ファクタリングと手形割引の違い

目次

売上金を早期に現金化する目的で利用される手形割引とファクタリング。同じように扱われることも多いですが、2つには明確な違いがあります。それぞれの違いやメリットなどを確認して最適な資金運用方法を選びましょう。

そもそも手形割引とは?

手形割引とは手形に記載されている決済日の前に現金化して資金を調達する方法。金融機関や業者に手形を買い取ってもらうことで現金化できます。約束手形は利益が入るまでのつなぎ資金に利用される資金運用方法で、記載された期日になると手形に書かれた全額を受け取れるもの。

しかし、原則期日までは現金化ができません。どうしても期日より前に現金が必要になった場合には手形割引を利用することになります。金融機関や業者は手形に記載された期日までの利息や手数料を引いた額で買い取るため、受け取れる現金は額面金額よりも少なくなってしまいますが、それでもいいから早急に現金化したいというときには有効な方法。

約束手形が金融機関や業者に渡っても返金義務は残るのでその点は注意しましょう。また、手形の現金化は法律上「手形の売買」と見なされ、手形割引の利用には金融機関や業者の審査が必要なことも覚えておいてください。

ファクタリングと手形割引の違いは返金リスクや手数料!

ファクタリングも手形割引も「早急に現金化したい」ときに利用する仕組みですが、「返金義務があるかどうか」という点で大きな違いがあります。手形割引の場合、約束手形を買い取ってもらう形になるため、返金義務は残るのが特徴。一方、ファクタリングはファクタリング会社に売掛金(将来支払われる契約料金を受け取る権利)を買い取ってもらうため、返金義務は問われません。

つまり、仮に取引先の会社が契約後の料金を支払う前に破綻してしまった場合、手形割引だと自分たちにも責任が追及されますが、ファクタリングならファクタリング会社が損をするだけで自分たちの責任は追及されません。支払う手数料は手形割引のほうが安いという魅力がありますが、利用するリスクはファクタリングのほうが少ないと言えます。

ファクタリングと手形割引、結局どちらを選ぶべき?

売り上げ金が入るまでのつなぎ資金で利用されることの多い手形割引とファクタリング。どちらも現金化を早めることができる便利な仕組みですが、手形割引の利用には金融機関や業者からの審査が必要なため、中小企業やできるだけ早い資金化が必要な企業はファクタリングがおすすめでしょう。

審査では「依頼人や手形振出人(手形発行者)は信用に値するか」が調査されるため、金融機関からの信用がないと通りにくく、財務内容に不安のある企業は買い取りを断られる可能性があります。ファクタリングなら金融機関に比べて審査が通りやすいので、中小企業でも即日契約が十分可能です。

実際、手形割引の利用件数は減少傾向にあるなかで、ファクタリングの利用者は急増中。売り上げ金が入らず不渡りになった場合でも、支払いのリスクが発生しない点が人気を集めているようです。

監修者紹介中野令子
(1級FP技能士)
金融機関での勤務経験のあるFPライター

大手証券会社で長年営業に従事してきた1級ファイナンシャルプランナー。現在は2児の母。自営業の夫の仕事を手伝う傍ら、自身の経験を活かし、ウェブライターとして活動中。わかりやすいをモットーに、さまざまな場面でのお金について解説します。

合わせて読みたい関連記事
即日対応&手数料2%~ おすすめファクタリング会社2

急な資金調達でファクタリング会社に期待するのはスピーディーな対応。即日対応可能な会社の中でも手数料も安く(2%~)設定されている2社を「会社の信頼性」と「手続きの手軽さ」に分けて紹介します。

とにかく審査を通したい
赤字企業再生支援センター
  • 個人事業主対応
  • 法人対応
  • 2社間対応
  • 3社間対応
  • 無借金経営で審査通過率99%
  • キャッシュリッチオーナー(※)にも登録される資金力の潤沢な優良企業

  • 信頼できる会社に相談したい
  • 最低限の必要書類で利用したい
  • 経営改善も一緒に相談したい

※18時以降・土日祝日の緊急時はこちら

webでラクに利用したい
OLTA(オルタ)
  • 個人事業主対応
  • 法人対応
  • 2社間対応
  • 3社間対応
  • 面談不要のオンライン完結型
  • 面談不要のオンライン完結の手続きが可能なサービス

  • 相談なしで資金を確保したい
  • ネットで調達を簡潔させたい
  • 話題のサービスを利用したい

※10:00〜18:00 土日祝除く

2社に関する補足事項

※審査通過率は2020年3月時点(赤字企業再生支援センター公式HPより)

※キャッシュリッチオーナーとは、帝国データバンクによる潤沢なキャッシュを保有していると認めた企業(2020年 編集部調べ)

※2017年より日本初のオンライン完結型ファクタリングサービス「クラウドファクタリング」を提供開始(公式発表より)