即日利用するための準備

ファクタリングを利用しようと考えている方の中には、「1日でも早く運転資金を調達したい!」と考えている方も多いのではないでしょうか。ここでは、ファクタリングを即日で利用するために押さえておきたいポイントを紹介します。

目次

ファクタリングの流れを把握

ファクタリングの契約は、一般的に以下のような流れで行われます。ここでは、スピーディーに資金調達ができる2社間ファクタリングの例をまとめました。

・申し込み
電話・メール・FAX・Webフォームなどから申し込みを行います。希望する条件・金額など、伝えたいことをまとめておきましょう。

・仮審査
電話・メール・直接来社・出張サービスなどで、売掛金の詳細についての仮審査が行われます。譲渡債権の内容や企業概要・代表者情報など、基本的な情報の確認を行います。

・本審査
仮審査時にヒアリングした内容をもとに、売掛債権の買取金額を審査。提出書類が揃っていれば、会社によっては即日で買取金額を提示してもらえます。

・契約・入金
提示金額に納得できれば契約となります。契約が無事に締結されると、入金が行われます。

必要書類の準備

ファクタリング会社や希望金額によって提出書類の内容は異なりますが、一般的に必要とされるのは以下の書類です。

・登記簿謄本や会社概要が分かる資料
依頼主の会社情報を確認するための書類。ホームページの会社概要をプリントアウトしたものや、パンフレットでもOKです。

・売掛債権の詳細が分かる書類
発注書・請求書・検収書・業務基本契約書など、取り引きの内容や請求金額を確認できる書類。審査でもっとも重要なものです。

・通帳のコピー
通帳の内容から、取引先からの入金があるかどうかを確認します。約3ヶ月分ほどの提出を求められます。

・決算書のコピー
希望金額が100万円以上の場合に必要となります。

・身分証明書のコピー
運転免許証など、依頼主の本人確認として使用。

即日対応しているファクタリング会社を選定する

急に資金を調達する必要がある、そんな場面で有効な手段がファクタリングです。ただし、ファクタリング会社によって契約までにかかる期間はそれぞれ異なります。最短で即日、一般的には2~3日ほどの会社が多いようです。急いでいるのであれば、当然即日対応のファクタリング会社を選ぶべきでしょう。

即日対応しているかどうかは、ホームページの情報を見れば分かります。しかし、希望条件や内容によっては即日対応できないケースもあるため、どのくらいの期間がかかりそうか、あらかじめ問い合わせてみると良いでしょう。

即日のファクタリングを活用した事例

即日の資金調達でコスト不足が解消できた事例

ファクタリング対象売掛債権額 約880万円
売掛金入金予定日 45日後
売掛債権買取金額 約840万円

即日ファクタリングを活用した事例の1つ目は、東京都で建設業を営んでいる企業の例です。仮にA社としましょう。

A社は借入金の返済が滞っていたため、返済金額や返済時期を調整してもらっているところでした。そのため、状況としては銀行などの金融機関からの融資は期待できません。ですが、そのような状況のところへ、取引先からの大口工事の注文が舞い込んできたのです。

A社はその大口工事を受けましたが、元請け企業の売掛債権の入気に予定日まで45日もあったため、それまでの工事にかかる材料費や人件費が捻出できませんでした。ノンバンクでの融資も依頼しましたが、審査が通らず途方にくれていたそうです。

A社のファクタリング利用は初めてだったので不安もありましたが、審査から契約までは非常にスムーズに進み、無事に約840万円の資金を受け取ることに成功。

即日対応のファクタリングを利用したことによって、大口工事にかかるコスト不足は解消され、何事もなくその発注を終えることができました。

当日に判明した入金のずれに即日資金化で対応

ファクタリング対象売掛債権額 約560万円
売掛金入金予定日 50日後
売掛債権買取金額 約525万円

2つ目にご紹介する即日資金化の事例は、愛知県で卸売業を経営しているB社です。B社は赤字決済や債務超過などの問題を抱えていた訳ではありませんでしたが、入金されるはずだった卸先からの入金が遅れるということを、入金当日に知ることになってしまいました。

B社ではその日に卸先からの入金があることを予定していたため、その日に当座の支払いがありました。「このままでは不渡りを出してしまう」という危機に陥ったB社は、銀行に融資を求めましたが当日中の入金は無理という結果に。ノンバンクにも相談をしましたが、結果は銀行と同じです。

