ファクタリングとでんさいの違い

目次

電子登録債権である「でんさい」と「ファクタリング」。ここではでんさいとファクタリングの違いについて解説していますので、ニーズに合った方法を選ぶようにしてください。

でんさいとはなにか

でんさいとは「電子登録債権」のことで、債権をデータ上で記録、管理をするシステムのことです。パソコンやファックスなどで債権を管理することによって、債権の譲渡などもシステム上で行うことができるようになります。でんさいのシステムを利用することで、債権をネットワーク上で譲渡して、支払い期日の前に資金を受け取ることができます。

でんさいネット:でんさいとは?

ファクタリングとの共通点

  • 債権を譲渡できる
  • 譲渡によってすぐに資金を受け取れる
  • 支払い企業が支払うことで決済される
  • 債権譲渡がシステム化されている

ファクタリングとでんさいの一番の共通点は、「債権を譲渡することで支払期日前に資金が受け取れる」というところです。今すぐに資金が必要になった、支払期日まで待つことができない、というときには、でんさいとファクタリングは同様の使い方ができます。

また、支払期日には支払い企業から資金が引き落とされるという点でも同じです。ただし、二社間ファクタリングの場合は、一旦自社に支払われた金額をファクタリング業者に支払うことになります。また、それにより決済が行われるという点も共通です。

ファクタリングとでんさいの違い

  • ネットワークが異なっている
  • 債権の種類が異なる

ファクタリングは、ファクタリングの業者と債権の受け取り企業の間で行われる取引です。一方、でんさいは「株式会社全銀電子債権ネットワーク」によって行われます。株式会社全銀電子債権ネットワークは「でんさいネット」と呼ばれており、全国の金融機関が参加し、全ての取引はでんさいネット上で行われます。

このように債権がシステム化されるため、使用される債権も従来のものとは異なる種類のものを使用します。でんさいで使用される債権は「電子登録債権」となるので、従来の売掛債権では利用できません。

保証があるのはどっち?

ファクタリングとでんさいでは、でんさいにのみ保証があります。それぞれのシステムの違いについて見ていきながら、保証について紹介します。

ファクタリング

ファクタリングでは、ファクタリング業者に売掛債権を譲渡した後は、たとえ支払期日に支払いが行われなくても、保証や返済義務などはありません。代わりに売掛債権を買い取ったファクタリング業者が、売掛債権のリスクを負うことになります。その分、手数料は回収不能のリスクも含まれているので、でんさいよりも高くなる傾向があります。

でんさい

でんさいで債権を譲渡した後であっても、もし支払いが行われなかった場合には、債権を譲渡した受け取り企業が返済しなければなりません。これはでんさいのシステム上、債権を譲渡する企業が「保証人」となるためです。保証人になると、債権を譲渡する際にはもしもの時の支払い義務を負うというリスクが生じます。

しかしながら、でんさいはその保証人制度のおかげで、ファクタリングよりも手数料が低く設定されています。

ファクタリングを検討するタイミング

ファクタリングはすぐに資金調達できる便利な方法です。ファクタリングを検討するタイミングがどのような場面になるのかを3つ挙げてみました。

季節によって資金繰りが苦しくなる場合

季節要因によって売上や支払いが変動する業種があります。当然、売上に連動して、資金繰りも苦しくなる時期がやってきます。このような場合にも、ファクタリングを利用した資金調達は有効な手段になります。ファクタリングの利用には、手数料がかかりますが、利用することで企業を安定させるメリットもあります。

また、季節要因で売上が減少すると、金融機関からの融資を断られてしまう場合もあるので、そのようなときにはファクタリングは非常に便利なシステムだといえます。

通常よりも大きな金額が必要な注文が入ったとき

通常の注文より大口の注文が入ったとき、会社でプールしている資金では賄なうことが出来ず、ビジネスチャンスを逸してしまうことがあるかもしれません。そのような場合、ファクタリングを利用することで、スピーディーな資金調達が可能になり、材料費や人件費などの支払いに充てることができます。

その後、受注した仕事がスムーズに遂行されれば、現金が入ってくるので、ファクタリングを一時的なつなぎ資金として検討することが可能です。

取引先からの入金が遅れるとき

資金のやりくりは、期日に入金されることを前提に行うため、取引先の入金が遅れてしまうと、自社の支払いが滞る事態になりかねません。

支払いの目途が立たず、支払期日が迫っている場合には、ファクタリングを利用することによる一時的な資金調達を検討してもよいかもしれません。ただし、ファクタリング業者を選ぶことも大切です。支払い期日ギリギリではなく、余裕を持ってファクタリングを検討するようにしてください。

監修者紹介中野令子
(1級FP技能士)
金融機関での勤務経験のあるFPライター

大手証券会社で長年営業に従事してきた1級ファイナンシャルプランナー。現在は2児の母。自営業の夫の仕事を手伝う傍ら、自身の経験を活かし、ウェブライターとして活動中。わかりやすいをモットーに、さまざまな場面でのお金について解説します。

合わせて読みたい関連記事
即日対応&手数料2%~ おすすめファクタリング会社2

急な資金調達でファクタリング会社に期待するのはスピーディーな対応。即日対応可能な会社の中でも手数料も安く(2%~)設定されている2社を「会社の信頼性」と「手続きの手軽さ」に分けて紹介します。

とにかく審査を通したい
赤字企業再生支援センター
  • 個人事業主対応
  • 法人対応
  • 2社間対応
  • 3社間対応
  • 無借金経営で審査通過率99%
  • キャッシュリッチオーナー(※)にも登録される資金力の潤沢な優良企業

  • 信頼できる会社に相談したい
  • 最低限の必要書類で利用したい
  • 経営改善も一緒に相談したい

※18時以降・土日祝日の緊急時はこちら

webでラクに利用したい
OLTA(オルタ)
  • 個人事業主対応
  • 法人対応
  • 2社間対応
  • 3社間対応
  • 面談不要のオンライン完結型
  • 面談不要のオンライン完結の手続きが可能なサービス

  • 相談なしで資金を確保したい
  • ネットで調達を簡潔させたい
  • 話題のサービスを利用したい

※10:00〜18:00 土日祝除く

2社に関する補足事項

※審査通過率は2020年3月時点(赤字企業再生支援センター公式HPより)

※キャッシュリッチオーナーとは、帝国データバンクによる潤沢なキャッシュを保有していると認めた企業(2020年 編集部調べ)

※2017年より日本初のオンライン完結型ファクタリングサービス「クラウドファクタリング」を提供開始(公式発表より)