2社間ファクタリングの特徴と事例を紹介

ファクタリングの種類のひとつである2社間ファクタリング。ここでは、2社間ファクタリングとはどのような仕組みかを詳しく解説しています。通常のファクタリングとの違い、利用するときのメリットやデメリットについても記載しているのでぜひ参考にしてください。

目次

2社間ファクタリングとは

2社間ファクタリングの特徴についてまとめてみました。

行われるのは売掛先の与信調査のみ

2社間ファクタリングは売掛先に通知を行なわず、ファクタリング会社と現金化したい会社が2社で契約を結びます。

  • A. 売掛金を現金化したい会社
  • B. -
  • C. ファクタリング会社

ファクタリング会社は売掛先の信用調査のみを行ない、通知も一切行ないません。売掛先の業績や債権の存在に問題がないと判断されれば、最短でその日に現金が支払われます。現金化して事前に資金調達した会社は、売掛先から期日通り支払いが行なわれたら、直接ファクタリング会社に売掛金を支払います。債権譲渡契約に基づき、資産売却することになりなす。

売掛先が介入しない取引

ファクタリングには一般的なファクタリングとして知られる「3社間ファクタリング」と「2社間ファクタリング」があり、取引の形態に違いがあります。3社間ファクタリングは以下の3社で行われる取引です。

  • A. 売掛金を現金化したい会社
  • B. 売掛金が発生している売掛先
  • C. ファクタリング会社

通常、売掛金を現金化したい会社が契約する際は、ファクタリング会社から売掛先に「売掛金買取契約」の通知と承諾を得るのが基本で、「Aという会社が御社の売掛金を現金化したいと申し出ていますが、承諾いただけますか」といった確認を行ないます。この場合、売掛先が承諾しさえすれば3社が合意したとみなされファクタリング契約が成立します。売掛金は売掛先から直接ファクタリング会社へ支払われるため、ファクタリング会社にとっては低リスク。回収の手間もかからないため、3社間取引では手数料が安いのも特徴です。

多くの会社が2社間ファクタリングを利用する理由とは?

3社間ファクタリングではファクタリングが申し込まれると売掛先に通知される取引です。場合によっては「あそこは資金繰りが悪いのでは?」と経営状態に疑念を持たれてしまい、売掛先との今後の継続取引や関係性に影響してしまうことがあります。ファクタリングは、期日を待たずに現金化できるのがメリットですが、ファクタリングを利用しなくてはならないほど、「資金繰りが悪化している企業」だと思われかねない側面ももっています。

ところが、2社間ファクタリングでは売掛先との間にファクタリング会社が直接介入しないため、ファクタリングで資金調達しようとしていることが知られずに済み、取引先との信用や関係性に影響を及ぼさないため、3社間ファクタリングよりも多く利用されているのです。

このことから、取引中の売掛先から知られずに済むという2社間ファクタリングの仕組みは「高い手数料を支払うに値する」と考えている経営者が多いことが分かります。

回収の際に起こり得るリスク

ファクタリングは、「売掛債権の期日前売却」をすることで、売掛金を即座に現金化することが主な目的です。期日まで保有すれば、売掛債権は100%(破綻などなければ)で戻ってきますが、手数料を支払い、破綻リスクも一緒にファクタリング会社に売却するというのが、基本的な考え方になります。

売掛債権の評価金額は、与信審査による「売掛先の信用度合い」で変わります。3社間ファクタリングでは、売掛先の信用度が高い場合、債権を回収できないという恐れが少ないため、低い手数料で受けてくれるのが一般的です。売掛金はファクタリング会社に直接入金されるので、ファクタリング会社としても安心できる取引です。

ところが2社間ファクタリングの場合、売掛先に問題がなく売掛金が100%もどってきたとしても、売掛金はファクタリング会社ではなく、売掛債権の売却先に入金されます。そのため、「売掛先からの入金を別のことに利用してしまった」「別件の支払いですぐに銀行から引き落とされてしまった」「持ち逃げされてしまった」というトラブルが多いのも現実です。

