3社間ファクタリングの特徴と事例を紹介

ファクタリングには、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがあります。ここでは、3社間ファクタリングの仕組みを解説しています。方法の違いやメリットデメリット、実際に活用した事例も記載しているので、資金調達を考えている方は参考にしてください。

目次

3社間ファクタリングとは?

3社間ファクタリングとは、「申し込みをした依頼主」「ファクタリング会社」「取引先」の3社間で合意を結び、売掛債権の売買を行うことです。

  • A.売掛金を譲渡したい依頼主
  • B.売掛取引をしている取引先
  • C.ファクタリング会社

ファクタリング会社が仲介に入り、契約のフォローと売掛債権の現金化、売掛金の回収まで行なってくれます。

3社間ファクタリングの仕組み

3社間ファクタリングの仕組みは、以下の通りです。

A.売掛金を譲渡したい依頼主

  • ファクタリング会社へ売掛金を譲渡して現金化させ、手数料を支払う
  • 取引先へファクタリング契約の通知と同意を得る

B.売掛取引をしている取引先

  • ファクタリング契約希望の通知が届く
  • 契約に同意したら、ファクタリング会社へ売掛金を支払う

C.ファクタリング会社

  • ファクタリングの契約後、依頼主へ買取金を支払う
  • 依頼主に代わり取引先へ売掛金買取契約の通知と同意を得る
  • 取引先から売掛金の回収を行う

2社間ファクタリングと何が違う?

2社間ファクタリングの仕組みとの違いは、大きく分けて2つあります。

  1. ファクタリング会社が仲介に入り、売掛債権取引の通知を行う
  2. 売掛金は取引先からファクタリング会社へ直接支払われる

銀行系のファクタリングでは、3社間ファクタリングによる取引がメインです。

3社間ファクタリングのメリット・デメリット

3社間ファクタリングには、メリット・デメリットがあります。

3社間ファクタリングのメリット

  • 2社間ファクタリングよりも手数料が安い
  • ファクタリング会社に支払う手数料が、2社間ファクタリングよりも安く設定されています。理由は、債権未回収リスクが低いため。ファクタリング会社が取引先から直接売上を回収できますが、2社間は依頼主から回収する必要があります。そのため、貸し倒れのリスクを考え、手数料が高いのです。

  • 個人事業主でも利用できる
  • 2社間ファクタリングの場合、利用できるのは「法人」だけです。3社間ファクタリングでは、個人事業主や自営業の方でも申し込みができます。

3社間ファクタリングのデメリット

  • 資金繰りが悪化している企業と思われる
  • 取引先側から見ると、通常の掛売取引が行えないと判断される可能性があります。急な資金調達が必要なほど、経営状況が悪化していると捉えられかねないのです。同意を得るためには、取引先との信頼関係が重要なポイントとなってきます。

  • 手続きに時間と手間がかかる
  • 取引先へ通知するだけではなく、ファクタリングの同意を得る必要があるため書類の手続きに時間がかかります。2社間ファクタリングであれば売掛債権を即日資金に変えることも可能ですが、3社間ファクタリングは数週間かかる見込みです。

3社間ファクタリングの事例

ここでは、3社間ファクタリングを利用して資金調達に成功した企業の事例を紹介します。

物流・運送業を営む企業の事例

  • 設立年:1年未満

「売掛先企業の信頼もありスムーズに契約できた」

会社設立1年ながら、売り上げが伸びて急成長した企業。追加の資金調達を行おうと考えていましたが、不動産など担保できるモノがないため銀行から融資を断られたそうです。ノンバンクは抵抗があり、ほかに資金調達を調べていたところファクタリングにたどり着いたのだとか。

3社間ファクタリングを利用し、取引先へファクタリング会社の社員が同行して挨拶と説明を実施。売掛先の企業に依頼主側への厚い信頼があり、取引へ理解を示してくれたそうです。スムーズに契約が進められた結果、資金調達も行なえました。

取引先との信頼関係が重要

3社間ファクタリングは取引先との兼ね合いもあるため、現金化するまでに段階と時間がかかります。取引先と厚い信頼関係があり、資金調達までに猶予がある方は手数料の安い3社間ファクタリングが向いているかもしれません。

初めて利用する方は、現金化までの日数・取引状況など、ファクタリング会社に事情を説明して相談してみましょう。何社か比較した上で、自社に合った会社を選ぶことがベストです。

監修者紹介中野令子(1級FP技能士)
金融機関での勤務経験のあるFPライター

大手証券会社で長年営業に従事してきた1級ファイナンシャルプランナー。現在は2児の母。自営業の夫の仕事を手伝う傍ら、自身の経験を活かし、ウェブライターとして活動中。わかりやすいをモットーに、さまざまな場面でのお金について解説します。

合わせて読みたい関連記事
即日対応&手数料2%~ おすすめファクタリング会社2

急な資金調達でファクタリング会社に期待するのはスピーディーな対応。即日対応可能な会社の中でも手数料も安く(2%~)設定されている2社を「会社の信頼性」と「手続きの手軽さ」に分けて紹介します。

とにかく審査を通したい
赤字企業再生支援センター
  • 個人事業主対応
  • 法人対応
  • 2社間対応
  • 3社間対応
  • 無借金経営で審査通過率99%
  • キャッシュリッチオーナー(※)にも登録される資金力の潤沢な優良企業

  • 信頼できる会社に相談したい
  • 最低限の必要書類で利用したい
  • 経営改善も一緒に相談したい

※18時以降・土日祝日の緊急時はこちら

webでラクに利用したい
OLTA(オルタ)
  • 個人事業主対応
  • 法人対応
  • 2社間対応
  • 3社間対応
  • 面談不要のオンライン完結型
  • 面談不要のオンライン完結の手続きが可能なサービス

  • 相談なしで資金を確保したい
  • ネットで調達を簡潔させたい
  • 話題のサービスを利用したい

※10:00〜18:00 土日祝除く

2社に関する補足事項

※審査通過率は2020年3月時点(赤字企業再生支援センター公式HPより)

※キャッシュリッチオーナーとは、帝国データバンクによる潤沢なキャッシュを保有していると認めた企業(2020年 編集部調べ)

※2017年より日本初のオンライン完結型ファクタリングサービス「クラウドファクタリング」を提供開始(公式発表より)