介護報酬ファクタリング情報

介護報酬ファクタリングとは、介護報酬債権の買取でスピーディに資金調達ができる病院や介護施設などにとって便利なサービスです。ここでは介護報酬ファクタリングについて、その特徴やメリットやデメリット、オススメの人、口コミなどについてご紹介してます。

目次

介護報酬ファクタリングとは

介護報酬ファクタリングとは、介護報酬債権を買取して現金化するサービスを言います。

介護報酬債権とは

被保険者や扶養家族は病院や介護施設などで保険診療を受けますが、保険診療を行なった医療機関は国民健康保険団体連合会や社会保険診療報酬支払基金などから介護保険債権として対価を得ます。

病院や介護施設はこの介護保険債権を資金として人件費や施設費などを賄いますが、現金化できるまでには60日程度と一定の期間が必要です。

介護報酬を受け取るまでに資金繰りが厳しい時に活用できるのが債権を流動化できる介護報酬ファクタリングです。

介護報酬ファクタリングとは

介護報酬ファクタリングとは介護報酬債権を買取してもらい、すぐに現金化できるサービスです。タイムラグなくすぐに資金調達できるため、急な出費や資金不足の際に大変役立ちます。借入をすることなく、また借入れができない場合でも資金繰りが楽に行える業界でも大変注目されている便利なサービスです。

介護報酬ファクタリングのメリット・デメリット

介護業界を支える注目の介護報酬ファクタリングですが、利用の際にはメリットとデメリットがあります。介護報酬ファクタリングの利用を検討している場合は是非知っておきましょう。

介護報酬ファクタリングのメリット

資金繰りが改善して安定させやすい

介護報酬を受け取るまでのタイムラグを無くせるため、キャッシュフローを改善し安定させられます。通常支払われるまでの2ヶ月近い期間に支払うべき人件費や家賃などを賄えるため資金繰りの悪化のリスクを避けられます。

借入ではないので担保や保証人が不要

介護報酬ファクタリングとは介護報酬債権を買取してもらうため、借入をする訳ではありません。ですから、担保や保証人は一切不要で売掛金の額に見合った資金調達ができます。

現金化までに手間や時間が不要

介護報酬ファクタリングは融資ではないため、審査の時間や書類作成などの手間がかかりません。スピーディな手配でスムーズに資金調達ができます。

信用情報への影響がない

介護報酬ファクタリングは借入ではなく、売掛金入金扱いで計上できます。ですから、借金として信用情報に記載されず、もちろん返済の必要もありません。会社の信用を損なう心配がありません。

介護報酬ファクタリングのデメリット

100%の額での買取ではない

介護報酬ファクタリングは手数料がかかるため、売掛金100%買取してもらえるわけではありません。通常70〜90%程度の買取となります。

ですから、売上金額は変わらなくてもファクタリング手数料がコストとして計上されるため、経常利益が少なくなります。

ファクタリング導入後の脱け出しが困難

スピーディな資金調達ができる便利なサービスですが、一度導入すると介護報酬の入金で経費を賄う入金から支払いの順番になります。この順番を逆転させるにはある程度の資金がなくては不可能なため、一度利用すると継続せざる得なくなるケースが多いです。

こんな人におすすめ

介護報酬ファクタリングの利用はこんな人におすすめできます。

資金繰りがうまく行っていない人

支払いまでに60日ほどかかる介護報酬のために資金繰りがうまくいかなくなるケースがあります。設備のトラブルや施設の維持費など急な出費でどうしても資金繰りがいかない場合に役立てられます。

できるだけ借入はしたくない人

金融機関での融資は借入金が増えることになり、また借入には審査が必要で必ずしも通過するとは限りません。介護報酬ファクタリングであれば、借入ではなくスピーディに資金調達ができます。

介護施設や病院などオープンしたての人

介護施設や病院などオープンしたての場合、何かと資金が必要な上に売上も少なく資金繰りが厳しくなるケースがあります。介護報酬ファクタリングならば売上が伸びるまでのキャッシュフローを改善できます。

黒字倒産のリスクがある人

売上が徐々に上がってきているけれど資金が不足している時には是非介護報酬ファクタリングがおすすめ。経費や施設費など必要になった現金に当てられるので黒字倒産のリスクがなくなります。

介護報酬ファクタリングの口コミ

  • 「開業当初資金繰りに困っていた時に介護報酬ファクタリングを紹介してもらいました。手数料もかかるし、介護診療が後からもらえなくなることにやや抵抗はあったものの借入よりはいいと思って利用しました。結果的には資金繰りも安定して今ではファクタリングなしでの安定した経営になりました。」
  • 「介護施設を運営しているのですが金融機関から追加融資を断られ、紹介で介護報酬ファクタリングを利用して資金調達をしました。ベテランのスタッフの丁寧な説明や迅速な対応がとても良かったと思います。初期費用はかかりますが、大変助かりました。」

介護報酬ファクタリングについてのまとめ

介護報酬ファクタリングは、病院や介護施設で必要な資金となる介護報酬の買取をしてスピーディに資金調達できる便利なサービスです。

高齢化も進み、病院や介護施設は今後も多くの利用者がいると予想されます。よって各施設の運営が順風満帆なのが将来のためであり、そのための資金調達はとても大切なことです。

最近ではファクタリングサービスが注目されており、取り扱う業者も増えている状況です。資金繰りに困った時は是非介護報酬ファクタリングの検討をしてみてください。

監修者紹介中野令子(1級FP技能士)
金融機関での勤務経験のあるFPライター

大手証券会社で長年営業に従事してきた1級ファイナンシャルプランナー。現在は2児の母。自営業の夫の仕事を手伝う傍ら、自身の経験を活かし、ウェブライターとして活動中。わかりやすいをモットーに、さまざまな場面でのお金について解説します。

合わせて読みたい関連記事
即日対応&手数料2%~ おすすめファクタリング会社2

急な資金調達でファクタリング会社に期待するのはスピーディーな対応。即日対応可能な会社の中でも手数料も安く(2%~)設定されている2社を「会社の信頼性」と「手続きの手軽さ」に分けて紹介します。

とにかく審査を通したい
赤字企業再生支援センター
  • 個人事業主対応
  • 法人対応
  • 2社間対応
  • 3社間対応
  • 無借金経営で審査通過率99%
  • キャッシュリッチオーナー(※)にも登録される資金力の潤沢な優良企業

  • 信頼できる会社に相談したい
  • 最低限の必要書類で利用したい
  • 経営改善も一緒に相談したい

※18時以降・土日祝日の緊急時はこちら

webでラクに利用したい
OLTA(オルタ)
  • 個人事業主対応
  • 法人対応
  • 2社間対応
  • 3社間対応
  • 面談不要のオンライン完結型
  • 面談不要のオンライン完結の手続きが可能なサービス

  • 相談なしで資金を確保したい
  • ネットで調達を簡潔させたい
  • 話題のサービスを利用したい

※10:00〜18:00 土日祝除く

2社に関する補足事項

※審査通過率は2020年3月時点(赤字企業再生支援センター公式HPより)

※キャッシュリッチオーナーとは、帝国データバンクによる潤沢なキャッシュを保有していると認めた企業(2020年 編集部調べ)

※2017年より日本初のオンライン完結型ファクタリングサービス「クラウドファクタリング」を提供開始(公式発表より)