保証ファクタリングについて

ここまでご紹介したファクタリングとは異なるサービスである「保証ファクタリング」。保険的に使われるという側面や取引金額が膨大になるといった特徴を持ち、国からの助成金が出る業種もあります(※令和2年3月末まで)。サービスの詳細やメリット・デメリットなど解説します。

参照:国土交通省「下請債権保全支援事業」
目次

保証ファクタリングとは

ファクタリングは買取ファクタリングと保証ファクタリングの2種類に分けることもできます。一般的にファクタリングというと企業の持っている売掛債権をファクタリング会社が買い取り、ファクタリング会社からその債権の信用力に応じて資金を受け取ることを指し、これを買取ファクタリングといいます。

保証ファクタリングとは、ファクタリング会社が売掛債権を買い取るのではなく、ファクタリング会社が売掛債権を保有する会社から保証料をもらって、売掛債権を保証します。通常、買取ファクタリングでは企業の資金繰りが厳しいときに資金を早期に回収・調達したい場合に利用されます。

それに対し保証ファクタリングは資金の調達が目的でなく、取引先の貸し倒れリスクを避けるために取る手段のことです。信用力の低い新規顧客や倒産のリスクを持っている企業と取引を行なう際に、取引先の売掛債権に保険を掛け、貸し倒れのリスクを回避することができるのです。

この保証を契約しておくことで、取引企業の倒産で売掛金が回収できなくなった場合には、ファクタリング会社があらかじめ保証した債権額を支払ってくれます。

保証ファクタリングは、売掛先である企業に知られることなく利用ができるので、企業側・取引先の双方にメリットのあるサービスと言えるでしょう。なかには取引企業の支払い遅延も補償の対象としているファクタリング会社もあります。

保証会社による与信管理システムを利用

取引先への貸し倒れや倒産などで被害を受けてしまう理由の1つには、与信管理が不足していることが挙げられます。保証ファクタリングを利用することで、必要な与信審査や与信管理をファクタリング会社にアウトソーシングすることができます。

定期的に取引企業の情報収集を実施して動向を管理、企業の評価を実施するサイクルをファクタリング会社が行ない、この信用調査・情報提供機能を利用して低コストで与信管理が可能になります。保証会社が企業に代わって与信管理を行なうことで、今まで与信業務にかかっていた労力を、新たな顧客の開拓に注力することも可能になります。

保証ファクタリングの手続きの流れ

  1. 保証会社と売掛金保証取引に関する基本契約を締結
  2. 保証対象となる取引企業の制定・リスト作成
  3. 保証会社による審査・保証限度額・保証料率の決定
  4. 個別保証契約の申し込み
  5. 保証料支払い
  6. 保証開始

保証ファクタリングのメリット・デメリット

保証ファクタリングのメリット

  • 取引先の倒産、貸し倒れリスクを回避
  • 取引実績の無い企業に対しても貸し倒れのリスクを避けながら新規に取引を行なえます。

  • 業種によって国からの助成が受けられる
  • 国土交通省による下請債権保全支援事業による中小企業の雇用・経営安定化、連鎖倒産を防ぐ処置によって建設業者、資材業者は国の助成を受けることができ、保険料率が低くなります。

  • ファクタリング手数料が安い
  • 保証料率はおおむね2%~8%となっており、売り上げ債権が100%回収できるので利用価値は十分にあるといえるでしょう。

  • 与信管理が不要になる
  • ファクタリング会社が企業に代わって与信管理を行なってくれます。

保証ファクタリングのデメリット

  • 取引が倒産した場合にのみ保証金が支払われる
  • 売掛金を早期に現金化・資金化できるわけではありません。取引先が倒産・支払いが遅延した場合でないと支払われないシステムです。

  • 取引先への悪影響
  • 基本的に取引企業には知られないようファクタリングを行なうことができますが、万一知られた場合は取引先の信用を失いかねません。

  • 下請債権保全支援事業
  • 国土交通省が建設・資材関連業者による連鎖的な倒産を防ぐためにつくった助成制度です。ファクタリング会社が支払い保証を行なうことで下請け・孫請け企業の連鎖的倒産を防止。国が保証金の一部を負担してくれる制度です。ピラミッド構造となっている建設業界における下請け・孫請け企業のリスクヘッジを国が支援しています。

