は遠のくばかりです。このように債務超過時の融資は非常に難しいものなので、速やかに解消できるよう対策を打つべきでしょう。

債務超過時にできる融資・できない融資

債務超過になると、銀行をはじめとする金融機関からの融資は非常に難しくなります。しかし、まったく資金調達の手立てがないワケではありません。以下に、比較的受けやすい融資をまとめてみました。

政府系中小企業金融機関による融資制度

政府系中小企業金融機関とは、日本政策金融公庫・商工組合中央金庫のこと。この金融機関では、一時的な運転資金や経営再建資金などの貸付を行っています。

地方自治体の制度融資

都道府県、市町村が行っている融資制度であれば、債務超過でも利用できることがあります。事業所のある市町村の役所へ行き、担当窓口で相談してみると良いでしょう。

新事業活動促進法の経営革新支援

新事業活動促進法における経営革新の支援措置として、低利融資制度や補助金制度を利用できます。債務超過でも承認申請は可能となっています。

ファクタリング

売掛債権を専門業者が買い取り、早期に現金化を行うファクタリング。重視されるのは売掛先の信用力なので、利用者が債務超過であっても問題はありません。

不動産担保融資

価値のある不動産があれば、それを担保にすることで融資を受けられることがあります。

融資事例を紹介

不動産担保ローンでピンチを脱出

商品を開発して販売するまでの期間は売り上げがなく、赤字が続いていたシステム開発会社。債務超過となり、銀行にもリスケを依頼するような状況でした。そのような状況なので、当然のごとく新規の融資は受けられずじまい。資金調達のため、保有不動産を担保にローンを組むことにしました。会社はその融資金をもとに売り上げを2倍に伸ばし、赤字決算も解消。利益で設備や人材を増やすことにも成功しました。

追加資金の必要性を伝えることで成功

投資の失敗で2期連続の債務超過となってしまった化粧品製造販売業者ですが、営業の努力が実って大口の受注を受けることに成功。しかし、債務超過のせいで金融機関から融資を受けられない状態でした。そこで、専門家に相談して資金繰りのチェックを行ったところ、仕入れ金さえまかなえれば売り上げの増加が見込めることが判明。追加融資の必要性を書類にまとめて金融機関に提出したところ、700万円の資金調達ができました。

債務超過を解消するための資金調達を考えよう

銀行は融資を行うとき、「融資額を回収できるかどうか」を基準に判断します。その際、債務超過があると企業の経営状態は悪化していると考えられるため、審査に通ることはほとんどありません。銀行融資を受けるためには、まず会社の経営状態を立て直し、債務超過を解消することが先決です。

そこで、他のところから調達した資金でいったん債務超過を解消するという手段があります。そこで有効なのが、債務超過でも利用できるファクタリングです。売掛金を売却することで資金化するファクタリングは借入ではないため、その後の融資における審査でマイナス要素とはなりません。経済産業省でも推奨している資金調達法なので、検討してみる価値はあるでしょう。

実績多数!安心して依頼できる
おすすめファクタリング会社3選
ビートレーディング
ビートレーディング公式サイト

↑画像を押しても公式サイトで詳細を見れます

即日対応
2社間対応
取引実績 15,000社

公式HPで
もっと詳しく見る

メンターキャピタル
サンヨーホームズ公式サイト

↑画像を押しても公式サイトで詳細を見れます

即日対応
2社間対応
取引実績 7,000社

公式HPで
もっと詳しく見る

日本中小企業
金融サポート機構
ビーエルビルド公式サイト

↑画像を押しても公式サイトで詳細を見れます

即日対応
2社間対応
取引実績 ※非営利の一般社団法人

公式HPで
もっと詳しく見る

▼ファクタリング会社を利用する上で
外せない「ポイント」とは▼
即日対応可能_おすすめファクタリング会社はこちら

安心して契約できる会社はどこ?

おすすめファクタリング会社

ビートレーディング

即日対応可

個人事業主OK

法人対応

2社間対応

こんな人におすすめ

  • ファクタリングの利用が初めて
  • 売掛金を素早く現金化したい
  • 資金調達全般について相談したい
詳しく(公式サイト)

買取るぞう

即日対応可

個人事業主OK

法人対応

こんな人におすすめ

  • とにかく早く資金化したい
  • 少額の売掛金がほとんど
  • 周囲に知られたくない
詳しく(公式サイト)

ライジング・インベストメントマネジメント

即日対応可

法人対応

2社間対応

こんな人におすすめ

  • 専門のコンサルタントに相談したい
  • 24時間のサポートが受けたい
  • 少額の資金を調達したい
詳しく(公式サイト)

サイトマップ

Copyright (C)資金調達の切り札!ファクタリング徹底ガイド All Rights Reserved.