資金調達の切り札!ファクタリング徹底ガイド/売掛金を早期化するファクタリングとは

売掛金を早期化するファクタリングとは

目次

ファクタリングとは何か、仕組みやメリット・デメリット、手数料などを説明しています。

ファクタリングとは?

ファクタリングとは、企業の持つ売掛債権を第三者の専門会社が買い取り、現金化するというサービスです。業種によっては、自社の商品やサービスを提供してから現金が入ってくるまでに長い期間を要することがあり、このタイムラグが長いほど資金繰りは苦しくなる傾向にあります。「今すぐにでも資金調達をしないとならない」という場面において、即日対応も可能なファクタリングは強い味方と言えるのです。

中小企業の資金繰りを強力にサポートするファクタリング

日本の中小企業が資金調達しようとする場合、金融機関などは不動産担保を要求するケースがまだまだ多いという現実があります。

一方で、売掛債権を買い取ってもらうことで資金化するファクタリングは、審査の早さや借入でないといったメリットがあるものの、正しい知識を持った中小企業経営者が少ないのも現実です。売掛債権には譲渡禁止特約がついているものや、ファクタリングを使うと資金繰りがよくないなど風評被害を受けるのでは?といった不安もあるでしょう。

しかし、近年は経済産業省中小企業庁でも積極的に売掛債権の流動化に取り組んでいます。特に、風評被害の防止や債権譲渡禁止特約の解除を呼びかけるなどの対策を講じています。従来の不動産担保や個人保証に過度に依存することをせず、中小企業が円滑に資金調達をできるように、資金調達手段の多様化に取り組んでいます。

資金調達に頭を悩ませている経営者の方は、ぜひともこのファクタリングについて理解を深めてみてください。

ファクタリングの仕組み

売掛債権をファクタリング会社が買い取り、現金化するまでの仕組みについて詳しく解説しています。

ファクタリングのメリットとデメリット

ファクタリングサービスのメリットとデメリットを調査。利用する前に、必ず押さえておきましょう。

ファクタリングの手数料

ファクタリング契約で必ず必要となる手数料の相場や、手数料を安くするための方法をまとめました。

ファクタリングの種類

資金調達に有効なファクタリングには、さまざまな種類があります。「二社間」「三社間」「保証」「診療保証」「国際」のファクタリングについてご紹介。それぞれがどう特化しているのか知りたいにおすすめの内容です。自分にあったファクタリングの種類を知るのは、上手な資金調達の一歩に繋がるはずです。

2社間ファクタリングについて

取引先企業に売掛債権の売却を知られずに済む、二社間ファクタリングの利用方法と事例を紹介しています。

3社間ファクタリングについて

手数料を抑えることができる3社間ファクタリング。サービスの仕組みやメリットデメリットを解説しています。

保証ファクタリングについて

貸し倒れによるリスクを回避できる、保証ファクタリングについて紹介。買取ファクタリングとの違いについても。

診療報酬ファクタリングについて

医療機関・介護事業の報酬を前倒しして現金化できる、医療報酬債権ファクタリングについてまとめました。

国際ファクタリングについて

海外企業との貿易における貸し倒れリスクを外部委託し、取り引きをスムーズにする国際ファクタリングについて解説。

介護報酬ファクタリング

介護報酬ファクタリングとは介護報酬債権の買取を行ってもらい、タイムラグなく現金化するサービスです。急な出費などに役立つサービスです。デメリットとして100%の額での買取ではなくなることや、支払いと入金の順番を正規に戻すことが難しいなどが挙げられます。詳しく下記のページにございますので、介護報酬ファクタリングを検討している方はぜひ確認してみてください。

ファクタリングを即日利用するための準備

スムーズに手続きを済ませるためには必要書類などの準備が必要です。ファクタリングで即日入金を実現するために押さえておきたいポイントを紹介します。

ファクタリングの会計上の仕訳

企業によって異なるファクタリングの会計仕訳について、具体的な例と共に解説。注意点についても必ず確認を。

ファクタリング会社との契約の流れ

ファクタリング会社選びの注意点や申し込みに必要な書類を知り、ファクタリング契約を速やかに進めましょう。

ファクタリングの審査とは

ファクタリングの審査で重視されるポイントや、契約までの流れをまとめています。

ファクタリング契約書

ファクタリングの契約時に必要となる書類の一覧と、審査の際に重視されるポイントをまとめました。

ファクタリングを利用した際の支払まとめ

ファクタリング会社の契約内容によって、売掛金が支払われる期日が異なります。契約内容をよく確認して、一体どれくらいの期間をもって支払われるのか把握しておきましょう。わかりやすいようにファクタリング後の支払サイクルをまとめています。

契約時の保証人・担保の有無

ファクタリングに保証人は必要ありません。連帯保証人も必要ないので、周りに迷惑をかけることなくスピーディーに現金を用意することができます。保証人が必要ないファクタリングの担保についてと、経営を圧迫しない資金調達について記載しています。

