資金調達の切り札!ファクタリング徹底ガイド/ファクタリングと他の資金調達方法との違い

ファクタリングと他の資金調達方法との違い

ファクタリングの他に資金調達の方法として、手形割引やでんさいといった手段があります。目的や会社の経営状況によって適した資金の調達方法は異なってきます。どの方法が自分の会社の資金調達方法として適しているのか、それぞれの違いやメリット・デメリットを紹介しています。

目次

銀行での融資とファクタリングの違い

資金調達の際にまず依頼するのが「銀行」という企業が大半だと思います。高額な融資が可能であったりノンバンクよりも金利が低いといった面でメリットはあるものの手続きや審査のハードルが高いというのが特徴です。また、そもそも銀行は借り入れに対し、ファクタリングは債権の買取なのでここが大きく異なります。資金繰りに悩む場合は銀行とファクタリング、両方を並行して検討するというのがベストです。

ファクタリングと手形割引の違い

ファクタリングも手形割引も売上金の早期現金化のために利用されるもの。

ファクタリング会社や金融機関へ手数料を支払うことによって、期日より前に現金を受け取れるのがどちらにも共通している仕組みです。しかし、手形割引は現金化した後にも返金義務が発生するのに対し、ファクタリングは現金化後の返金義務が問われないという違いがあります。

混同されがちなファクタリングと手形割引ですが、それぞれ使い分けることにより効率よく資金を調達できるでしょう。

ファクタリングと手形貸付の違い

事業者が運転資金などを調達するために利用する融資のひとつです。銀行やノンバンクに対して約束手形を振り出し、短期的な資金の融資を受けること。通常の事業者ローンに比べて融資を受けやすく、審査で必要な書類の提出を省けることから、短期間だけすぐに現金を調達したいときに便利な資金調達方法として多くの事業者から活用されています。手形の特性上、返済期日を遵守してもらいやすい点、途中で現金化できる点で回収リスクが少なく、融資する側にもメリットが多いのが特徴です。

ファクタリングとビジネスローンの違い

中小企業や個人事業主を対象としたビジネスローンは手続きが簡単で審査から融資までのスピードが早く、人気の高い資金調達法です。

スコアリングという審査方法でコンピュータによるスピーディーな審査が行われます。無担保で利用できることが多いのもビジネスローンの特徴です。

ファクタリングと比べて審査が厳しくなることがありますが金利が低く設定されていることが多く、場合によってはファクタリングより低コストで資金の調達が可能です。

ファクタリングと不動産担保貸付の違い

不動産を担保として差し出す代わりに高額な融資を受けられる不動産担保貸付。担保となる土地や建物を所有している場合、有効な資金調達方法となるでしょう。資金を返済できなかったときのリスクを会社が負うため最悪の場合は不動産を失うことになりますが、低い金利で長期にわたって融資を受けられます。

利用するには1週間以上の審査期間が必要で、その間に不動産の価値について調査されることになり金利や融資額が決まります。ファクタリングに比べスピーディーな資金調達は難しいですが、土地や建物の価値によって高額な融資を受けられるメリットがあります。

ファクタリングと証書貸付

証明書貸付では金融機関に必要な情報を記載した書類を提出し、融資を受ける者と金融機関で契約をかわすことで資金を得ることができます。

身近なものならカーローンや住宅ローンが証明書貸付に当たります。融資を受けるためには連帯保証人が必要で、長期の融資を希望する場合は金利が高くなることが特徴です。契約期間も基本的に1年以上とファクタリングとは内容が大きく異なります。

証明書貸付は審査内容が厳しいため、審査に通らなかった場合はファクタリングを利用するのがよいかもしれません。

ファクタリングとでんさいの違い

でんさいとは「電子登録債権」のことで、債権をデータ上で記録、管理をするシステムのことです。パソコンなど電子記録上の債権を譲渡できるため支払期日より前に売掛金を運転資金に充てることができるという点がファクタリングと共通しています。

ファクタリングとABLの違い

ABLとは、Asset Based Lending(アセット・ベースト・レンディング)の略称で、売掛金担保融資とも呼ばれています。企業が保有している売掛金・商品・在庫・機材・原材料などの事業資産を担保とし、資金を貸し出すというシステムです。ファクタリングは売掛先企業の信用度が重要視されますがABLの場合、融資先自身の信用度が重要視されるという点に違いがあります。

監修者紹介中野令子
(1級FP技能士)
金融機関での勤務経験のあるFPライター

大手証券会社で長年営業に従事してきた1級ファイナンシャルプランナー。現在は2児の母。自営業の夫の仕事を手伝う傍ら、自身の経験を活かし、ウェブライターとして活動中。わかりやすいをモットーに、さまざまな場面でのお金について解説します。

即日対応&手数料2%~ おすすめファクタリング会社2

急な資金調達でファクタリング会社に期待するのはスピーディーな対応。即日対応可能な会社の中でも手数料も安く(2%~)設定されている2社を「会社の信頼性」と「手続きの手軽さ」に分けて紹介します。

とにかく審査を通したい
赤字企業再生支援センター
  • 個人事業主対応
  • 法人対応
  • 2社間対応
  • 3社間対応
  • 無借金経営で審査通過率99%
  • キャッシュリッチオーナー(※)にも登録される資金力の潤沢な優良企業

  • 信頼できる会社に相談したい
  • 最低限の必要書類で利用したい
  • 経営改善も一緒に相談したい

※18時以降・土日祝日の緊急時はこちら

webでラクに利用したい
OLTA(オルタ)
  • 個人事業主対応
  • 法人対応
  • 2社間対応
  • 3社間対応
  • 面談不要のオンライン完結型
  • 面談不要のオンライン完結の手続きが可能なサービス

  • 相談なしで資金を確保したい
  • ネットで調達を簡潔させたい
  • 話題のサービスを利用したい

※10:00〜18:00 土日祝除く

2社に関する補足事項

※審査通過率は2020年3月時点(赤字企業再生支援センター公式HPより)

※キャッシュリッチオーナーとは、帝国データバンクによる潤沢なキャッシュを保有していると認めた企業(2020年 編集部調べ)

※2017年より日本初のオンライン完結型ファクタリングサービス「クラウドファクタリング」を提供開始(公式発表より)