思いあぐねていたB社は、インターネット上でファクタリング会社のサイトを見つけました。「即日資金化」という言葉を見て早速申し込んだところ、約560万円の債権を買い取ってもらい、約525万円もの資金を手にすることができたのです。

もちろん、当座の支払いも無事にすることができ、不渡りを出すこと無くその日を終えられました。さらに、そのファクタリング会社に資金に関するアドバイスまでしてもらったそうで、それからというもの、以前よりも資金繰りが安定したと言います。

即日対応できない例、注意点

即日対応しているファクタリング会社でも、以下のような場合は対応できないことがあります。

・申し込みの時間が遅い
契約が成立した場合、現金は銀行振り込みとなります。そのため、申し込み時間が遅いと銀行の営業時間に間に合わず、即日対応ができなくなってしまいます。申し込み時間はできるだけ早めが◎、最良は午前中です。

・必要な書類が揃っていない
上記で説明した必要書類に不備があると、審査が通らず即日対応できないことがあります。

・希望金額が大きすぎる
希望金額が高ければ高いほど、審査には時間がかかります。急いでいるなら必要最小限の金額にしたり、口数を少なくすると良いでしょう。それでも金額が大きくなってしまう場合は、優良取引先の売掛債権で申し込むのがコツ。良い返事をもらえる可能性があります。

・3社間ファクタリングを希望している
3社間ファクタリングの場合、売掛先の企業に債権譲渡通知書を出す必要があります。そのため、即日での対応は不可となります。2社間ファクタリングであれば売掛先企業に通知する必要がないため、即日対応が可能です。

ファクタリング会社は早めに選定しておきましょう

すぐにでも現金を調達したいという場合、まずは即日対応しているファクタリング会社を確認しておくことが重要。焦って悪質なファクタリング会社にコンタクトを取ってしまうと、弱みに付け込まれて法外な手数料を取られることもあります。そういったトラブルを防ぐためにも、信頼できるファクタリング会社をしっかりとチェックしておくようにしましょう。また、事業運営においては、いつ資金繰りが必要になるか分かりません。急な事態に備えて、即日対応できる優良なファクタリング会社を見つけておくことも大切です。

監修者紹介中野令子(1級FP技能士)
金融機関での勤務経験のあるFPライター

大手証券会社で長年営業に従事してきた1級ファイナンシャルプランナー。現在は2児の母。自営業の夫の仕事を手伝う傍ら、自身の経験を活かし、ウェブライターとして活動中。わかりやすいをモットーに、さまざまな場面でのお金について解説します。

合わせて読みたい関連記事
即日対応&手数料2%~ おすすめファクタリング会社2

急な資金調達でファクタリング会社に期待するのはスピーディーな対応。即日対応可能な会社の中でも手数料も安く(2%~)設定されている2社を「会社の信頼性」と「手続きの手軽さ」に分けて紹介します。

とにかく審査を通したい
赤字企業再生支援センター
  • 個人事業主対応
  • 法人対応
  • 2社間対応
  • 3社間対応
  • 無借金経営で審査通過率99%
  • キャッシュリッチオーナー(※)にも登録される資金力の潤沢な優良企業

  • 信頼できる会社に相談したい
  • 最低限の必要書類で利用したい
  • 経営改善も一緒に相談したい

※18時以降・土日祝日の緊急時はこちら

webでラクに利用したい
OLTA(オルタ)
  • 個人事業主対応
  • 法人対応
  • 2社間対応
  • 3社間対応
  • 面談不要のオンライン完結型
  • 面談不要のオンライン完結の手続きが可能なサービス

  • 相談なしで資金を確保したい
  • ネットで調達を簡潔させたい
  • 話題のサービスを利用したい

※10:00〜18:00 土日祝除く

2社に関する補足事項

※審査通過率は2020年3月時点(赤字企業再生支援センター公式HPより)

※キャッシュリッチオーナーとは、帝国データバンクによる潤沢なキャッシュを保有していると認めた企業(2020年 編集部調べ)

※2017年より日本初のオンライン完結型ファクタリングサービス「クラウドファクタリング」を提供開始(公式発表より)