償還請求権のメリットとデメリット

ファクタリング会社と契約をする際に、償還請求権の有無がとても重要になります。手数料がグッと変動する恐れもある償還請求権についてまとめました。

目次

償還請求権(リコース)とは

償還請求権(リコース)とは、ファクタリング会社が依頼側に損失を請求できる権利のことです。三社間でファクタリングの契約を結んだ場合、支払義務は売掛先にあります。しかし、売掛先が倒産して回収が厳しい状況に陥ると、売掛債権を販売した依頼側に支払義務が移行します。依頼側に被害訴額の一部を負担してもらうことで、未回収分を補てんする形です。まとめると償還請求権とは、売掛債権を販売した依頼側が背負うリスクの判断基準になります。

償還請求権なし(ノンリコース)とは

売掛債権の販売方法に問題がないにも関わらず、売掛先から回収ができなかったからと依頼側が被害額の一部負担に応じなければいけないのは、本末転倒と言えます。償還請求権が存在する限り、ファクタリングを利用するのは厳しいと判断することもあるでしょう。しかし、償還請求権なしでファクタリングを利用できる方法があります。それがノンリコースです。

ファクタリング会社によっては、償還請求権なし(ノンリコース)で契約を結ぶことができます。リスクがないならノンリコースで契約を結ぶべきと思われるかもしれませんが、ノンリコース契約にはメリットとデメリットが存在するので、状況を確認して自分にあった契約を行ないましょう。

償還請求権がない契約のメリット

償還請求権がない場合のメリットは、売掛債権を販売する依頼側のリスクがない点です。三社間で契約を結んだ際、売掛先が倒産して支払能力がないと判断されたら、負担はすべてファクタリング会社が担います。償還請求権を有していないので、被害の一部を負担する必要はありません。

償還請求権がない契約のデメリット

デメリットは償還請求権がある契約よりも手数料が割高になることです。手数料は売掛先の信用状況によって変動するので、思った以上に手数料で取られることもあります。短い期間でお金が必要のためファクタリングを利用したにも関わらず、手数料のせいであまり手元に入ってこない状況になる恐れがあります。

償還請求権なし(ノンリコース)で契約ができるファクタリング会社

ファクタリング会社によって、償還請求権なし(ノンリコース)で契約を結べます。中にはノンリコース専門のファクタリング会社があるので、ノンリコースできる会社を探している方は、おすすめファクタリング会社をチェックしてください。気になる取引可能額や取引実績についてもまとめています。

監修者紹介中野令子(1級FP技能士)
金融機関での勤務経験のあるFPライター

大手証券会社で長年営業に従事してきた1級ファイナンシャルプランナー。現在は2児の母。自営業の夫の仕事を手伝う傍ら、自身の経験を活かし、ウェブライターとして活動中。わかりやすいをモットーに、さまざまな場面でのお金について解説します。

合わせて読みたい関連記事
即日対応&手数料2%~ おすすめファクタリング会社2

急な資金調達でファクタリング会社に期待するのはスピーディーな対応。即日対応可能な会社の中でも手数料も安く(2%~)設定されている2社を「会社の信頼性」と「手続きの手軽さ」に分けて紹介します。

とにかく審査を通したい
赤字企業再生支援センター
  • 個人事業主対応
  • 法人対応
  • 2社間対応
  • 3社間対応
  • 無借金経営で審査通過率99%
  • キャッシュリッチオーナー(※)にも登録される資金力の潤沢な優良企業

  • 信頼できる会社に相談したい
  • 最低限の必要書類で利用したい
  • 経営改善も一緒に相談したい

※18時以降・土日祝日の緊急時はこちら

webでラクに利用したい
OLTA(オルタ)
  • 個人事業主対応
  • 法人対応
  • 2社間対応
  • 3社間対応
  • 面談不要のオンライン完結型
  • 面談不要のオンライン完結の手続きが可能なサービス

  • 相談なしで資金を確保したい
  • ネットで調達を簡潔させたい
  • 話題のサービスを利用したい

※10:00〜18:00 土日祝除く

2社に関する補足事項

※審査通過率は2020年3月時点(赤字企業再生支援センター公式HPより)

※キャッシュリッチオーナーとは、帝国データバンクによる潤沢なキャッシュを保有していると認めた企業(2020年 編集部調べ)

※2017年より日本初のオンライン完結型ファクタリングサービス「クラウドファクタリング」を提供開始(公式発表より)