ファクタリングのメリットとデメリット

売掛債権をファクタリング方式で資金化することのメリットとデメリットを調べました。

目次

ファクタリング方式のメリット

企業の資金繰りにおいて、売掛債権を資金化するファクタリングを利用する主なメリットは以下の通りです。

売掛金を早期に資金化できる

一般的に、売掛先企業から支払が実行されるまでには、支払サイトによるタイムラグが発生します。それは30日の場合もあれば180日の場合もあるでしょう。その間キャッシュフローが行き詰まってしまうことを避けるためには、ファクタリングは有効です。

即日の現金化が可能

会社にもよりますが、申し込みから入金まで最速で即日の資金調達にも対応可能です。融資であれば数週間かかってしまいますので、緊急な場面では非常に有効です。即日ファクタリングに対応している会社や必要な書類について紹介しているページもあるのでぜひチェックしてみてください。

即日入金が可能なファクタリング会社を探す

ファクタリングは借り入れではない

金融機関からのつなぎ融資は、借入金です。キャッシュフローは一時的に改善したとしても、借金が増えれば利子の支払いも発生します。そのため、中長期的に企業の資金繰りを圧迫しかねません。一方、ファクタリングは売掛債権の譲渡で、資産である売掛債権を売却するだけですから、現金化しても負債になることはありません。(詳しくは顧問会計士および税理士に要相談)。

売掛先が倒産しても支払いリスクが発生しない

世の中の変化するスピードが速くなり、好調な企業であってもそれを維持していくことは、大変困難な時代になっています。必ずしも売掛金が資金化できるとはいえないというのが、現実です。仮に売掛先である取引企業が倒産をしても、ファクタリングでは譲渡金の返済義務がない点も、ファクタリングを利用する大きなメリットのひとつでしょう。

先方に知られることなくファクタリングできる

一般的なファクタリングは3社間ファクタリングで、取引に関わる3者が譲渡を承諾する仕組みが主流となっており、取引先に債権譲渡を承諾してもらう必要があります。しかしながら、大手企業の多くは債権譲渡に難色を示す傾向が強いというのが、取引上のネックとなっています。

そのような場合に有効になるのが、2社間ファクタリングです。売掛債権を買い取るファクタリング会社は、売掛先の倒産や破綻により回収困難になるリスクや、債権の譲渡先から売掛金が入金されないリスク等などを負うため、ファクタリングの手数料は高くなってしまいます。3社間ファクタリングと比較して、2倍以上の手数料がかかる場合も多くあります。

2社間ファクタリングの大きなメリットは、取引先に債権譲渡の連絡や承諾が不要で、ファクタリングを行うことが可能だという点です。そのため、「資金繰りは厳しいが、信用に関わってくるため取引先には知られたくない」という場合には、手数料がかかったとしても、有効な手段だといえます。

ファクタリングは比較的短時間で売掛債権を現金化できるため、緊急時の資金調達場面に重宝されています。状況や債権によっても変動することがありますが、ファクタリング会社によっては即日で資金調達まで対応してくれるところなどもあります。

融資関連の審査方法とは違う

ファクタリングを利用したことがない人の中には、ファクタリングを融資の一つだと勘違いしている人も少なくはありません。

ファクタリングは借入とは違って売掛金を売買する事になるので、金融機関に融資を断られた際や、ビジネスローンも利用できない場合などでも利用する事が出来ます。海外でもポピュラーな資金調達方法で、様々な状況に対応できるというところがファクタリングのメリットです。

ファクタリングの情報は信用情報に掲載されない

ファクタリングで資金調達をするメリットとして、信用情報に影響がないことが挙げられます。信用情報はクレジットやローンの契約内容や返済・支払い状況・利用状況などの情報のことをいい、いくつかの信用情報機関が信用情報を保有しています。

この信用情報は、利用者が「きちんと返済を続けているのか」「どれくらい借入額があるのか」などの情報であり、延滞や過剰な借入をしているといった情報が掲載されてしまうと、新たな銀行融資やビジネスローンの審査に通らない可能性が高くなってしまいます。

しかし、ファクタリングサービスは融資ではありません。信用情報に加盟の登録義務のある金融機関の場合とは異なり、ファクタリングの場合には融資ではないため、信用情報への登録義務はなく、ファクタリングを利用したとしても、信用情報への影響はありません。信用情報への影響を気にして、資金調達に悩まされている企業にこそ、融資以外の資金調達の手段として、ファクタリングの検討をしておいてよいかもしれません。