このような理由から、2社間ファクタリングでは、3社間ファクタリングに比べて高い手数料を払わなければなりません。3社間ファクタリングの手数料が売掛金の2~20%前後なのに対し、2社間ファクタリングを初めて利用する際には、一般的に売掛金の20~40%の手数料がかかると考えておいた方がよいでしょう。

ただし取引回数が増えて現金化したい側の信用が増えてきた場合や、もともとの与信段階で信頼性が高いと判断された場合、2社間ファクタリングであっても手数料を低く抑えられることがあります。

2社間ファクタリングのメリットとデメリット

売掛金を現金化するために、2社間ファクタリングを利用するときのメリットとデメリットをまとめました。

2社間ファクタリングのメリット

  • 融資を使わずに即現金を調達できる
  • 2社間ファクタリングは即現金を調達しやすい仕組みになっています。融資ではなく債権を前倒しで回収できるという点で、与信するのは売掛先の与信調査のみ。債務超過でも利用できる可能性が高く、他のローンにはない魅力があります。融資ではないため毎月利息を支払う必要もありません。

  • 売掛先に知られずに売掛金を利用できる
  • 2社間ファクタリングでは売掛先が介入しないため、ファクタリングを利用していることを取引先に知られずに資金調達できます。売掛先に通知されないので、会社の経営状態を知られずに済み、今後の継続取引に支障が出ることがありません。

2社間ファクタリングのデメリット

  • はじめての取引では手数料が高い
  • 2社間ファクタリングでは、債権を回収するファクタリング業者のリスクが高いため、3社間ファクタリングよりも手数料が高い傾向にあります。一般的な3社ファクタリングの手数料が2~20%なのに対し、2社間ファクタリングの手数料は6~40%前後と大きく違います。

    実際に2社間ファクタリングを使用した人の事例

    取引を行っている売掛先の数よって、はじめての2社間ファクタリング利用でも希望金額よりも高く査定される場合や、設立したばかりの会社であっても資金繰りできる可能性があるようです。ここでは、2社間ファクタリングを実際に利用して資金繰りに成功した経営者の事例を紹介します。

    建設業の代表をしているA社長の事例

    • 会社資本金:300万円
    • 希望金額:180万円、売掛先10社

    「はじめて利用したファクタリングで月末を乗り切った」

    資金繰りに不足が出ることが分かってから、ノンバンクなどで融資を申し込みましたが、借入金のリスケを理由に断られていたAさん。大きな現場の仕事が悪天候により日程がズレて、支払いと入金のバランスが崩れてしまいました。そこで利用したのがネットで調べた2社間ファクタリング。簡単なヒアリングのあと必要書類を書いて与信をし、見積られた金額が220万円。月末の資金繰りだけ乗り越えられれば翌月からは順調に進むと判断された結果の金額でした。Aさんは180万円で問題ないとファクタリング会社に伝え、その分だけを調達しました。明日に迫っていた支払い日の前日、午前中に契約して翌日入金。無事乗り切ることができたのだとか。「こんなにも簡単に、素早く現金に出来るなんて」と驚いていたそうです。

    設立の浅い会社を率いるB社長の事例

    • 会社資本金:1,000万円
    • 希望金額:300万円、売掛先:6社

    「こんなに早く資金調達できるとは」

    以前勤めていた会社から独立して卸業の会社を設立したB社長。設立して3か月では月商1,000万円と、幸先良いスタートでした。設立時から社長自身が業務で忙しく、とくに金融機関に相談する時間をとっていませんでした。取引先も注文先も増えたことで仕入れ資金に悩むように。銀行へ相談しても、会社設立して6ヵ月だからという理由でいい返事をもらえません。そこで知り合いの社長に相談したところ、ファクタリングを教えてもらいました。ファクタリング会社のヒアリング後、必要書類を提出して面談。売掛先の与信が弱かったため手数料は一部高くなってしまったものの、実行金額280万円の金額がついたのです。そのおかげで仕入れ先に迷惑をかけることなく支払いすることができました。事業資金の借り入れが難しくなってきている時に、1日半で資金を手に入れたB社長。こんなにも早く資金調達できるとは思ってもみなかったと仰っていました。

    2社間ファクタリング会社のどこを見て選ぶ?

