ファクタリングと手形貸付の違いとは

目次

ファクタリングと手形貸付。どちらも事業資金の調達を相談できる相手ですが、一体どのような点で違いがあるのでしょうか?詳しく調べてまとめました。資金調達の参考にしてみてください。

手形貸付とは?

手形貸付は、事業者が運転資金などを調達するために利用する融資のひとつで、事業主が、銀行やノンバンク宛ての約束手形を振り出し、短期的な資金の融資を受けることです。

融資する際、金融機関は手形の額面から利息分を差し引いた分を交付し、期日に額面を支払うことで、資金を返済してもらいます。手形取引においては、1度不渡りを起こすと会社の信用は低下し、通常6カ月以内に2回目の不渡りを起こすと、「事実上の倒産」になるといわれています。

そのため、金融機関としては返済期日を遵守してもらいやすく、担保の手形を割り引いて、途中で現金化できる点でも回収リスクも低くなります。事業者にとっても、金利も安く抑えることができ、ビジネスローンやファクタリングと比較しても、資金調達が低コストで可能です。

また、手続きに必要な書類の提出が省けるため、スピーディに資金を調達できるメリットもあります。短期間や早期での資金調達など、一時的な調達手段として多くの事業者から活用されています。

ファクタリングと手形貸付の違いとは?

手形貸付はあくまでも「借入れ」なので、支払期日になれば手形の額を必ず支払わなくてはなりません。それに対してファクタリングは、保有している売掛債権をファクタリング業者に手数料など差し引いた金額で、買い取ってもらう取引です。売掛債権の額面100%では、売却することはできませんが、借入ではないため、その後の返済義務はありません。

ファクタリングと手形貸付の一番の大きな違いは、この調達した資金を返金する必要があるかないかという点です。

ファクタリングと手形貸付はどちらを利用すべき?

手形貸付で資金を調達して、もし売掛金を回収できなかったとしても、金融機関には借入した資金を返済しなければなりません。一方でファクタリングの場合、売掛金の回収見込みによって、売掛債権の買取価格が代わります。大手企業が売掛先であれば、高い値段で買い取ってくれますが、中小企業が売掛先だと、買取価格は安くなってしまい、手元に残る金額が少なくなってしまうのです。不渡りのリスクと手数料の大きさどちらをとるか。手形貸付とファクタリングのどちらを利用した方が最善なのか見極める必要があります。

監修者紹介中野令子
(1級FP技能士)
金融機関での勤務経験のあるFPライター

大手証券会社で長年営業に従事してきた1級ファイナンシャルプランナー。現在は2児の母。自営業の夫の仕事を手伝う傍ら、自身の経験を活かし、ウェブライターとして活動中。わかりやすいをモットーに、さまざまな場面でのお金について解説します。

合わせて読みたい関連記事
即日対応&手数料2%~ おすすめファクタリング会社2

急な資金調達でファクタリング会社に期待するのはスピーディーな対応。即日対応可能な会社の中でも手数料も安く(2%~)設定されている2社を「会社の信頼性」と「手続きの手軽さ」に分けて紹介します。

とにかく審査を通したい
赤字企業再生支援センター
  • 個人事業主対応
  • 法人対応
  • 2社間対応
  • 3社間対応
  • 無借金経営で審査通過率99%
  • キャッシュリッチオーナー(※)にも登録される資金力の潤沢な優良企業

  • 信頼できる会社に相談したい
  • 最低限の必要書類で利用したい
  • 経営改善も一緒に相談したい

※18時以降・土日祝日の緊急時はこちら

webでラクに利用したい
OLTA(オルタ)
  • 個人事業主対応
  • 法人対応
  • 2社間対応
  • 3社間対応
  • 面談不要のオンライン完結型
  • 面談不要のオンライン完結の手続きが可能なサービス

  • 相談なしで資金を確保したい
  • ネットで調達を簡潔させたい
  • 話題のサービスを利用したい

※10:00〜18:00 土日祝除く

2社に関する補足事項

※審査通過率は2020年3月時点(赤字企業再生支援センター公式HPより)

※キャッシュリッチオーナーとは、帝国データバンクによる潤沢なキャッシュを保有していると認めた企業(2020年 編集部調べ)

※2017年より日本初のオンライン完結型ファクタリングサービス「クラウドファクタリング」を提供開始(公式発表より)