連帯保証人や担保は必要なし

銀行やビジネスローンなどから融資を受けようと検討すると、どうしても社長個人が連帯保証人になったりするケースが多くなります。ですが、ファクタリングは上記の「融資や借り入れではない」という理由から、連帯保証人は必要ありません。担保も同様の理由から不要になります。

そのため、売掛金を売却するファクタリングでは、自社の審査というよりは、取引先の信用度合いが重要となってきます。たとえば、取引先企業が何年も継続して売掛金を支払ってくれる取引先であれば、ファクタリング業者としても安心して買取をすることができます。資金調達にお悩みの際は、ファクタリングを検討してみてはいかがでしょうか。

ファクタリング方式のデメリット

メリットとは反対に、ファクタリングを利用することによるデメリットには以下のような点があります。

手数料・掛目が重要

ファクタリングを利用する場合、手数料や買取の掛目が重要となります。つまり、売掛金の支払いサイトまで待って資金化するよりも、手数料や掛目の分だけ確実に目減りします。手数料や掛け目を考慮して、ファクタリングを利用する必要があります。

債権譲渡のため顧客へ承諾が必要なケースがある

売掛先企業と自社及びファクタリング会社との三社間取引となる場合、売掛先企業の承諾を得る必要があるので、交渉や手続きの手間や時間がかかる場合があります。

債権譲渡登記が必要なことがある

売掛先との取引内容によっては、売掛債権を譲渡するにあたって、債権譲渡特例法に基づく債権譲渡登記を行う必要があります。ファクタリング会社の中には、債権譲渡登記が必須、必要となる場合もあるため、一度確認することをおすすめします。

メリットとデメリットを押さえてファクタリングを上手に活用しよう

自社の売掛債権をスピーディーに現金化できるファクタリングは、資金繰りに困っている企業にとって心強い存在です。資金ショートで取引先への入金が遅れたり、銀行融資の返済が遅れたりすることは、企業にとって信用問題となり、会社の存続も危ぶまれます。それを未然に防ぐ方法の1つとして、ファクタリングは注目されているのです。

「売掛金を早期に現金化」「売掛先が倒産しても支払いリスクが発生しない」など、さまざまなメリットが挙げられるファクタリングですが、もちろんデメリットも存在します。メリットばかりに目を向けることなく、デメリットもしっかり理解したうえで、ファクタリングを利用することが大切になってきます。

監修者紹介中野令子(1級FP技能士)
金融機関での勤務経験のあるFPライター

大手証券会社で長年営業に従事してきた1級ファイナンシャルプランナー。現在は2児の母。自営業の夫の仕事を手伝う傍ら、自身の経験を活かし、ウェブライターとして活動中。わかりやすいをモットーに、さまざまな場面でのお金について解説します。

合わせて読みたい関連記事
即日対応&手数料2%~ おすすめファクタリング会社2

急な資金調達でファクタリング会社に期待するのはスピーディーな対応。即日対応可能な会社の中でも手数料も安く(2%~)設定されている2社を「会社の信頼性」と「手続きの手軽さ」に分けて紹介します。

とにかく審査を通したい
赤字企業再生支援センター
  • 個人事業主対応
  • 法人対応
  • 2社間対応
  • 3社間対応
  • 無借金経営で審査通過率99%
  • キャッシュリッチオーナー(※)にも登録される資金力の潤沢な優良企業

  • 信頼できる会社に相談したい
  • 最低限の必要書類で利用したい
  • 経営改善も一緒に相談したい

※18時以降・土日祝日の緊急時はこちら

webでラクに利用したい
OLTA(オルタ)
  • 個人事業主対応
  • 法人対応
  • 2社間対応
  • 3社間対応
  • 面談不要のオンライン完結型
  • 面談不要のオンライン完結の手続きが可能なサービス

  • 相談なしで資金を確保したい
  • ネットで調達を簡潔させたい
  • 話題のサービスを利用したい

※10:00〜18:00 土日祝除く

2社に関する補足事項

※審査通過率は2020年3月時点(赤字企業再生支援センター公式HPより)

※キャッシュリッチオーナーとは、帝国データバンクによる潤沢なキャッシュを保有していると認めた企業(2020年 編集部調べ)

※2017年より日本初のオンライン完結型ファクタリングサービス「クラウドファクタリング」を提供開始(公式発表より)