運送業

物流(運送業)業界は生活に欠かせないものですが、利益率は高いものではありません。経営を圧迫する要素には次のようなものがあります。

目次
  • 受注から入金までの期間が長い
  • ドライバーや配送スタッフなどの人件費
  • 高騰するガソリンやオイル代などの燃料費
  • 高額なトラック代や修理代
  • 駐車場や倉庫の賃貸料
  • 突発的な事故に対する保険料や賠償金

これらの経費がかさみ、経営が安定しているとはいえません。そのため、ファクタリングを利用する運送業者も増えています。売掛金債権買取で、運送業者が立ち直った事例をご紹介します。

人材確保の資金をファクタリングで調達

運送業は低賃金や長い拘束時間など、労働条件が過酷で常時人手不足の業界です。人材確保の資金が足りず、災害復興需要などの大きなチャンスを逃すケースも少なくありません。取引先に知られず売掛債権を即日で現金に換えることができる2社間ファクタリングを利用すると、資金繰りが安定させ、人手不足を解消し、経営を順調にすることもできるでしょう。

ファクタリング活用で資金ショートのピンチを免れることができる

運送業では受注から入金までに2か月、3か月かかることが少なくありません。その間にもガソリン代や駐車場の賃貸借料、従業員の給料などの諸経費がかかり、売掛金が順調に入金しなければ資金繰りが悪化して、資金ショートが起きる可能性もあります。銀行融資よりも審査のスピードが速く、早ければ即日で入金されるファクタリングを活用する方法もあります。

設立年月が浅い運送会社をファクタリングでサポート

運送業の繁忙期は12月の年末商戦ですが、仕事量が増えればその分、ガソリン代や従業員への給料も多くなり、請負代金が入金されるまでの間、一時的に苦しい経営が続きます。

設立年数が浅い運送会社が、不動産など担保価値資産がないために銀行に融資を断られるケースでも、ファクタリングサービスを継続利用して、経営を安定させることができます。ファクタリング会社によっては、経営のサポートを行っているところもあるので、ネットで調べてみましょう。

中小企業におすすめのファクタリング

運送業者がファクタリング会社を利用するメリットには次のようなものがあります。

  • 継続や即日など資金調達方法を選べる
  • 売掛先企業の信用を失わない
  • 事故や故障などの急な資金調達に対応
  • トラックの購入などの高額な資金も調達できる

ファクタリング会社について、ネットで調べることをおすすめします。

監修者紹介小南由花
(2級FP技能士・AFP)
簿記・FP資格を持つ複数メディアで活躍するFPライター

大阪府出身。大手金融機関で企業年金試算を担当。22年の夫の母の介護でお金の問題に悩み、FP資格を取得(2級ファイナンシャルプランナー)。FP Womanの『女性のための「お金」と「人生」に効くコラム』をはじめ、複数のメディアで「ライフプランニングとお金」をテーマに執筆活動中。

即日対応&手数料2%~ おすすめファクタリング会社2

急な資金調達でファクタリング会社に期待するのはスピーディーな対応。即日対応可能な会社の中でも手数料も安く(2%~)設定されている2社を「会社の信頼性」と「手続きの手軽さ」に分けて紹介します。

とにかく審査を通したい
赤字企業再生支援センター
  • 個人事業主対応
  • 法人対応
  • 2社間対応
  • 3社間対応
  • 無借金経営で審査通過率99%
  • キャッシュリッチオーナー(※)にも登録される資金力の潤沢な優良企業

  • 信頼できる会社に相談したい
  • 最低限の必要書類で利用したい
  • 経営改善も一緒に相談したい

※18時以降・土日祝日の緊急時はこちら

webでラクに利用したい
OLTA(オルタ)
  • 個人事業主対応
  • 法人対応
  • 2社間対応
  • 3社間対応
  • 面談不要のオンライン完結型
  • 面談不要のオンライン完結の手続きが可能なサービス

  • 相談なしで資金を確保したい
  • ネットで調達を簡潔させたい
  • 話題のサービスを利用したい

※10:00〜18:00 土日祝除く

2社に関する補足事項

※審査通過率は2020年3月時点(赤字企業再生支援センター公式HPより)

※キャッシュリッチオーナーとは、帝国データバンクによる潤沢なキャッシュを保有していると認めた企業(2020年 編集部調べ)

※2017年より日本初のオンライン完結型ファクタリングサービス「クラウドファクタリング」を提供開始(公式発表より)