資金調達の切り札!ファクタリング徹底ガイド 資金調達の切り札!ファクタリング徹底ガイド
資金調達の切り札!ファクタリング徹底ガイド » 事業資金の調達方法を知る » 銀行リスケ中に融資を受ける方法と事例

おすすめファクタリング会社

ビートレーディング

即日対応可

個人事業主OK

法人対応

2社間対応

こんな人におすすめ

  • ファクタリングの利用が初めて
  • 売掛金を素早く現金化したい
  • 資金調達全般について相談したい
公式サイト TEL

買取るぞう

即日対応可

個人事業主OK

法人対応

こんな人におすすめ

  • とにかく早く資金化したい
  • 少額の売掛金がほとんど
  • 周囲に知られたくない
公式サイト TEL

ライジング・インベストメントマネジメント

即日対応可

法人対応

2社間対応

こんな人におすすめ

  • 専門のコンサルタントに相談したい
  • 24時間のサポートが受けたい
  • 少額の資金を調達したい
公式サイト TEL

銀行リスケ中に融資を受ける方法と事例

銀行融資の返済予定を変更してもらう銀行リスケジュール。いわゆる銀行リスケ中に資金が必要となった場合、どのような融資が利用できるのでしょうか。以下に、詳しい情報をまとめてみました。

銀行リスケとは

銀行リスケとは、借入金の返済条件を変更(リスケジュール/Reschedule)してもらうことの略。リスケが認められれば、3ヶ月~1年ほど元金の返済を待ってもらうことが可能です。

ちなみに、資金繰りが詰まった企業が支払いストップを行う順序は、銀行借入→税金→買掛金→人件費。銀行リスケは、まず最初に行うべき対策法です。ただし、万が一リスケが認められなかった場合、借入金は不良債権として扱われることになります。

銀行リスケ中の融資について

銀行リスケが認められると、借入金の返済額を減らすことができます。資金繰りが厳しい状況の経営者にとって、これは大きなメリットと言えます。

しかし、もちろんデメリットもあります。それは、リスケが終わるまで新規の融資を利用できなくなるということ。リスケをする企業は資金繰りが悪化しており、支払いをするだけの力がない状態です。融資した資金を回収できる目途が立たない以上、銀行はリスケ中の企業に新規の融資は行いません。

リスケ後に新規融資を受けるには、まずキャッシュフローをリスケ前に戻し、さらに半年程度問題なく返済を行わなくてはなりません。リスケが終わればすぐに融資を受けられるというワケではないので、企業は経営状態をプラスにする努力が必要です。

銀行リスケ中にできる融資・できない融資

銀行リスケが終わって一定の条件を満たすまで、銀行をはじめとする金融機関での融資は受けられません。しかし、中にはリスケ中でも利用できる融資があります。以下に情報をまとめてみました。

手形貸付

手形貸付とは、売上金が入ってくるまでの運転資金として融資を受ける方法です。手形とは、いつどれだけのお金を支払うかを書面にしたもの。1年以内という短期の融資に多く利用され、手続きも比較的簡単です。

手形割引

取引先の企業から回ってきた手形を担保とし、銀行から融資を受ける方法。取引先企業が倒産などを起こさなければほぼ確実に返済できるため、リスケ中でも利用できる可能性が高くなっています。

ファクタリング

売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらい、早期に資金化するサービス。融資ではないため審査の基準が柔軟で、リスケ中であっても問題なく利用できるケースがほとんどです。

不動産担保ローン

所有している不動産を担保とし、融資を受けるもの。資産価値が高ければ調達できる資金も多くなりますが、抵当に入れた不動産は自由にできなくなります。

融資事例を紹介

銀行リスケ中に融資を受けられた事例を紹介しています。

不動産評価で融資を受けられた事例

2つの金融機関にリスケを依頼し、支援を受けていた製造業。毎月の返済額を5万円ほどに抑えてもらい、なんとか資金繰りをしている状態でした。そんな中で所有している不動産の価値を洗い出してみたところ、リスケを受けている1つの金融機関の借入額よりも、不動産評価額の方が高いことが判明。この不動産を担保に融資ができないかを打診したところ、時間はかかりましたが融資を受けることができました。

超長期借入への変更でリスケを正常化

売り上げ・利益ともに回復傾向にある企業。もっと余裕を持った資金繰りをしたいが、銀行リスケ中で新規の借り入れは不可能な状態です。そこで、今のキャッシュフローでも返済できる超長期借入に変更し、リスケの正常化を実施。その結果、新たな資金調達が可能となり、信用金庫の保証付き融資1,200万円と不動産担保付プロパー融資800万円を受けることに成功。銀行リスケ中の融資を全額返済することができました。

銀行リスケ中に受けられる融資は少ないのが現状

銀行リスケ中は、ほとんどの金融機関からの融資を受けられなくなります。しかも、リスケをすると企業の信用力も下がるため、その後の融資を受けにくくなるのも大きなデメリットです。

これを防ぐためには、リスケ中でも受けられる融資を上手に活用し、資金繰りのピンチを脱することが大事。とくにファクタリングは融資ではなく、審査の対象も売掛先となるため、企業の信用情報には全く影響がありません。こういった資金調達法を活用し、キャッシュフローの改善を図りましょう。

▼ファクタリング会社を利用する上で外せない「ポイント」とは▼
即日対応可能_おすすめファクタリング会社はこちら
▼ファクタリング会社を利用する上で
外せない「ポイント」とは▼
即日対応可能_おすすめファクタリング会社はこちら

安心して契約できる会社はどこ?

おすすめファクタリング会社

ビートレーディング

即日対応可

個人事業主OK

法人対応

2社間対応

こんな人におすすめ

  • ファクタリングの利用が初めて
  • 売掛金を素早く現金化したい
  • 資金調達全般について相談したい
詳しく(公式サイト)

買取るぞう

即日対応可

個人事業主OK

法人対応

こんな人におすすめ

  • とにかく早く資金化したい
  • 少額の売掛金がほとんど
  • 周囲に知られたくない
詳しく(公式サイト)

ライジング・インベストメントマネジメント

即日対応可

法人対応

2社間対応

こんな人におすすめ

  • 専門のコンサルタントに相談したい
  • 24時間のサポートが受けたい
  • 少額の資金を調達したい
詳しく(公式サイト)

サイトマップ

Copyright (C)資金調達の切り札!ファクタリング徹底ガイド All Rights Reserved.