働いてしまう恐れがある詐欺行為

ファクタリングの知識が足りないために、無自覚で詐欺を働いてしまうトラブルは少なくありません。希望金額通り受け取りたいあまりに行なった行為が、実は詐欺行為だった…なんてトラブルも。無自覚に詐欺を働かないように、どんな行為が詐欺と見られてしまうのか、やってはいけない行為について調べてみました。

目次

ファクタリングでやってはいけない詐欺行為

初めてファクタリングを行なう際、知識がないあまり無自覚に詐欺を行なってしまう危険があります。どんな行為が詐欺行為とみなされるのか、よくあるトラブルを中心にまとめました。

架空請求

存在しない架空債権を提供するのは、もちろん詐欺です。ファクタリング会社は、提供された売掛債権を担保として資金を貸し付けます。存在しない架空債権のせいで資金回収ができないとなると、ファクタリング会社に訴えられることになるでしょう。

二重譲渡

1つの売掛債権を複数のファクタリング会社に売り渡すことは、二重譲渡と呼ばれる詐欺です。二重譲渡は架空請求と違って実際に存在する売掛債権を売却するので、会社側が気付きにくい手法です。そのため、二重譲渡は架空請求より悪質と言えるでしょう。売掛債権を複数のファクタリング会社に売れば売るほど回収売掛金が入ってくると、中には悪気なく行なってしまう方も…。気付かないうちに詐欺行為を働いてしまう恐れがあるので、売り出し方に問題がないか不安な方は、一度ファクタリング会社に相談してみましょう。

嘘の情報を申請する

希望額通りの資金がもらえるように、信用できる会社だとファクタリング会社に思ってもらおうと嘘の情報を申請するのは絶対にしてはいけないことです。虚偽申請をしてしまうと、詐欺行為と見られる可能性があります。相手は何件ものファクタリングを成立させてきたプロです。虚偽の申請はすぐにバレるどころか、信頼を落として資金調達の話が流れる可能性も十分にあります。ファクタリングを依頼している状況を審査する会社は、経営状態をある程度すでに把握しているので、実際の売上数値が悪くてもそこまで審査に大きく影響を及ぼすことはありません。なので、情報の申請は正しい数値で行なってください。

無自覚の詐欺を防ぐためにファクタリング会社に相談

ファクタリングに関する知識がないと、無自覚に架空請求や二重譲渡などの詐欺を働いてしまう危険があります。詐欺の加害者にならないためにも、売り方に関してまず始めにファクタリング会社に相談するようにしましょう。

監修者紹介中野令子(1級FP技能士)
金融機関での勤務経験のあるFPライター

大手証券会社で長年営業に従事してきた1級ファイナンシャルプランナー。現在は2児の母。自営業の夫の仕事を手伝う傍ら、自身の経験を活かし、ウェブライターとして活動中。わかりやすいをモットーに、さまざまな場面でのお金について解説します。

合わせて読みたい関連記事
即日対応&手数料2%~ おすすめファクタリング会社2

急な資金調達でファクタリング会社に期待するのはスピーディーな対応。即日対応可能な会社の中でも手数料も安く(2%~)設定されている2社を「会社の信頼性」と「手続きの手軽さ」に分けて紹介します。

とにかく審査を通したい
赤字企業再生支援センター
  • 個人事業主対応
  • 法人対応
  • 2社間対応
  • 3社間対応
  • 無借金経営で審査通過率99%
  • キャッシュリッチオーナー(※)にも登録される資金力の潤沢な優良企業

  • 信頼できる会社に相談したい
  • 最低限の必要書類で利用したい
  • 経営改善も一緒に相談したい

※18時以降・土日祝日の緊急時はこちら

webでラクに利用したい
OLTA(オルタ)
  • 個人事業主対応
  • 法人対応
  • 2社間対応
  • 3社間対応
  • 面談不要のオンライン完結型
  • 面談不要のオンライン完結の手続きが可能なサービス

  • 相談なしで資金を確保したい
  • ネットで調達を簡潔させたい
  • 話題のサービスを利用したい

※10:00〜18:00 土日祝除く

2社に関する補足事項

※審査通過率は2020年3月時点(赤字企業再生支援センター公式HPより)

※キャッシュリッチオーナーとは、帝国データバンクによる潤沢なキャッシュを保有していると認めた企業(2020年 編集部調べ)

※2017年より日本初のオンライン完結型ファクタリングサービス「クラウドファクタリング」を提供開始(公式発表より)