銀行とファクタリングの違いを検証

目次

事業資金の調達で相談できる相手として、銀行・ノンバンク・ファクタリングの違いを説明しています。

事業資金の調達方法…その違いとは

中小企業が資金調達しようと思ったら、最初に相談するのはメインバンクでしょう。ですが、手続きや与信審査に時間がかかるし、審査のハードルが高いのが実情です。そこで、銀行・ノンバンク(消費者金融など)・ファクタリングに極端な比較対象としてヤミ金を加えた4種類の資金調達方法を比較してみたのが以下の一覧表です。

スピード 金額 ハードル
銀行 × ×
ノンバンク
ファクタリング
ヤミ金

銀行・ノンバンク・ファクタリングの特徴

銀行

銀行は、預金の受け入れと貸し出し(融資)を行っており、その業務内容は非常に幅広く、為替や投資信託、個人年金、損害保険などさまざまな商品を取り扱っています。他の金融機関との大きな違いとしては、金融庁が監督しており、銀行法に基づく業務を行っているところです。

ノンバンク

ノンバンクは銀行のように預金を受け入れることはなく、融資業務のみ行う金融機関のことです。銀行では、預金を融資の原資に利用しますが、ノンバンクでは、銀行からの借り入れや金融市場から調達します。代表的なノンバンクとしては、消費者金融や信販会社などがあります。銀行法ではなく、貸金業法に基づいて業務を行います。

ファクタリング

ファクタリング会社は、売掛債権の買取業務を行う会社のことです。あくまで、売掛債権の譲渡であり、融資は行っていません。ノンバンク系のファクタリング会社や銀行系ファクタリング会社もあります。今のところ、ファクタリング業者を規制する法律はありません。

銀行・ノンバンク・ファクタリングの融資方法

銀行

銀行での融資は、審査基準が厳しく、融資を受けられない場合もあります。大手行であれば、より厳しくなりますが、その分融資が実行されれば、低い金利で借りることができます。

ノンバンク

ノンバンクの融資は、銀行に比べて現金を手にできるスピードが早いのが特徴です。その代わり、銀行よりも融資してもらえる金額は少なくなる傾向があります。ノンバンクでの融資も銀行同様、お金を借りるということになります。

ファクタリング

ファクタリングは売掛債権を買い取るサービスのため、融資を行っていません。

銀行・ノンバンク・ファクタリングの審査

銀行

銀行での審査で最も重要視されることは、返済が確実に行われるかどうかです。審査基準は一般には公開されていませんが、法人への融資であれば、企業業績や事業計画などが重要になるでしょう。金融庁の管轄であるため審査は厳しく、審査基準を通過できなかった場合は、当然融資してもらうことができません。また、保証人が必要になります。

ノンバンク

ノンバンクでの審査は、その業者によってかなり基準が異なっています。全体的に銀行よりは審査基準が緩いのですが、銀行並みの厳しさを誇る業者も存在します。こちらも基準は公表されていません。審査のスピードは銀行と比べると圧倒的に早く、即日融資可能な場合もあります。保証人の要不要は業者によって異なりますが、不要の場合も多いです。

ファクタリング

ファクタリング業者が行う審査は、利用者ではなく、売掛先の信用力が重要になります。売掛債権を買い取るので、売掛債が債務不履行になった場合の損失も、ファクタリング業者が負うことになります。そのため、たとえ利用者の信用状況が悪くても、財務状況が安定している売掛先であれば、買取価格も高くなります。保証人は不要です。

銀行・ノンバンク・ファクタリングの手数料

銀行

銀行の融資では事務手数料が必要となります。借りる金額や融資の利用状況によっても変動がありますが、ほとんどの場合100,000円以内で済むと思われます。パーセンテージで決まっている場合は融資金額の2%程度まで、金額で決まっている場合は90,000~100,000円までのところが多くなっています。金利は融資の種類や金額によって変わりますが、ノンバンクよりも低めに抑えられています。

ノンバンク

ノンバンクで融資をしてもらう場合は、手数料が必要ないところが多いでしょう。強いて言えば、振込で返済するときに振込手数料が必要になる可能性があるというくらいです。その代わり銀行よりも金利が高いので、返済までの期間や融資額にもよりますが、最終的な総返済額は銀行よりも高くなる可能性があります。

ファクタリング

ファクタリング業者の手数料は業者によって大きく異なります。悪質な業者であれば、資金繰りがさらに悪化する程の高額な手数料が必要になることもあります。選ぶ業者によってファクタリングは諸刃の剣になりかねません。また、ファクタリング業者では金利は発生しませんので、手数料以外に必要になる金額はありません。

銀行に断られたらファクタリングがオススメ

ファクタリング以外はすべて借金なので、元金と利子をきちんと返済する必要があります。最近は、銀行でも融資ではなく法人向けのビジネスローンの取り扱いや、ノンバンクでも事業資金用途の無担保ローンを提供しています。

こうしたローンは借入が簡単な反面、比較的金利が高めで、安易に借りてしまうと、かえって経営を圧迫することになります。一方、ファクタリングは借入ではなく、売掛先の倒産リスクも回避できるところも魅力の1つでもあります。いざという時の資金調達の手段として、検討しておくと良いでしょう。

監修者紹介中野令子
(1級FP技能士)
金融機関での勤務経験のあるFPライター

大手証券会社で長年営業に従事してきた1級ファイナンシャルプランナー。現在は2児の母。自営業の夫の仕事を手伝う傍ら、自身の経験を活かし、ウェブライターとして活動中。わかりやすいをモットーに、さまざまな場面でのお金について解説します。

合わせて読みたい関連記事
即日対応&手数料2%~ おすすめファクタリング会社2

急な資金調達でファクタリング会社に期待するのはスピーディーな対応。即日対応可能な会社の中でも手数料も安く(2%~)設定されている2社を「会社の信頼性」と「手続きの手軽さ」に分けて紹介します。

とにかく審査を通したい
赤字企業再生支援センター
  • 個人事業主対応
  • 法人対応
  • 2社間対応
  • 3社間対応
  • 無借金経営で審査通過率99%
  • キャッシュリッチオーナー(※)にも登録される資金力の潤沢な優良企業

  • 信頼できる会社に相談したい
  • 最低限の必要書類で利用したい
  • 経営改善も一緒に相談したい

※18時以降・土日祝日の緊急時はこちら

webでラクに利用したい
OLTA(オルタ)
  • 個人事業主対応
  • 法人対応
  • 2社間対応
  • 3社間対応
  • 面談不要のオンライン完結型
  • 面談不要のオンライン完結の手続きが可能なサービス

  • 相談なしで資金を確保したい
  • ネットで調達を簡潔させたい
  • 話題のサービスを利用したい

※10:00〜18:00 土日祝除く

2社に関する補足事項

※審査通過率は2020年3月時点(赤字企業再生支援センター公式HPより)

※キャッシュリッチオーナーとは、帝国データバンクによる潤沢なキャッシュを保有していると認めた企業(2020年 編集部調べ)

※2017年より日本初のオンライン完結型ファクタリングサービス「クラウドファクタリング」を提供開始(公式発表より)