資金調達の切り札!ファクタリング徹底ガイド 資金調達の切り札!ファクタリング徹底ガイド
資金調達の切り札!ファクタリング徹底ガイド » 事業資金の調達方法を知る » 税金滞納で融資を受ける方法と事例

おすすめファクタリング会社

ビートレーディング

即日対応可

個人事業主OK

法人対応

2社間対応

こんな人におすすめ

  • ファクタリングの利用が初めて
  • 売掛金を素早く現金化したい
  • 資金調達全般について相談したい
公式サイト TEL

買取るぞう

即日対応可

個人事業主OK

法人対応

こんな人におすすめ

  • とにかく早く資金化したい
  • 少額の売掛金がほとんど
  • 周囲に知られたくない
公式サイト TEL

ライジング・インベストメントマネジメント

即日対応可

法人対応

2社間対応

こんな人におすすめ

  • 専門のコンサルタントに相談したい
  • 24時間のサポートが受けたい
  • 少額の資金を調達したい
公式サイト TEL

税金滞納で融資を受ける方法と事例

企業が税金を滞納している場合、それは融資の審査に影響を及ぼすのでしょうか?ここでは、税金滞納時にできる融資とできない融資、無事に融資を受けるためにはどうしたらいいかといった対策法をまとめています。

税金滞納とは

税金滞納とは、納めるべき税金を期日になっても支払わないことです。企業に課せられる税金には法人税・法人住民税・消費税・源泉所得税などがあり、納税は国民の3大義務の1つ。あまりにも長い期間滞納が続くと、財産を差し押さえられることもあります。

税金滞納時の融資について

税金を滞納している企業が銀行から融資を受けようとした場合、その審査はほとんど通らないと考えて良いでしょう。

銀行融資の審査で、最も重視されるのは決算書の数値要因です。しかし、内容が良いからと言ってすぐに融資が実行されるワケではありません。審査で次に重視されるのは、経営者の信用度です。返済に充てられるだけの収入があっても、経営者に返す気がなければ返済は滞ります。そういったトラブルを避けるためにも、信用度は慎重にチェックされるのです。

その信用度に大きく関与するのが、税金滞納です。金融機関は「税金を滞納しているような企業が本当に返済を行うのか?この経営者は信用できるのか?」と考えるでしょう。ここで融資を承認してくれる金融機関はほとんどありません。基本的に「返済能力なし」と判断され、融資はNGとなります。それほど、税金滞納は企業の信用力に関わる重要な問題なのです。

税金滞納時にできる融資・できない融資

税金を滞納している場合、銀行融資は基本的に利用できません。しかし、他にも資金調達できる手段はいくつかあります。

保証付き融資

信用保証協会は中小企業への融資を促進しているため、税金滞納の期間や額が比較的少なければ、保証付きで融資を受けられる可能性があります。

不動産担保ローン

ローン申し込みの際に税金滞納である事実を伝え、融資金額の一部を納税に充てると約束すれば審査が通ることもあります。

ノンバンクによる融資

消費者金融・事業者金融・クレジット会社といったノンバンクでの融資なら、税金滞納でも借り入れができる可能性があります。ただし、金利が高いので短期での借り入れが推奨されます。

ファクタリング

まだ現金化されていない売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらい、早期に現金を入手する方法。融資ではないため、税金滞納や赤字といった状況でも利用でき、短期間での資金化が可能です。

融資事例を紹介

ファクタリングで数ヶ月先の売掛金を現金化

新たな銀行融資を考え、税理士に相談した製造業者。しかし、社会保険料の滞納が400万円を超えており、それを早急にどうにかしないと新しい融資は厳しいとのこと。そこで、資金調達の方法として提示されたのがファクタリングでした。

手数料は必要ですが、買い取りなのでその後の返済を考える心配もなく、数ヶ月先の売掛金を現金に換えることができました。調達できた資金を活かし、銀行融資ができる状態を目指しています。

資金繰りが困っていることを知られることなく現金を調達

法人税・消費税・社会保険料を分納している運送業者。原油安の影響で運送料の値下げ要求を受け入れざるを得ない状況となっており、資金繰りに困っている状態。税金滞納だけでなく、ノンバンクへの返済期限も迫っていました。

そんなときに知ったのが、ファクタリングという資金調達法。取引先や社員に資金繰りのことを知られたくなかったため、2社間取引での資金調達を選びました。申し込みから3日で約200万円を入手でき、事なきを得ました。

銀行融資を受けるためには税金の納付が先決

税金を滞納しているけれど、資金が必要…という経営者は多いもの。しかし、税金滞納の状態で利用できる融資はほとんどなく、融資を利用するためにはまず「税金をすべて納付する」ことが重要となります。

税金滞納は企業にとってのマイナス要素でしかないため、できればファクタリングやノンバンクからの借り入れを利用してでも納税を終わらせることが先決。しかし、借入だと金利が高く、返済による負担も大きくなりがちなため、ここは売掛金を買い取ってもらえるファクタリングに注目してみると良いでしょう。ファクタリングは借入ではないので負債にはならず、その後の融資審査にも影響しません。

▼ファクタリング会社を利用する上で外せない「ポイント」とは▼
即日対応可能_おすすめファクタリング会社はこちら
▼ファクタリング会社を利用する上で
外せない「ポイント」とは▼
即日対応可能_おすすめファクタリング会社はこちら

安心して契約できる会社はどこ?

おすすめファクタリング会社

ビートレーディング

即日対応可

個人事業主OK

法人対応

2社間対応

こんな人におすすめ

  • ファクタリングの利用が初めて
  • 売掛金を素早く現金化したい
  • 資金調達全般について相談したい
詳しく(公式サイト)

買取るぞう

即日対応可

個人事業主OK

法人対応

こんな人におすすめ

  • とにかく早く資金化したい
  • 少額の売掛金がほとんど
  • 周囲に知られたくない
詳しく(公式サイト)

ライジング・インベストメントマネジメント

即日対応可

法人対応

2社間対応

こんな人におすすめ

  • 専門のコンサルタントに相談したい
  • 24時間のサポートが受けたい
  • 少額の資金を調達したい
詳しく(公式サイト)

サイトマップ

Copyright (C)資金調達の切り札!ファクタリング徹底ガイド All Rights Reserved.