    サービスや会社の規模だけを比較するとファクタリング会社はどこもさほど違いはありません。違いが出るのは2社間ファクタリングと3社間ファクタリングのそれぞれの手数料と現金化のスピードです。2社間ファクタリングをすることになった場合の手数料を照らし合わせて考えてみるのは、ファクタリング会社を選ぶひとつの判断材料となるでしょう。

    手数料はファクタリング会社の与信調査によって異なるため、ひとつの会社だけの見積りだけで決めてしまわずに、要望を伝えてどのくらいで検討してくれそうか担当者の話を聞いてみるのも大切です。

    審査後の現金化へのスピードは、会社の状態によっては事態を大きく左右することになるのでチェックしておきましょう。

    まだファクタリングを利用したことのない方は、「売掛先企業に知られたくないか、知られたら今後の取引に支障が出そうか」や「最短何日で現金化してくれるか」を、会社の細かい事情を含めて一度相談してみてください。まずは複数の業者に話を聞いて、適切なアドバイスや提案をくれるファクタリング会社を絞り込みましょう。自分の思っている要望通りにではないまま契約してしまうと、あとでトラブルにつながることも考えられます。

    人の話や評判だけを聞いて決めてしまうのもよくありません。まずは担当者ときちんと面談して、任せられそうな会社かどうか見極めること。必要になってから慌てて問い合わせるという事態を防ぐためにも、利用するファクタリング会社はある程度決めておくことをおすすめします。資金調達が必要になった時に備えておくと会社の運営もしやすくなり、資金の立て直しを図るのも早まるでしょう。

    別ページでは、2社間ファクタリングを行なうことができる会社をまとめています。中でも信用できる厳選したファクタリング会社を紹介しています。会社選びに迷っている方は、自社のスケジュールや要望に合わせて確認をして、一度問い合わせてみるとよいでしょう。

    監修者紹介中野令子(1級FP技能士)
    金融機関での勤務経験のあるFPライター

    大手証券会社で長年営業に従事してきた1級ファイナンシャルプランナー。現在は2児の母。自営業の夫の仕事を手伝う傍ら、自身の経験を活かし、ウェブライターとして活動中。わかりやすいをモットーに、さまざまな場面でのお金について解説します。

    合わせて読みたい関連記事
即日対応&手数料2%~ おすすめファクタリング会社2

急な資金調達でファクタリング会社に期待するのはスピーディーな対応。即日対応可能な会社の中でも手数料も安く(2%~)設定されている2社を「会社の信頼性」と「手続きの手軽さ」に分けて紹介します。

とにかく審査を通したい
赤字企業再生支援センター
  • 個人事業主対応
  • 法人対応
  • 2社間対応
  • 3社間対応
  • 無借金経営で審査通過率99%
  • キャッシュリッチオーナー(※)にも登録される資金力の潤沢な優良企業

  • 信頼できる会社に相談したい
  • 最低限の必要書類で利用したい
  • 経営改善も一緒に相談したい

※18時以降・土日祝日の緊急時はこちら

webでラクに利用したい
OLTA(オルタ)
  • 個人事業主対応
  • 法人対応
  • 2社間対応
  • 3社間対応
  • 面談不要のオンライン完結型
  • 面談不要のオンライン完結の手続きが可能なサービス

  • 相談なしで資金を確保したい
  • ネットで調達を簡潔させたい
  • 話題のサービスを利用したい

※10:00〜18:00 土日祝除く

2社に関する補足事項

※審査通過率は2020年3月時点(赤字企業再生支援センター公式HPより)

※キャッシュリッチオーナーとは、帝国データバンクによる潤沢なキャッシュを保有していると認めた企業(2020年 編集部調べ)

※2017年より日本初のオンライン完結型ファクタリングサービス「クラウドファクタリング」を提供開始(公式発表より)