ファクタリング会社が行なう与信調査

ファクタリングを受けるなら、与信調査をパスする必要があります。与信調査で信用できないと判断されるとお金が受け取れない可能性があるので注意が必要です。与信調査で確認されるポイントを事前に抑えて、スムーズに資金が調達できるようにしておきましょう。

働いてしまう恐れがある詐欺行為

売掛債権を希望通りの金額で受け取りたいと思うあまり、無自覚に詐欺行為を働いてしまう危険があります。トラブルを防ぐためにも、どんな行為が詐欺と見なされるのかまとめました。ファクタリング初心者に知って欲しい内容になっています。詐欺行為を事前に確認して、トラブルから身を守りましょう。

ファクタリングと消費税の関係について

売掛金の取引は課税対象になりますが、ファクタリングは売掛債権の譲渡扱いになるため、消費税はかかりません。資金繰りが大変な状況に、少しでも手元に現金を残すのがファクタリングの良い点。しかし、取引手数料やその他の経費に関しては消費税がかかるので要注意です。

資金調達方法のひとつ売掛債権流動化とは

売掛債権流動化は、決済される前に第三者に権利を譲渡する仕組みを指します。メリットとして、不動産担保や中小企業のオーナーの個人保証に極端に依存することがなく、保有する売掛債権を活用することで、資金調達の手段が増えるということです。しかしながら、デメリットも存在します。売掛債権流動化の注意点を記載しているので、取り扱いに不安を抱いている方は確認してみてください。

ファクタリング契約における償還請求権とは

償還請求権(リコース)の有無によって、売掛債権を販売した側が負うリスクが変わります。場合によっては損をしてしまう恐れがあるので、償還請求権について知っておく必要があります。ここでは、償還請求権の説明やメリット・デメリットをわかりやすくまとめています。

ファクタリング契約における注意点やリスク

気をつけたい悪徳ファクタリング会社の手口と、信頼できるファクタリング会社の見極め方をガイド。

経済産業省でもファクタリングを勧めてる?

ファクタリングに関するwebサイトで「経産省もおすすめ」と謳われているのは本当?正確な情報は少し違うため詳しく解説します。

ファクタリングの歴史

ファクタリングが誕生したのは、イギリスからで、アメリカで広く利用されたことで世界的に認知されるようになりました。日本でも1980年代から利用されはじめましたが、2005年まではその認知度は低いままでした。2005年から債権譲渡の対抗要件に関する民法の特例等に関する法律の一部を改正する法律という法律が制定されたおかげで債権譲渡の法律上の弱点が克服され、手続きもしやすくなったことで現在では多くの資金繰りに困っている中小企業の強い味方となっています。

わかりやすいファクタリング動画まとめ

ファクタリングの解説動画も各媒体で掲載されています。動画で詳しく知りた人のためにまとめて紹介します。

監修者紹介中野令子
(1級FP技能士)
金融機関での勤務経験のあるFPライター

大手証券会社で長年営業に従事してきた1級ファイナンシャルプランナー。現在は2児の母。自営業の夫の仕事を手伝う傍ら、自身の経験を活かし、ウェブライターとして活動中。わかりやすいをモットーに、さまざまな場面でのお金について解説します。

即日対応&手数料2%~ おすすめファクタリング会社2

急な資金調達でファクタリング会社に期待するのはスピーディーな対応。即日対応可能な会社の中でも手数料も安く(2%~)設定されている2社を「会社の信頼性」と「手続きの手軽さ」に分けて紹介します。

とにかく審査を通したい
赤字企業再生支援センター
  • 個人事業主対応
  • 法人対応
  • 2社間対応
  • 3社間対応
  • 無借金経営で審査通過率99%
  • キャッシュリッチオーナー(※)にも登録される資金力の潤沢な優良企業

  • 信頼できる会社に相談したい
  • 最低限の必要書類で利用したい
  • 経営改善も一緒に相談したい

※18時以降・土日祝日の緊急時はこちら

webでラクに利用したい
OLTA(オルタ)
  • 個人事業主対応
  • 法人対応
  • 2社間対応
  • 3社間対応
  • 面談不要のオンライン完結型
  • 面談不要のオンライン完結の手続きが可能なサービス

  • 相談なしで資金を確保したい
  • ネットで調達を簡潔させたい
  • 話題のサービスを利用したい

※10:00〜18:00 土日祝除く

2社に関する補足事項

※審査通過率は2020年3月時点(赤字企業再生支援センター公式HPより)

※キャッシュリッチオーナーとは、帝国データバンクによる潤沢なキャッシュを保有していると認めた企業(2020年 編集部調べ)

※2017年より日本初のオンライン完結型ファクタリングサービス「クラウドファクタリング」を提供開始(公式発表より)