ファクタリングの仕組み

ファクタリング取引を検討するべき人の条件をはじめ、その仕組みや売掛債権が資金化されるまでの流れなどを容易に理解できるよう説明しています。

目次

売掛債権を資金化するファクタリング取引の仕組み

売掛債権とは、顧客に商品の納品やサービスの提供をしたものの、回収が済んでいない代金を請求できる権利のことです。売掛債権は資産とみなされます。ファクタリングとは、その売掛債権を第三者である専門会社が買い取るという取引です。

企業間の取引においては、現金ではなく、後日支払いを約束する掛け取引が一般的です。そのため、相手企業の支払サイトの長さによって、資金化できるまでにタイムラグが発生することになります。

場合によっては、そのタイムラグが、会社のキャッシュフローのマイナス要因となることもあり、それを解決する方法のひとつがファクタリングなのです。

即日対応でおすすめのファクタリング会社を見る

ファクタリングも選択肢に検討しておくと良い人(企業)の条件

キャッシュフローの問題は、中小企業にとって大変悩ましいポイントです。決算上は黒字であっても資金繰りに苦労することも少なくありません。以下の条件に当てはまる人(企業)は、万が一の資金ショートを回避する手段として、ファクタリングを選択肢に加えておくと良いかもしれません。

  • 銀行などの金融機関に融資を断られた
  • 売掛け相手の支払いサイトが長い
  • メインバンクや取引先に分からないように資金を引きたい

金融機関に融資を断られてしまったら、ファクタリングを検討してみるのもひとつの手です。金融機関は、融資先である会社の経営や財務の状況を審査しますが、ファクタリングの場合は、保有している資産である売掛債権を売却して、現金化するだけなので、担保は必要ありません。ですから、会社の信用情報に問題があったり、債務が重なっていたりしても、それを理由に取引が出来ないことはありません。

金融機関やビジネスローンの審査は「借入れする会社」が審査対象になりますが、ファクタリングの場合、「売掛先の企業」の信用度を重要視するため、自身の会社の経営や財務状況に影響されることなく現金を得ることができます。またビジネスローンは「借入れ」に値するため、帝国データバンクやビジネスローン審査などの信用登録機関に審査記録が残ってしまい、状況によっては次回の融資に影響が出てしまうこともあるでしょう。

しかし、ファクタリングは借入れに値しないので、今後の銀行融資やビジネスローンの融資にマイナスの影響が出ることがほぼありません。ファクタリングでは登記簿や会社の決算書など必要な書類を送れば、スピーディに審査。最短即日で入金してもらうことが可能です。

ファクタリングの仕組み&流れ

売掛債権を資金化するまでの流れは、一般的に以下の通りです。

  1. 商品の納品やサービス提供が完了=売掛金発生
  2. 売掛先企業とのファクタリング契約及び承諾
  3. ファクタリング会社とのファクタリング契約及び承諾
  4. 売掛先企業との請求金額の確認
  5. ファクタリング会社への請求金額の通知
  6. ファクタリング会社と売掛先企業との請求金額の最終確認
  7. ファクタリング会社から早期売掛金支払いを受ける
  8. 売掛先企業からファクタリング会社に期日通り売掛金が支払われる

代表的な2社間、3社間ファクタリングの債権の流れ

2社間ファクタリングの流れ

  1. 商品やサービスを提供して売掛金が発生する
  2. 売掛金保有企業とファクタリング会社間で売掛金金額を確認し、ファクタリング契約を締結する
  3. ファクタリング会社から売掛金保有企業に売掛金が早期に支払われる
  4. 売掛先企業から売掛金保有企業に売掛金が支払期日通りに支払われる
  5. 売掛金保有企業から入金された売掛金をファクタリング会社に支払う

3社間ファクタリングの流れ

  1. 商品やサービスを提供して売掛金が発生する
  2. 売掛金保有企業・売掛先企業・ファクタリング会社間で売掛金金額を確認し、ファクタリング契約を締結する
  3. ファクタリング会社から売掛金保有企業に売掛金が早期に支払われる
  4. 売掛先企業からファクタリング会社に売掛金が支払期日通りに支払われる

様々なファクタリングの種類

ファクタリングには、前述した2社間ファクタリングや3社間ファクタリングといったファクタリング契約の主体者が2社間か3社間によって大別されます。また、売掛債権の種類や債権の引渡方法によって、さまざまなファクタリングがあります。

一括ファクタリング

元請会社が下請会社に代金を支払う際に、この一括ファクタリングを利用されることが多くなっています。 手形発行のコストや送金コストを軽減できるといった利点のほかに、下請会社としても現金振り込みになるので資金繰りが楽になるという双方にメリットがある仕組みになっています。