保証ファクタリングの導入事例

保証ファクタリングの事例1

要望新規顧客の開拓を始めたいが顧客情報の情報が少なくリスクを感じる。取引金額の規模をどのあたりに設定して始めたらよいか分からない。

保証により不安を感じることなく取引をすすめられました。新規の顧客を獲得できただけでなく、継続して活発な取引を行なえています。

保証ファクタリングの事例1

取引先の建築業者が倒産。売掛金の債権が残り、その回収が困難に陥りました。全額回収できるかどうか分からない状況で長期間債権を管理するのも大変です。

債権を保証会社に譲渡して債権の管理から解放されました。保証会社の対応も早く、当年の決算もスムーズに行なえました。

保証ファクタリングの事例1

取引先の業績が悪化。売掛金が回収できるのか心配になってきたが、長年の付き合いもあり取引を断るのも難しい状況です。

得意先に保証ファクタリングについて知られる事無く、取引を継続できた。

保証ファクタリングで保証金が支払われる条件

  • 取引先が倒産した場合
  • 破産手続き・会社更生手続き・民事再生手続き・特別清算などの開始時
  • 法的倒産手続きが開始された際
  • 取引会社が手形交換所の取引停止処分を受けた場合
  • 任意整理に着手したと公表・通知があった場合
  • 資金不足により手形または小切手の不渡り
  • 営業の廃止や本店事務所の閉鎖、代表者・代理人が所在不明になった場合

これらが保証される条件になります。保証会社によって、取引企業による支払い遅延があっただけでは保証事由にあたらない点に注意しましょう。

どのような企業に向いているか

支払いサイトの長い取引を行なう企業に向いています。建設業や資材業者で業務が長期にわたるため売掛金がなかなか受け取れない企業の場合、大口の取引先が倒産してしまうと関連企業も連鎖的に倒産を起こす事態が考えられます。

規模の大きい取引を行なっていて取引先の貸し倒れの可能性があり、会社の経営に大きな影響が出てしまう場合に有効です。保証ファクタリングは、リスク回避のために使われるため、あまりメリットを感じられないサービスだと思われがちですが、建設業を中心に利用されることの多いサービスです。

自社に合う保証ファクタリングを選ぼう

保証ファクタリングを提供している企業は多く、各社のサービス内容にも違いがあります。自社に合う保証ファクタリングを、スムーズに選ぶためには、各社の特性について知っておかなければなりません。

みずほファクター【回収保証】

みずほファクターの保証ファクタリングには、3つの種類が用意されています。こちらでは、保証金額などを記載していますが、信用情報によって変わりますので、目安として考えてください。

包括保証

取引履歴がある支払い企業の中から、10社以上を選択して保険をかけるサービスです。保証は一括で行われますが、保証限度額や保証料率などは、その取引先によって変わります。保証金額は合計5,000万円以上で、保証期間は1年間です。

個別保証

5社以上から個別に保険をかけることができるサービスです。その1社に対して継続的な保証もできますが、手形ごと、売掛金ごとに、一件からの利用も可能。保証金額は1社200万円以上で、保証期間は利用するときに任意で決めます。

下請債権保全事業

下請け建設企業や資材業者に向けたサービスです。下請代金に対して、債権ごとに保険をかけます。1社から利用可能ですが、利用するには資本金や従業員数などの条件があります。保証金額に制限はありません。

三井住友銀行【ポートフォリオ型ファクタリング(保証)】

ポートフォリオ型ファクタリング(保証)では、保証対象先は20社以上からとなっています。複数の取引際を包括的に保証するもので、保証料率に関しても、それぞれの販売先から算出した保証限度額を平均した料率です。そのため、全ての販売先が同じ保証料率となります。

保証期間は1年以内で、リース債権や貸付債権、債権の回収までに1年以上が必要な債権、既に支払いが遅れている債権などは保証対象外です。

りそな決済サービス【売掛債権の支払保証(ファクタリング)】

販売先1社ごとに保証限度額を決める個別取引で、少額からでも利用可能な保証ファクタリングです。低コストで売掛金に対するリスクを軽減できるので、手軽に安全を買うことができます。

