資金調達の切り札!ファクタリング徹底ガイド/ファクタリングの利用額別の資金調達事例

ファクタリングの利用額別の資金調達事例

目次

ファクタリングとは、企業が持つ売掛金債権を買い取って資金を提供するサービス。売掛金が実際に入金されるまで30日(月末締、翌月末支払)から60日(月末締、翌々月末支払)かかるケースが多いのですが、取引先の倒産や入金の遅れ、事故などの不測の事態で、資金繰りが苦しくなっても、ファクタリングを利用すれば、早期の資金調達ができます。

ファクタリングの利用額相場と傾向について

19世紀のイギリスではじまった「ファクタリング(売掛債権の早期現金化)」。欧米では中小企業の資金調達法として一般的な「ファクタリング」は、これまで日本では普及していませんでしたが、法整備によって認知度が上がり、利用額も増加傾向にあります。

ここでは、利用額別に「100万円」「500万円」「1,000万円」「5,000万円」の資金調達事例をみていきましょう。それぞれ、利用額ごとファクタリングを成功させるポイントは違います。利用額に合ったファクタリング会社もピックアップしています。

ファクタリングを利用して100万円の資金調達をする

100万円規模の比較的少額のファクタリング。売掛債権買取サービスを利用している企業の背景と成功のポイントについて解説します。少額のファクタリングを得意とする会社もご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

ファクタリングを利用して500万円の資金調達をする

「500万円」というのは、ファクタリングの利用額として一般的な金額です。ほとんどのファクタリング会社が対応している金額なので、選ぶ基準は「いかにスピーディーに資金調達できるか」になります。ここでは500万円前後の資金調達に強いファクタリング会社を集めてみました。資金調達の成功例もご紹介していますので、ファクタリング会社選びの参考にしてみてください。

ファクタリングを利用して1,000万円の資金調達をする

金融機関か「1,000万円」という金額は、銀行やノンバンクなどの金融機関の融資を受けるには、なかなか難しいものですが、ファクタリングサービスをうまく使いこなすと、申し込みから数日で1,000万円規模の資金調達が可能になります。豊富な実績を持つファクタリング会社と、取引実例をご紹介しています。

ファクタリングを利用して5,000万円の資金調達をする

「5,000万円」をすぐに融資できる銀行も、即座に調達できるファクタリング会社は、それほど数が多くありません。ここでは、5,000万円規模のファクタリングが必要な事例と、高額なファクタリングができる会社をご紹介しています。

利用額に限らず活用できるファクタリング

資金調達金額によって、それを得意分野とするファクタリング会社は異なります。ファクタリング会社を選ぶ前に、「いくら資金が必要なのか」明確にしておくと、ファクタリングの成功率が高まります。

監修者紹介小南由花
(2級FP技能士・AFP)
簿記・FP資格を持つ複数メディアで活躍するFPライター

大阪府出身。大手金融機関で企業年金試算を担当。22年の夫の母の介護でお金の問題に悩み、FP資格を取得(2級ファイナンシャルプランナー)。FP Womanの『女性のための「お金」と「人生」に効くコラム』をはじめ、複数のメディアで「ライフプランニングとお金」をテーマに執筆活動中。

即日対応&手数料2%~ おすすめファクタリング会社2

急な資金調達でファクタリング会社に期待するのはスピーディーな対応。即日対応可能な会社の中でも手数料も安く(2%~)設定されている2社を「会社の信頼性」と「手続きの手軽さ」に分けて紹介します。

とにかく審査を通したい
赤字企業再生支援センター
  • 個人事業主対応
  • 法人対応
  • 2社間対応
  • 3社間対応
  • 無借金経営で審査通過率99%
  • キャッシュリッチオーナー(※)にも登録される資金力の潤沢な優良企業

  • 信頼できる会社に相談したい
  • 最低限の必要書類で利用したい
  • 経営改善も一緒に相談したい

※18時以降・土日祝日の緊急時はこちら

webでラクに利用したい
OLTA(オルタ)
  • 個人事業主対応
  • 法人対応
  • 2社間対応
  • 3社間対応
  • 面談不要のオンライン完結型
  • 面談不要のオンライン完結の手続きが可能なサービス

  • 相談なしで資金を確保したい
  • ネットで調達を簡潔させたい
  • 話題のサービスを利用したい

※10:00〜18:00 土日祝除く

2社に関する補足事項

※審査通過率は2020年3月時点(赤字企業再生支援センター公式HPより)

※キャッシュリッチオーナーとは、帝国データバンクによる潤沢なキャッシュを保有していると認めた企業(2020年 編集部調べ)

※2017年より日本初のオンライン完結型ファクタリングサービス「クラウドファクタリング」を提供開始(公式発表より)