保証ファクタリング

ファクタリング会社に保証料を支払うことで、支払い先の倒産や経営破綻で売掛金の回収が不可能になった場合、ファクタリング会社が売掛金の一部や全額を保証してくれます。ファクタリング取引は、売掛金を早期に現金化するために利用されることが多いですが、保証ファクタリングは、与信業務をアウトソーシングし、さらに貸し倒れリスクを回避することを目的にしています。

診療報酬ファクタリング

一般的なファクタリングと違って、医療機関や介護施設などだけが利用できるファクタリングで、医療機関が国民保険や社会保険に対して請求する債権になります。利用のハードルは低く、手数料も低いのが特徴です。その理由として、売掛先である国保連や社会保険基金は国が運営しているため、倒産リスクの心配をする必要がないからです。

給与ファクタリング

一風変わったファクタリングもあって、給料の前借りサービスというものがあります。このシステムは、企業とファクタリング会社が契約して、企業で働く従業員がファクタリング会社に申し込むことで給料の前借りができるというものです。

ファクタリングが誕生した背景

ファクタリングが生まれた背景には、黒字倒産の増加という理由があります。

売上の入金というものは時間がかかってしまいますが、支出による出金はその逆で支払いフローは早いです。そのため、利益を上げていてもお金が入ってくるのが後からになって、他の支出が先にきてしまうので倒産に追い込まれてしまうということがあります。これが黒字倒産の仕組みです。

こうした黒字倒産を防ぐため、立替えて入金と出金のタイムラグをカバーして倒産を防ぐためにファクタリングは生まれたのです。日本では浸透するのが遅かったファクタリングですが、最近はベンチャー企業も増えてきていて、ファクタリングの需要も高まってきています。

今後もファクタリング市場は拡大傾向に

中小企業の増加に比例してマーケットも拡大

今現在のファクタリングの市場規模を見てみると、まだまだ多く利用されているとは言い切れません。MDB市場レポートによると、1997年から2007年まで一括ファクタリングの市場規模は右肩上がり。2003年ごろから企業もどんどん参入を開始。SMBCファイナンスサービスや三菱UFJファクター(株)の都市銀行関連企業や地方銀行関連など、東証一部上場企業をはじめとした多くの企業がファクタリング市場に参入しています。

※参照:FCI「Annual Review」

日本の経済において重要な役割を担っているのは中小企業。日本の中小企業の数は、全企業の内の99.7%を占めています。中小企業にとって、資金調達・資金繰りは困難な問題です。短期的な資金不足に困ることが多い中小企業ですが、資金調達を行う場合、金融機関から借り入れを行うのが一般的です。金融機関から融資を受ける場合にどうしても時間がかかってしまいますが、企業の状況によっては、急な資金調達を要する場合もあります。さまざまな資金調達がある中で、短期で調達が可能なファクタリングは、有効的な手段だといえます。

「手形取引」文化が浸透の妨げに

ファクタリングの浸透が遅れた原因のひとつに手形取引の文化が挙げられます。 東京商工リサーチの2018年「手形・でんさい」動向調査によると、手形交換高はピークの1990年に4,797兆2,906億円ありましたが、2018年ではピーク時の5.4%で261兆2,755億円まで減少しています。そのうち、2018年のでんさいの取引額が18兆4,630億9,000万円で移行はあまり進んでいません。手形同様に、でんさいも半年間に2回の不渡り(決済不履行)を起こすと、取引が停止され、事実上の倒産だとみなされるため、避けられているという理由もあるようです。そして、電子決済の普及に伴い、手形より売掛債権を選ぶケースが増えて来ている要因もあるようです。

経営者にとって、様々な資金調達方法の種類や実態を把握しておくことは、大変重要なことです。さらに、売掛金が多い中小企業オーナーは、ファクタリング取引の内容や現状などの情報を、しっかりリサーチしておく必要があります。

※参照:東京商工リサーチ「2018年 手形・でんさい動向調査」

ファクタリングの取引方式

ファクタリングの取引方式には、大きく分けて2種類が存在します。それは、売掛債権買取業務である「ファクタリング」と、電子登録債権である「でんさい」です。この2種類の違いについては、保証の有無と取引方式の違いの2点が挙げられます。

取引方式が異なる

ファクタリングは、利用するファクタリング業者を選び、その業者に債権を買い取ってもらうことで、資金を受け取るという仕組みです。この場合、債権を譲渡する企業と、ファクタリング業者の二社間で取引が行われます。三社間取引であれば、支払い企業が含まれる場合もありますが、基本的に「企業とファクタリング業者間の取引」となるでしょう。

一方、でんさいとは、「でんさいネット」が取り扱う電子記録債権のことをいいます。でんさいネットとは、全国銀行協会が設立した「株式会社全銀電子債権ネットワーク」の通称で、全国の金融機関が登録しています。

