ファクタリングと証書貸付の違い

目次

融資して貰いたいけど証書貸付とファクタリングどっちを頼れば良いの?と思っている方もいるのではないでしょうか。両方の違いやメリット・デメリットなどを紹介していきます。

証書貸付とは?仕組みを調査

証書貸付とは銀行から資金を借りる方法の1つです。借りる際には「金銭消費貸借契約書」という書類に借りる側の情報を記載し提出する必要があります。その書類を元に、銀行側は資金を貸すかどうかを決定。マイカーローンや住宅ローンなどが証書貸付にあたり、毎月同じ金額を返済していくシステムになっています。

「金銭消費貸借契約書」に記載する情報

  • 契約日
  • 借入金額
  • 借入利率
  • 遅延損害金
  • 返済方法
  • 返済期間(返済回数)
  • 会社の署名判と実印
  • 連帯保証人の署名・捺印
    etc…

証書貸付には連帯保証人が必要となります。長期にわたっての契約になると、金利が高くなる場合があり担保が必要になることも。保証人になった方は金銭消費貸付契約書への著名や捺印の記載が必要です。また、金銭消費賃借契約書は1度提出すると修正できないので注意しましょう。

証書貸付とファクタリングの違いは?

ファクタリングと証書貸付の違いがいまいちわからないといった方も多いのではないでしょうか。

ファクタリングは企業・売掛先・ファクタリング会社の3社間で行うのが一般的です。利用する際は売掛先の企業顧客にファクタリングを利用していることを伝え、承諾を得る必要があります。それに対し証書貸付は企業と金融機関の2社間のやり取りとなるため、顧客から承諾を得る必要がありません。

証書貸付は最低でも1年以上契約が必要になります。そのため長期間にわたって資金を借りたい方に向いている資金調達法です。返済には、「元金均等返済」が採用されることが多いでので、計画的に毎月の返済ができます。

ただ、証書貸付は資金を借りる際の審査が厳しいのが特徴。もし返済されないと、銀行の業績に響くため、信用力がないと判断されると融資して貰えない可能性があります。

結局どっちが良いの?ファクタリングと証書貸付

証書貸付とファクタリングは借りる側の企業によって向き・不向きがあります。それぞれの資金調達法に向いている企業をまとめているのでチェックしてください。

ファクタリングの利用に向いている企業

起業して間もない会社や一時的で急を要する場合には、ファクタリングを利用するといいでしょう。ファクタリングはそもそも借金とは異なり、売掛金を売買する仕組みです。そのため、利用する企業よりも売掛先企業を見ることが多いのです。証書貸付は企業自体が返済できるかどうか厳しくチェックするので審査が厳しくなってしまいます。起業間もない会社で、業績が安定していない会社は、ファクタリング会社に相談してみるといいでしょう。

証書貸付の利用に向いている企業

長期間にわたって融資を受けたいといった方に向いているのが証書貸付。最低でも1年以上の契約が必要になります。主に設備資金や長期の運転資金で高額が必要な企業に向いているでしょう。長期にわたる契約のため返済計画を立てやすいのもポイントです。長期間借りる必要がある場合は証書貸付を利用するといいでしょう。

監修者紹介中野令子
(1級FP技能士)
金融機関での勤務経験のあるFPライター

大手証券会社で長年営業に従事してきた1級ファイナンシャルプランナー。現在は2児の母。自営業の夫の仕事を手伝う傍ら、自身の経験を活かし、ウェブライターとして活動中。わかりやすいをモットーに、さまざまな場面でのお金について解説します。

合わせて読みたい関連記事
即日対応&手数料2%~ おすすめファクタリング会社2

急な資金調達でファクタリング会社に期待するのはスピーディーな対応。即日対応可能な会社の中でも手数料も安く(2%~)設定されている2社を「会社の信頼性」と「手続きの手軽さ」に分けて紹介します。

とにかく審査を通したい
赤字企業再生支援センター
  • 個人事業主対応
  • 法人対応
  • 2社間対応
  • 3社間対応
  • 無借金経営で審査通過率99%
  • キャッシュリッチオーナー(※)にも登録される資金力の潤沢な優良企業

  • 信頼できる会社に相談したい
  • 最低限の必要書類で利用したい
  • 経営改善も一緒に相談したい

※18時以降・土日祝日の緊急時はこちら

webでラクに利用したい
OLTA(オルタ)
  • 個人事業主対応
  • 法人対応
  • 2社間対応
  • 3社間対応
  • 面談不要のオンライン完結型
  • 面談不要のオンライン完結の手続きが可能なサービス

  • 相談なしで資金を確保したい
  • ネットで調達を簡潔させたい
  • 話題のサービスを利用したい

※10:00〜18:00 土日祝除く

2社に関する補足事項

※審査通過率は2020年3月時点(赤字企業再生支援センター公式HPより)

※キャッシュリッチオーナーとは、帝国データバンクによる潤沢なキャッシュを保有していると認めた企業(2020年 編集部調べ)

※2017年より日本初のオンライン完結型ファクタリングサービス「クラウドファクタリング」を提供開始(公式発表より)