このサービスの特徴的な点は、審査の与信調査情報を受け取ることができるという点です。保証ファクタリングの利用を開始する際に、りそな決済サービスが行った審査の情報を知ることができるため、調査情報を今後の社内与信に活かせます。

これは、今後の経営を安定させるためにも、大きなメリットだと言えるでしょう。

三菱UFJファクター【保証ファクタリング】

三菱UFJファクターの保証ファクタリングは、柔軟性が高いという特性があります。保証は販売先1社から始めることができて、新しい取引先が増えた場合、随時保証を追加することが可能です。さらに、保証限度額は販売先毎に決まり、取引の増減によって、保証限度額を見直すこともできます。

また、三菱UFJファクターには「国際ファクタリング」もあり、海外の取引先にも対応しているので、安全に輸出取引を行えるようになります。国際ファクタリングでは、支払いが90日以上遅れた時点で利用可能です。

出光クレジット【保証ファクタリング】

出光クレジットの保証ファクタリングは、保証対象が1社から開始できるので、手軽に利用することができます。保証限度額は1社あたり100万円以上からで、保証限度額内の売掛債権を100%保証可能です。

また、この保証ファクタリングの特徴的な点は、取引先の情報が変化したときに、アラーム情報として教えてもらうことができるという点です。取引先の状況が悪化してきた場合も、すぐにその情報を知ることができるため、より安全な取引を行うことができるようになるでしょう。

企業のリスク回避のために利用したい保証ファクタリング

保証ファクタリングは、売掛先の倒産リスク(貸し倒れリスク)回避に特化したファクタリングサービスです。売掛債権を買い取ってもらう一括ファクタリングとは異なり、売掛債権に万が一のための保険をかけるという形となります。急な資金調達が必要な企業でなくても、貸し倒れによるダメージが心配な場合は、リスクマネジメントの1つとして検討してみると良いでしょう。

また、保証ファクタリングを利用する際、ファクタリング会社は売掛先に返済能力があるかどうかを調べる与信調査を行います。もし問題が発覚すれば依頼主に報告してくれるため、与信調査の代わりとしても利用できるのです。この与信調査・与信管理を低コストでアウトソーシングできるという点でも、保証ファクタリングを利用する価値はあるのではないでしょうか。

監修者紹介中野令子(1級FP技能士)
金融機関での勤務経験のあるFPライター

大手証券会社で長年営業に従事してきた1級ファイナンシャルプランナー。現在は2児の母。自営業の夫の仕事を手伝う傍ら、自身の経験を活かし、ウェブライターとして活動中。わかりやすいをモットーに、さまざまな場面でのお金について解説します。

合わせて読みたい関連記事
即日対応&手数料2%~ おすすめファクタリング会社2

急な資金調達でファクタリング会社に期待するのはスピーディーな対応。即日対応可能な会社の中でも手数料も安く(2%~)設定されている2社を「会社の信頼性」と「手続きの手軽さ」に分けて紹介します。

とにかく審査を通したい
赤字企業再生支援センター
  • 個人事業主対応
  • 法人対応
  • 2社間対応
  • 3社間対応
  • 無借金経営で審査通過率99%
  • キャッシュリッチオーナー(※)にも登録される資金力の潤沢な優良企業

  • 信頼できる会社に相談したい
  • 最低限の必要書類で利用したい
  • 経営改善も一緒に相談したい

※18時以降・土日祝日の緊急時はこちら

webでラクに利用したい
OLTA(オルタ)
  • 個人事業主対応
  • 法人対応
  • 2社間対応
  • 3社間対応
  • 面談不要のオンライン完結型
  • 面談不要のオンライン完結の手続きが可能なサービス

  • 相談なしで資金を確保したい
  • ネットで調達を簡潔させたい
  • 話題のサービスを利用したい

※10:00〜18:00 土日祝除く

2社に関する補足事項

※審査通過率は2020年3月時点(赤字企業再生支援センター公式HPより)

※キャッシュリッチオーナーとは、帝国データバンクによる潤沢なキャッシュを保有していると認めた企業(2020年 編集部調べ)

※2017年より日本初のオンライン完結型ファクタリングサービス「クラウドファクタリング」を提供開始(公式発表より)