でんさいネットには、電子化された債権が登録されており、その中で債権の取引が行えるシステムです。ファクタリングとは違い、企業と金融機関の間に、でんさいネットが介入する取引方式となります。

前回とは異なる金融機関で取引をするとしても、新たに契約をする必要がないので便利ですが、でんさいに登録された債権しか、取引対象にはなりません。

でんさいには保証が存在する

ファクタリングでは、債権をファクタリング会社が買い取る形になるので、譲渡した債権の支払いが行われなかったとしても、譲渡した会社は支払う義務はありません。

一方、でんさいには保証が存在します。でんさいによって譲渡した債権が、万が一支払われなかった場合、譲渡した側が売掛金を支払わなければいけません。でんさいでは、債権を譲渡した時点で、支払い企業の保証人になります。

そのため、支払い企業が売掛金を支払えなかった場合、多額の返済を迫られることもあり、大きなリスクがあるともいえます。

経済産業省でも売掛債権の活用は勧めている

経済産業省は「中小企業における資金調達の課題」という文書の中で、売掛金担保融資(ファクタリング)などの融資法を拡大していくべき、との考えを示しています。

この文書の背景には、中小企業は大企業と比較して借入金が多く、資金繰りが厳しくなりがちであること。企業情報の把握が難しいことによって、銀行からの融資が難しい場合があること、などの理由があるようです。

資金調達をスムーズにするための手段

こちらは、経済産業省調査委員会が作成した文書の一部です。

「中小企業の資金調達を円滑化する観点から、不動産担保や個人保証に過度に依存した従来型銀行融資ではない資金調達の途を拡大することが強く求められている。」

「不動産担保に依拠せずに中小企業者が有する売掛債権や動産を担保とした融資の拡大を通じて、中小企業の資金調達の円滑化を図ることが期待されている。」

引用元:(PDF)上原 啓一『中小企業における資金調達の課題 ~売掛債権担保及び動産担保の活用に向けて~』経済産業委員会調査室 2007

中小企業の資金調達を円滑にするためには、不動産だけに頼りすぎず、社長の個人保証といった既存の融資スタイルから、売掛債権や動産を活用したさまざまな資金調達の手段を利用することが、非常に重要だということになります。

資金繰りの1つとして覚えておきたいファクタリング

手形取引が主だった日本においては、ファクタリングという資金調達法は発展途上だといえます。ただ、ファクタリングの取引量も増えてきているのも事実であり、先行している海外マーケットの動向からすれば、今後も増加していくことが予想されます。

ファクタリングを扱う企業は、年々増えてきています。今では1,000社以上あるといわれており、利用する側にとって重要なのは「信頼できるファクタリング会社であるかどうか」が、大変重要です。

そこで、当サイトでは確かな実績と信頼性を持つファクタリング会社をピックアップし、それぞれの特徴や利用方法についてまとめています。資金調達法の1つとしてファクタリングに興味をお持ちの方は、ぜひチェックしておいてください。

監修者紹介中野令子(1級FP技能士)
金融機関での勤務経験のあるFPライター

大手証券会社で長年営業に従事してきた1級ファイナンシャルプランナー。現在は2児の母。自営業の夫の仕事を手伝う傍ら、自身の経験を活かし、ウェブライターとして活動中。わかりやすいをモットーに、さまざまな場面でのお金について解説します。

合わせて読みたい関連記事
即日対応&手数料2%~ おすすめファクタリング会社2

急な資金調達でファクタリング会社に期待するのはスピーディーな対応。即日対応可能な会社の中でも手数料も安く(2%~)設定されている2社を「会社の信頼性」と「手続きの手軽さ」に分けて紹介します。

とにかく審査を通したい
赤字企業再生支援センター
  • 個人事業主対応
  • 法人対応
  • 2社間対応
  • 3社間対応
  • 無借金経営で審査通過率99%
  • キャッシュリッチオーナー(※)にも登録される資金力の潤沢な優良企業

  • 信頼できる会社に相談したい
  • 最低限の必要書類で利用したい
  • 経営改善も一緒に相談したい

※18時以降・土日祝日の緊急時はこちら

webでラクに利用したい
OLTA(オルタ)
  • 個人事業主対応
  • 法人対応
  • 2社間対応
  • 3社間対応
  • 面談不要のオンライン完結型
  • 面談不要のオンライン完結の手続きが可能なサービス

  • 相談なしで資金を確保したい
  • ネットで調達を簡潔させたい
  • 話題のサービスを利用したい

※10:00〜18:00 土日祝除く

2社に関する補足事項

※審査通過率は2020年3月時点(赤字企業再生支援センター公式HPより)

※キャッシュリッチオーナーとは、帝国データバンクによる潤沢なキャッシュを保有していると認めた企業(2020年 編集部調べ)

※2017年より日本初のオンライン完結型ファクタリングサービス「クラウドファクタリング」を提供開始(公式発表より)