売掛債権流動化とは

売掛で取引を行なった場合、取引先によっては回収までに時間がかかるケースがあります。会計上では黒字になっていても、キャッシュ・フローが整っていなければ実際に稼いだお金が必要なときに手元になく、黒字倒産をする可能性があるのです。

そこで、急な資金調達が必要な場合、売掛金流動化という方法があります。

目次

売掛債権流動化とは

売掛債権流動化とは、文字通り売掛債権を「流動化させる」ことです。売掛金は回収するまで債権として残ります。その権利を決済される前に第三者機関に譲渡する、または売掛金をもとに担保や融資を受けられる仕組みです。債務ではなく債権なので、権利を譲渡したり担保できると言えます。

売掛債権流動化のメリット・デメリット

売掛債権流動化には、メリットもあればデメリットもあります。

メリット

  • 現金が手元に入るため、資金繰りに余裕が生まれる
  • 資金調達手段が増える
  • 資産(バランスシート)のスリム化ができ、財務体質の改善が図れる
  • 掛売取引を行いつつ現金での回収が可能

デメリット・リスク

売掛債権流動化は売掛先の信用力に依存するため、以下のようなデメリットやリスクがあります。

  • デフォルトリスク:売掛先が倒産し代金の回収ができなくなる
  • フロードリスク(不正取引リスク):売掛債権が存在しない、または他社に債権が譲渡されて回収できなくなる
  • ダイリューションリスク(希薄化リスク):売掛で販売した商品が返却された場合、比例して債権の金額も減ってしまう
  • コントラリスク(相殺リスク):譲渡先の企業が譲渡側に債務がある場合、売掛債権と相殺されて債権が減ってしまう
  • コミングリングリスク(混在リスク):譲渡した売掛債権が他の資産と混同され資産の流れが把握できなくなる

それぞれを理解した上で、活用するか検討しましょう。

売掛債権流動化の手法

売掛債権を流動化させるためには、3つの手法があります。

売掛債権証券化

SPVという特定目的法人に売掛債権を譲渡することで、資金が調達できる手法。SPVは買取った債権を証券化し、投資家に転売する仕組みです。

ファクタリング

ファクターと呼ばれる企業に売掛債権を譲渡することで、資金調達ができる手法。1対1の相対取引が基本で、ファクターが売掛先から債権を回収する仕組みです。

売掛債権担保融資

売掛債権が必ず回収できるという信用力を担保にして、融資が受けられる手法。あくまで融資なので、返済する必要があります。

なお、これらの債権流動化にかんしましては、以下で詳細を述べています。

参照:金融庁HP「金融審議会「決済業務等の高度化に関するワーキング・グループ」(第7回)議事録」

売掛債権流動化の注意点

売掛債権流動化の手法を紹介しましたが、スムーズに手続きを行うために気をつけたいポイントが3つあります。

1.売掛先の企業データが必要

売掛債権流動化は、売掛先の「信用力」が大きく関わってきます。債権を譲渡しても、売掛金を回収できなければ意味がありません。そのため、企業データ、金額、決済期日など債権に関するデータを用意しておく必要があります。

2.第三者へ権利関係を証明するための備えが不可欠

債権の譲渡を証明する、支払う側の債務者に誰に支払うべきか通知するためには、法務局で登記を行う必要があります。

3.売掛先に代金を支払う口座の変更を依頼する

売掛先にとっては支払相手が変わるため、事前に口座の変更を依頼する必要があります。口座変更には手間がかかるため、了承を得るまでに時間がかかる可能性があります。

無理なく資金調達を行うために

売掛金の回収をスムーズに行えることがベストですが、支払われるまでの期間「支払いサイト」が長く、資金繰りに影響を及ぼすことは起こり得ます。資金調達の方法のひとつとして、売掛金流動化を活用しましょう。

監修者紹介中野令子(1級FP技能士)
金融機関での勤務経験のあるFPライター

大手証券会社で長年営業に従事してきた1級ファイナンシャルプランナー。現在は2児の母。自営業の夫の仕事を手伝う傍ら、自身の経験を活かし、ウェブライターとして活動中。わかりやすいをモットーに、さまざまな場面でのお金について解説します。

合わせて読みたい関連記事
即日対応&手数料2%~ おすすめファクタリング会社2

急な資金調達でファクタリング会社に期待するのはスピーディーな対応。即日対応可能な会社の中でも手数料も安く(2%~)設定されている2社を「会社の信頼性」と「手続きの手軽さ」に分けて紹介します。

とにかく審査を通したい
赤字企業再生支援センター
  • 個人事業主対応
  • 法人対応
  • 2社間対応
  • 3社間対応
  • 無借金経営で審査通過率99%
  • キャッシュリッチオーナー(※)にも登録される資金力の潤沢な優良企業

  • 信頼できる会社に相談したい
  • 最低限の必要書類で利用したい
  • 経営改善も一緒に相談したい

※18時以降・土日祝日の緊急時はこちら

webでラクに利用したい
OLTA(オルタ)
  • 個人事業主対応
  • 法人対応
  • 2社間対応
  • 3社間対応
  • 面談不要のオンライン完結型
  • 面談不要のオンライン完結の手続きが可能なサービス

  • 相談なしで資金を確保したい
  • ネットで調達を簡潔させたい
  • 話題のサービスを利用したい

※10:00〜18:00 土日祝除く

2社に関する補足事項

※審査通過率は2020年3月時点(赤字企業再生支援センター公式HPより)

※キャッシュリッチオーナーとは、帝国データバンクによる潤沢なキャッシュを保有していると認めた企業(2020年 編集部調べ)

※2017年より日本初のオンライン完結型ファクタリングサービス「クラウドファクタリング」を提供開始(公式発表より)