売掛金の支払にかかる期間

ファクタリングの支払にかかる期間は、ファクタリング会社との契約によって違います。2社間・3社間での支払サイクルやそれぞれのメリット・デメリットを確認して、自分にあった契約内容はどれかを検討する参考にしてください。無理なくかしこくファクタリングを利用しましょう。

目次

ファクタリング後の支払サイクル

ファクタリングには2者間か3社間のいずれかで契約を行ないますが、それぞれ支払サイクルが違います。

2社間の場合

  • ファクタリング会社による売上債権の買取
  • ファクタリング会社による先入金
  • 期日までに融資額と金利を返済

ファクタリング会社と直接やり取りを行なう2社間は、売上債権を担保に先入金されます。スピーディーにやり取りが進み即日現金化できるメリットはありますが、融資額と金利の返済が必要です。

3社間の場合

  • 売掛先による売上債権の買取
  • 売掛先がファクタリング会社へ支払
  • 手数料を差し引いた売掛金を依頼先へ入金

売掛先が買取を行った際、支払先はファクタリング会社になります。支払額から手数料が差し引かれた金額が入金されるので、後から返済する必要はありません。

売掛金が支払われるまでにかかる期間

ファクタリング申し込みから売掛金の支払まで、一体どれほど期間がかかるのか調べてみました。契約内容によって支払にかかる時間が変わるので、注意して確認してください。

2社間の場合

2社間の場合は、平均して2日~1週間程度。ファクタリング会社とのやり取りだけなので、審査を通った後は比較的スムーズです。業者によっては即日入金もあります。すぐにでも現金が必要な場合は、嬉しいスピード感でしょう。

3社間の場合

2社間の場合は、平均して1~2週間程度。売掛先とのやり取りが発生するので、どうしても時間がかかってしまいます。時間はかかりますが、3社間よりもコストを抑えることができるほか、審査が2社間より緩いため審査に通りやすいです。即日入金でなくても問題がないようなら、売掛金を上げられる可能性がある3社間を選択すると良いでしょう。

支払完了を確認する必要性

ファクタリング会社とのやり取りを終えて、売上債権を買取してもらっても安心するのは早いです。実際に支払が完了されるまでは油断はできません。2社間でのファクタリングだと返済が残っているので、長期的な返済計画をたてる必要があります。ファクタリングを利用する際は、計画的に利用しましょう。

監修者紹介中野令子(1級FP技能士)
金融機関での勤務経験のあるFPライター

大手証券会社で長年営業に従事してきた1級ファイナンシャルプランナー。現在は2児の母。自営業の夫の仕事を手伝う傍ら、自身の経験を活かし、ウェブライターとして活動中。わかりやすいをモットーに、さまざまな場面でのお金について解説します。

合わせて読みたい関連記事
即日対応&手数料2%~ おすすめファクタリング会社2

急な資金調達でファクタリング会社に期待するのはスピーディーな対応。即日対応可能な会社の中でも手数料も安く(2%~)設定されている2社を「会社の信頼性」と「手続きの手軽さ」に分けて紹介します。

とにかく審査を通したい
赤字企業再生支援センター
  • 個人事業主対応
  • 法人対応
  • 2社間対応
  • 3社間対応
  • 無借金経営で審査通過率99%
  • キャッシュリッチオーナー(※)にも登録される資金力の潤沢な優良企業

  • 信頼できる会社に相談したい
  • 最低限の必要書類で利用したい
  • 経営改善も一緒に相談したい

※18時以降・土日祝日の緊急時はこちら

webでラクに利用したい
OLTA(オルタ)
  • 個人事業主対応
  • 法人対応
  • 2社間対応
  • 3社間対応
  • 面談不要のオンライン完結型
  • 面談不要のオンライン完結の手続きが可能なサービス

  • 相談なしで資金を確保したい
  • ネットで調達を簡潔させたい
  • 話題のサービスを利用したい

※10:00〜18:00 土日祝除く

2社に関する補足事項

※審査通過率は2020年3月時点(赤字企業再生支援センター公式HPより)

※キャッシュリッチオーナーとは、帝国データバンクによる潤沢なキャッシュを保有していると認めた企業(2020年 編集部調べ)

※2017年より日本初のオンライン完結型ファクタリングサービス「クラウドファクタリング」を提供開始(公式発表より)